天皇賞(春)2020 予想&過去結果データ分析と傾向。

Posted on 2020/05/02

競馬レース「天皇賞(春)(G1)」の過去結果データ分析と傾向まとめ

傾向まとめ ◆人気決着のイメージのある伝統G1だが、1番人気の勝率・連対率・複勝率は良くない。一方2番人気の成績がすこぶる良く、3番人気の2着率が異常に高い。ちょっと歪な結果となっている。基本的には人気サイド有利も、10番人気以下の大穴が来ることもあるので、人気薄も侮れない。
◆年齢による有利不利はそれほど見受けられないが、7歳馬以上は0勝となっているので紐まで。
◆脚質については先行馬・逃げ馬が有利。逃げ馬が逃げ切ってしまうケースもある。
◆枠順は内枠が圧倒的有利。ここまで枠順で差が付くG1レースも珍しい。7~8枠の結果はヒドイため、人気馬でも紐までか。
◆とにかく長距離適正と実績が物を言う伝統のG1レース。

上位人気馬の連対率・複勝率一覧。本命党と穴党のどっちが有利?

勝率 連対率 複勝率
1番人気25%30%45%5-1-3-11
2番人気35%45%65%7-2-4-7
3番人気5%40%45%1-7-1-11
4番人気5%25%40%1-4-3-12
5番人気0%0%15%0-0-3-17

年齢別成績一覧。若駒・古馬の有利・不利は?

勝率 連対率 複勝率
2歳0%0%0%0-0-0-0
3歳0%0%0%0-0-0-0
4歳8.16%12.24%22.45%4-2-5-38
5歳8%16%18%4-4-1-41
6歳8.11%16.22%21.62%3-3-2-29
7歳以上0%4.55%11.36%0-2-3-39

脚質別成績一覧。逃げ馬の逃げ切りは?追い込み馬は届く?

勝率 連対率 複勝率
逃げ12%12%16%3-0-1-21
先行11.84%27.63%39.47%9-12-9-46
差し5.97%11.94%19.4%8-8-10-108
追込0%0%0%0-0-0-91

枠順別成績一覧。内枠有利?外枠からでも勝てる?

勝率 連対率 複勝率
1枠17.14%20%25.71%6-1-2-26
2枠2.86%11.43%17.14%1-3-2-29
3枠8.33%11.11%13.89%3-1-1-31
4枠8.11%8.11%16.22%3-0-3-31
5枠5.13%12.82%15.38%2-3-1-33
6枠7.5%17.5%30%3-4-5-28
7枠2%8%12%1-3-2-44
8枠1.85%11.11%18.52%1-5-4-44

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~

さらにデータを集めるなら、毎週の大川無料重賞情報。有料のチケットもありますけど、無料登録で見れる情報だけでも充分役立ちます。


天皇賞(春)(G1)(2020/5/3 京都 芝3200m)の予想。

【競馬2020年度】天皇賞(春)の予想。本命はスティッフェリオ。

メンバー的にもデータ的にも難しいレースとなりました。そのため外すの覚悟で思い切った穴馬狙いでいきたいです。本命はスティッフェリオです。全く人気がありませんが、先行できる脚質と結果を出しているステイゴールド産駒ですので、まさかの逃げ切りも期待できます。

対抗はユーキャンスマイル。G1掲示板の常連で長距離は得意なので今度こそ。3番手にキセキ。近走は結果が出ていませんが、菊花賞馬ですし力はあるので侮れないです。

抑えはエタリオウ、ミッキースワロー。

予想 馬番・馬名 騎手 性齢・斤量
1.モズベッロ池添謙一牡4 58.0kg
2.エタリオウ川田将雅牡5 58.0kg
3.トーセンカンビーナ藤岡康太牡4 58.0kg
4.ダンビュライト松若風馬セ6 58.0kg
×5.ミッキースワロー横山典弘牡6 58.0kg
6.スティッフェリオ北村友一牡6 58.0kg
7.ユーキャンスマイル浜中俊牡5 58.0kg
8.キセキ武豊牡6 58.0kg
9.ミライヘノツバサ木幡巧也牡7 58.0kg
10.メロディーレーン岩田望来牝4 56.0kg
11.メイショウテンゲン幸英明牡4 58.0kg
12.シルヴァンシャーM.デムー牡5 58.0kg
13.ハッピーグリン和田竜二牡5 58.0kg
14.フィエールマンC.ルメー牡5 58.0kg

