ジャパンカップ2019 予想&過去結果データ分析と傾向。

Posted on 2019/11/23

競馬レース「ジャパンカップ(G1)」の過去結果データ分析と傾向まとめ

傾向まとめ ◆伝統の国際G1レースであるジャパンカップ。1番人気馬の勝率・連対率・複勝率は高く、複勝率85%とかなり信頼できる。また、3~5番人気についても馬券期待値が高く基本的には人気サイド決着となるレース。6番人気以下の紛れもたまにはあるが10番人気以下は皆無となっており、人気薄の馬券は買いにくい面がある。
◆年齢については3~5歳馬が主役。若い実力馬が有利であり、6歳以降の古馬はよほど強い馬でない限り不利と見てよいだろう。
◆脚質による有利不利はあまり見受けられないが、追い込み馬には苦しいデータ。逃げ馬から差し馬までは均等に散っているように見える。
◆枠順については1枠が圧倒的有利となっている。それ以外の枠は有利不利はあまり見受けられない。
◆基本的には人気実績馬が順当に結果を出すことが多い。海外馬は以前はかなり結果を出していたが、近年は実力馬の参戦も少なくなり結果が出ていない。また、天皇賞秋→JC→有馬記念の3戦で好成績を維持する馬自体が激減しており、天皇賞秋の好成績馬が本レースで活躍するとは限らないところは注意しておくポイントである

上位人気馬の連対率・複勝率一覧。本命党と穴党のどっちが有利?

勝率 連対率 複勝率
1番人気35%55%85%7-4-6-3
2番人気15%35%55%3-4-4-9
3番人気10%15%20%2-1-1-16
4番人気20%30%30%4-2-0-14
5番人気10%30%35%2-4-1-13

年齢別成績一覧。若駒・古馬の有利・不利は?

勝率 連対率 複勝率
2歳0%0%0%0-0-0-0
3歳20%40%40%2-2-0-6
4歳9.09%18.18%27.27%2-2-2-16
5歳3.7%7.41%14.81%1-1-2-23
6歳0%0%0%0-0-0-14
7歳以上0%0%11.11%0-0-1-8

脚質別成績一覧。逃げ馬の逃げ切りは?追い込み馬は届く?

勝率 連対率 複勝率
逃げ9.09%13.64%18.18%2-1-1-18
先行6.33%15.19%21.52%5-7-5-62
差し9.56%16.18%22.79%13-9-9-105
追込0%3.26%8.7%0-3-5-84

枠順別成績一覧。内枠有利?外枠からでも勝てる?

勝率 連対率 複勝率
1枠16.67%25%33.33%6-3-3-24
2枠5.26%5.26%10.53%2-0-2-34
3枠5.13%10.26%20.51%2-2-4-31
4枠7.69%12.82%20.51%3-2-3-31
5枠2.63%18.42%23.68%1-6-2-29
6枠2.56%7.69%10.26%1-2-1-35
7枠6.25%8.33%16.67%3-1-4-40
8枠3.85%11.54%13.46%2-4-1-45

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~

さらにデータを集めるなら、毎週の大川無料重賞情報。有料のチケットもありますけど、無料登録で見れる情報だけでも充分役立ちます。


ジャパンカップ(G1)(2019/11/24 東京 芝2400m)の予想。

【競馬2019年度】ジャパンカップの予想。一応の本命はスワーヴリチャード。

伝統の国際G1ジャパンカップがいよいよ開催も、本年はメンバーが少し小粒か。さらに馬場がかなり悪そうです。一応の本命はスワーヴリチャードです。天皇賞はいまいちでしたし、G1は3着ばかりですけど、堅実に走っています。そろそろ結果が出てもおかしくなさそうです。

対抗はムイトオブリガード。正直、格下馬のイメージがあるかもですけど、割と悪くないです。手薄な今年のメンバー構成・馬場状態を考えると一発があってもおかしくなさそうです。3番手にレイデオロ。普通に考えれば実績的に1番人気になりそうですが、近走不振であり、力が弱まっている不安はあります。復活Vがあるのかどうか?。

さらに、ワグネリアン、エタリオウを抑えます。

予想 馬番・馬名 騎手 性齢・斤量
1.カレンブーケドール津村明秀牝3 53.0kg
2.ワグネリアン川田将雅牡4 57.0kg
3.ウインテンダネス田辺裕信牡6 57.0kg
4.ムイトオブリガードC.ルメー牡5 57.0kg
5.スワーヴリチャードO.マーフ牡5 57.0kg
6.ユーキャンスマイル岩田康誠牡4 57.0kg
7.ダイワキャグニー石橋脩牡5 57.0kg
8.レイデオロW.ビュイ牡5 57.0kg
9.ルックトゥワイスL.デット牡6 57.0kg
10.ダンビュライト松若風馬牡5 57.0kg
11.シュヴァルグランC.スミヨ牡7 57.0kg
12.タイセイトレイルM.デムー牡4 57.0kg
×13.エタリオウ横山典弘牡4 57.0kg
14.マカヒキ武豊牡6 57.0kg
15.ジナンボーR.ムーア牡4 57.0kg