メインレース以外は本日の競馬予想コーナーでリアルタイム予想公開してます。こちらは統計解析システムを利用した予想になります。


参考。過去10年間の競馬レース「天皇賞(春)」の予想と結果まとめ。

【競馬2019年度】天皇賞(春)の予想。本命はエタリオウ。

本命はエタリオウです。とにかく2着が多い馬ですが、菊花賞も2着しており長距離実績も問題ありません。内枠を引けましたし、前につける競馬も出来るので、軸馬に最適と考えます。これだけ安定した成績を残しているのに未勝利しか勝っていないのが不思議です。是非G1を取って見返してほしいところです。

対抗はユーキャンスマイル。菊花賞3着ですが、年明けの長距離レース2戦で結果を残しており、ここでも侮れません。3番手にフィエールマン。菊花賞馬で能力も高いと思いますが、少し間隔が開く点と、外めの枠になってしまった点が気になります。ただ、順当ならこの馬なので3番手には抑えておきたいです。

抑えはメイショウテッコン、ヴォージュ。

予想 馬番・馬名 騎手 性齢・斤量
1.チェスナットコート坂井瑠星牡5 58.0kg
2.エタリオウM.デムー牡4 58.0kg
3.リッジマン蛯名正義牡6 58.0kg
×4.ヴォージュ和田竜二牡6 58.0kg
5.メイショウテッコン福永祐一牡4 58.0kg
6.カフジプリンス中谷雄太牡6 58.0kg
7.グローリーヴェイズ戸崎圭太牡4 58.0kg
8.パフォーマプロミス北村友一牡7 58.0kg
9.ユーキャンスマイル岩田康誠牡4 58.0kg
10.フィエールマンC.ルメー牡4 58.0kg
11.ケントオー幸英明牡7 58.0kg
12.クリンチャー三浦皇成牡5 58.0kg
13.ロードヴァンドール横山典弘牡6 58.0kg

【競馬2019年度】天皇賞(春)の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
10.フィエールマン
牡4・58kgルメール3:15.0
(上がり34.5)
2.8倍
(1人気)
2着
7.グローリーヴェイズ
牡4・58kg戸崎圭太3:15.0
(上がり34.4)
11.3倍
(6人気)
3着
8.パフォーマプロミス
牡7・58kg北村友一3:16.0
(上がり35.2)
30.6倍
(8人気)

【競馬2018年度】天皇賞(春)の予想。本命はサトノクロニクル。

データにマッチする馬も少なく、1番人気になると思われるシュヴァルグランはデータ的に不穏な感じもあり、非常に難しいレースになりました。そのため、思い切って人気薄を軸にしたいと思います。本命はサトノクロニクル。基本戦略としては日経賞・阪神大賞典の3着以内馬から選ぶのがセオリーと思います。日経賞組に実績が足りないことを考慮し、阪神大賞典組からサトノクロニクルを選択しました。3kg増となるのが不安ですが、ここ目標に仕上げてきているかと思いますので、人気薄でも充分勝負になると考えます。

対抗はクリンチャー。菊花賞2着・年明け2戦を好走しており、実績上位ですのでこちらも充分に一着が狙えるでしょう。さらに連勝で日経賞を勝ち上がってきたガンコを3番手に挙げます。正直実績が足りない気がしますが、枠順もよいところを引きましたし、先行できるタイプの馬ですので、もしかすると実績の無さをひっくり返して1着まであるのかもしれません。

抑えはレインボーライン、カレンミロティック。レインボーラインも強い馬ですが、枠が外目なのが割引です。

予想 馬番・馬名 騎手 性齢・斤量
1.ミッキーロケット和田竜二牡5 58.0kg
2.チェスナットコート蛯名正義牡4 58.0kg
3.シホウ浜中俊牡7 58.0kg
×4.カレンミロティック池添謙一セ10 58.0kg
5.ヤマカツライデン松山弘平牡6 58.0kg
6.ガンコ藤岡佑介牡5 58.0kg
7.ピンポン宮崎北斗牡8 58.0kg
8.クリンチャー三浦皇成牡4 58.0kg
9.ソールインパクト福永祐一牡6 58.0kg
10.サトノクロニクル川田将雅牡4 58.0kg
11.シュヴァルグランH.ボウマ牡6 58.0kg
12.レインボーライン岩田康誠牡5 58.0kg
13.トウシンモンステラ国分恭介牡8 58.0kg
14.アルバートC.ルメー牡7 58.0kg
15.トーセンバジルM.デムー牡6 58.0kg
16.スマートレイアー四位洋文牝8 56.0kg
17.トミケンスラーヴァ秋山真一牡8 58.0kg

【競馬2018年度】天皇賞(春)の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
12.レインボーライン
牡5・58kg岩田康誠3:16.2
(上がり35.2)
6.0倍
(2人気)
2着
11.シュヴァルグラン
牡6・58kgボウマン3:16.2
(上がり35.8)
3.0倍
(1人気)
3着
8.クリンチャー
牡4・58kg三浦皇成3:16.3
(上がり35.7)
8.0倍
(4人気)

【競馬2017年度】天皇賞(春)の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
3.キタサンブラック
牡5・58kg武豊3:12.5
(上がり35.3)
2.2倍
(1人気)
2着
6.シュヴァルグラン
牡5・58kg福永祐一3:12.7
(上がり35.2)
12.0倍
(4人気)
3着
15.サトノダイヤモンド
牡4・58kgルメール3:12.7
(上がり35.0)
2.5倍
(2人気)

【競馬2016年度】天皇賞(春)の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
1.キタサンブラック
牡4・58kg武豊3:15.3
(上がり35.0)
4.5倍
(2人気)
2着
3.カレンミロティック
セ8・58kg池添謙一3:15.3
(上がり34.8)
99.2倍
(13人気)
3着
8.シュヴァルグラン
牡4・58kg福永祐一3:15.5
(上がり34.5)
6.4倍
(3人気)

【競馬2015年度】天皇賞(春)の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
1.ゴールドシップ
牡6・58kg横山典弘3:14.7
(上がり35.0)
4.6倍
(2人気)
2着
14.フェイムゲーム
牡5・58kg北村宏司3:14.7
(上がり34.5)
22.6倍
(7人気)
3着
2.カレンミロティック
セ7・58kg蛯名正義3:14.8
(上がり35.3)
30.5倍
(10人気)

【競馬2014年度】天皇賞(春)の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
7.フェノーメノ
牡5・58kg蛯名正義3:15.1
(上がり34.3)
11.5倍
(4人気)
2着
12.ウインバリアシオン
牡6・58kg武幸四郎3:15.1
(上がり34.1)
6.5倍
(3人気)
3着
6.ホッコーブレーヴ
牡6・58kg田辺裕信3:15.1
(上がり34.0)
101.5倍
(12人気)

【競馬2013年度】天皇賞(春)の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
6.フェノーメノ
牡4・58kg蛯名正義3:14.2
(上がり36.2)
6.2倍
(2人気)
2着
1.トーセンラー
牡5・58kg武豊3:14.4
(上がり36.4)
13.6倍
(3人気)
3着
13.レッドカドー
セ7・58kgモッセ3:14.7
(上がり36.5)
29.4倍
(6人気)

【競馬2012年度】天皇賞(春)の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
1.ビートブラック
牡5・58kg石橋脩3:13.8
(上がり36.5)
159.6倍
(14人気)
2着
16.トーセンジョーダン
牡6・58kg岩田康誠3:14.5
(上がり34.0)
10.2倍
(3人気)
3着
11.ウインバリアシオン
牡4・58kg武豊3:14.8
(上がり33.5)
9.8倍
(2人気)

【競馬2011年度】天皇賞(春)の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
2.ヒルノダムール
牡4・58kg藤田伸二3:20.6
(上がり35.3)
16.9倍
(7人気)
2着
15.エイシンフラッシュ
牡4・58kg内田博幸3:20.7
(上がり35.2)
7.1倍
(3人気)
3着
3.ナムラクレセント
牡6・58kg和田竜二3:20.9
(上がり36.3)
11.3倍
(5人気)

【競馬2010年度】天皇賞(春)の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
12.ジャガーメイル
牡6・58kgウィリア3:15.7
(上がり33.7)
5.9倍
(2人気)
2着
16.マイネルキッツ
牡7・58kg松岡正海3:15.8
(上がり34.2)
8.5倍
(4人気)
3着
4.メイショウドンタク
牡4・58kg武幸四郎3:16.6
(上がり34.9)
113.8倍
(16人気)

【競馬2009年度】天皇賞(春)の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
2.マイネルキッツ
牡6・58kg松岡正海3:14.4
(上がり34.9)
46.5倍
(12人気)
2着
4.アルナスライン
牡5・58kg蛯名正義3:14.4
(上がり34.8)
7.5倍
(4人気)
3着
12.ドリームジャーニー
牡5・58kg池添謙一3:14.7
(上がり34.9)
8.6倍
(5人気)

【競馬2008年度】天皇賞(春)の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
14.アドマイヤジュピタ
牡5・58kg岩田康誠3:15.1
(上がり34.7)
5.8倍
(3人気)
2着
8.メイショウサムソン
牡5・58kg武豊3:15.1
(上がり34.9)
4.8倍
(2人気)
3着
13.アサクサキングス
牡4・58kg四位洋文3:15.5
(上がり35.5)
3.6倍
(1人気)