メインレース以外は本日の競馬予想コーナーでリアルタイム予想公開してます。こちらは統計解析システムを利用した予想になります。


参考。過去10年間の競馬レース「ジャパンカップ」の予想と結果まとめ。

【競馬2018年度】ジャパンカップの予想。本命はアーモンドアイ。

3冠牝馬アーモンドアイに注目が集まる伝統の国際G1ジャパンカップがいよいよ開催。本命は圧倒的1番人気アーモンドアイ。初の古馬相手がどうかと思いますが、53kgと有利な条件で出走できますし、データ上結果が出ている1枠となっており、充分に実力が発揮できるのではないかと思います(ただし内枠が荒れているという話はある)。前走の秋華賞もステップレースを使わずぶっつけ本番で勝つという驚異のレースを見せており、叩き2戦目となるここでも期待せざるを得ないです。

対抗はキセキ。ここ2戦は復調傾向にあり、前走の天皇賞秋も惜しいレースでした。アーモンドアイが後ろから行く馬であることを考えると、ひっくり返す可能性があるのは前で競馬ができるこの馬ではないかと思います。3番手にスワーヴリチャード。休み明けの天皇賞秋は結果が出せませんでしたが、能力はある馬ですから3番手には抑えておきたいところです。

さらに、シュヴァルグラン、カプリを抑えます。

予想 馬番・馬名 騎手 性齢・斤量
1.アーモンドアイC.ルメー牝3 53.0kg
2.ハッピーグリン服部茂史牡3 55.0kg
3.サトノダイヤモンドJ.モレイ牡5 57.0kg
4.サトノクラウンW.ビュイ牡6 57.0kg
5.ミッキースワロー横山典弘牡4 57.0kg
6.サンダリングブルーF.ベリーセ5 57.0kg
7.サウンズオブアース田辺裕信牡7 57.0kg
8.キセキ川田将雅牡4 57.0kg
×9.シュヴァルグランC.デムー牡6 57.0kg
10.ガンコ蛯名正義牡5 57.0kg
11.スワーヴリチャードM.デムー牡4 57.0kg
12.カプリR.ムーア牡4 57.0kg
13.ノーブルマーズ高倉稜牡5 57.0kg
14.ウインテンダネス内田博幸牡5 57.0kg

【競馬2018年度】ジャパンカップの結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
1.アーモンドアイ
牝3・53kgルメール2:20.6
(上がり34.1)
1.4倍
(1人気)
2着
8.キセキ
牡4・57kg川田将雅2:20.9
(上がり34.7)
9.2倍
(4人気)
3着
11.スワーヴリチャード
牡4・57kgM.デム2:21.5
(上がり34.7)
6.5倍
(2人気)

【競馬2017年度】ジャパンカップの結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
1.シュヴァルグラン
牡5・57kgボウマン2:23.7
(上がり34.7)
13.3倍
(5人気)
2着
2.レイデオロ
牡3・55kgルメール2:23.9
(上がり34.6)
3.8倍
(2人気)
3着
4.キタサンブラック
牡5・57kg武豊2:23.9
(上がり35.3)
2.1倍
(1人気)

【競馬2016年度】ジャパンカップの結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
1.キタサンブラック
牡4・57kg武豊2:25.8
(上がり34.7)
3.8倍
(1人気)
2着
12.サウンズオブアース
牡5・57kgM.デム2:26.2
(上がり34.5)
12.2倍
(5人気)
3着
17.シュヴァルグラン
牡4・57kg福永祐一2:26.3
(上がり34.4)
13.9倍
(6人気)

【競馬2013年度】ジャパンカップの結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
7.ジェンティルドンナ
牝4・55kgムーア2:26.1
(上がり33.9)
2.1倍
(1人気)
2着
9.デニムアンドルビー
牝3・53kg浜中俊2:26.1
(上がり33.2)
29.8倍
(7人気)
3着
5.トーセンジョーダン
牡7・57kgビュイッ2:26.1
(上がり34.1)
100.3倍
(11人気)

【競馬2012年度】ジャパンカップの結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
15.ジェンティルドンナ
牝3・53kg岩田康誠2:23.1
(上がり32.8)
6.6倍
(3人気)
2着
17.オルフェーヴル
牡4・57kg池添謙一2:23.1
(上がり32.9)
2.0倍
(1人気)
3着
13.ルーラーシップ
牡5・57kgウィリア2:23.5
(上がり32.7)
5.4倍
(2人気)