菊花賞2019 予想&過去結果データ分析と傾向。

Posted on 2019/10/19

競馬レース「菊花賞(G1)」の過去結果データ分析と傾向まとめ

傾向まとめ ◆1番人気馬の勝率・連対率・複勝率はかなり信頼できる。一方、2~4番人気馬の勝率・連対率・複勝率はあまり良くない。5~9番人気は人気の割に連に絡むことも多い。1番人気馬を軸に中穴に流すのが良さそうに思える。
◆脚質については先行馬が圧倒的に有利。前めにつけて押し切れる実績馬が狙い目。一方、逃げ馬や極端な追い込みは苦しい成績しか残せていない。
◆枠順については内枠が圧倒的に有利な成績を残している。特に1~2枠は抜けているので、ここに人気馬が入った場合は軸候補になる。
◆牡馬クラシックの最終レース。かなり前まで見ると人気薄馬が来るイメージもあるかもしれないが、基本的には人気のある実績馬が結果を出しやすいレースである。ステップについては神戸新聞杯組が有利な傾向にある。

上位人気馬の連対率・複勝率一覧。本命党と穴党のどっちが有利?

勝率 連対率 複勝率
1番人気35%40%55%7-1-3-9
2番人気5%30%30%1-5-0-14
3番人気10%15%45%2-1-6-11
4番人気5%20%25%1-3-1-15
5番人気10%20%20%2-2-0-16

脚質別成績一覧。逃げ馬の逃げ切りは?追い込み馬は届く?

勝率 連対率 複勝率
逃げ0%3.85%11.54%0-1-2-23
先行15.58%23.38%33.77%12-6-8-51
差し5.23%11.76%17.65%8-10-9-126
追込0%3.12%4.17%0-3-1-92

枠順別成績一覧。内枠有利?外枠からでも勝てる?

勝率 連対率 複勝率
1枠13.16%18.42%26.32%5-2-3-28
2枠10%17.5%22.5%4-3-2-31
3枠2.5%10%17.5%1-3-3-33
4枠5%7.5%10%2-1-1-36
5枠2.5%7.5%15%1-2-3-34
6枠2.5%12.5%17.5%1-4-2-33
7枠7.02%14.04%21.05%4-4-4-45
8枠3.51%5.26%8.77%2-1-2-52

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~

さらにデータを集めるなら、毎週の大川無料重賞情報。有料のチケットもありますけど、無料登録で見れる情報だけでも充分役立ちます。


菊花賞(G1)(2019/10/20 京都 芝3000m)の予想。

【競馬2019年度】菊花賞の予想。本命はヴェロックス。

3冠最終レース。本命はヴェロックスです。皐月賞・ダービーともに勝ちきれませんでしたが、強い馬と差のないレースをしていますので、ここでは1枚抜けている感じがします。

対抗はレッドジェニアル。人気薄ですが他の上位馬に微妙なところもあるので思い切って対抗で。3番手にザダル。セントライト3着からの参戦ですが、この馬はまだ底が見えないので、一発があってもおかしくありません。

さらに、サトノルークス、ワールドプレミアを抑えます。

予想 馬番・馬名 騎手 性齢・斤量
1.ザダル石橋脩牡3 57.0kg
2.ニシノデイジーC.ルメー牡3 57.0kg
3.カリボール藤井勘一牡3 57.0kg
4.ユニコーンライオン岩田康誠牡3 57.0kg
×5.ワールドプレミア武豊牡3 57.0kg
6.ディバインフォース横山典弘牡3 57.0kg
7.ヒシゲッコウC.スミヨ牡3 57.0kg
8.メロディーレーン坂井瑠星牝3 55.0kg
9.ヴァンケドミンゴ藤岡佑介牡3 57.0kg
10.カウディーリョM.デムー牡3 57.0kg
11.シフルマン松山弘平牡3 57.0kg
12.レッドジェニアル酒井学牡3 57.0kg
13.ヴェロックス川田将雅牡3 57.0kg
14.サトノルークス福永祐一牡3 57.0kg
15.ホウオウサーベル蛯名正義牡3 57.0kg
16.ナイママ柴田大知牡3 57.0kg
17.タガノディアマンテ田辺裕信牡3 57.0kg
18.メイショウテンゲン池添謙一牡3 57.0kg

メインレース以外は本日の競馬予想コーナーでリアルタイム予想公開してます。こちらは統計解析システムを利用した予想になります。


参考。過去10年間の競馬レース「菊花賞」の予想と結果まとめ。

【競馬2018年度】菊花賞の予想。本命はエポカドーロ。

3冠最終レース。本命は皐月賞馬エポカドーロです。実績的には文句なしのNo1ですし、先行できる脚質も魅力です。また、データ的に結果を残している神戸新聞杯経由というのもプラスでしょう。前走は4着と負けてしまいましたので、これで人気が落ちるようなら狙い目にも思います。

対抗はブラストワンピース。新潟記念1着から参戦ですが、内枠を引きましたし、こちらもかなり期待できそうです。おそらく1番人気が予想されます。脚質が少し不安ですが、能力でひっくり返すことも充分にあり得るでしょう。3番手にジェネラーレウーノ。データ上、セントライト組は微妙な成績ですが、この馬は安定感ありますし、内枠・先行馬と条件も揃っていますので、3番手にはあげておきたいです。

さらに、メイショウテッコン、エタリオウを抑えます。

予想 馬番・馬名 騎手 性齢・斤量
1.アイトーン国分恭介牡3 57.0kg
2.グレイル岩田康誠牡3 57.0kg
3.ブラストワンピース池添謙一牡3 57.0kg
4.ジェネラーレウーノ田辺裕信牡3 57.0kg
5.エポカドーロ戸崎圭太牡3 57.0kg
×6.メイショウテッコン松山弘平牡3 57.0kg
7.ユーキャンスマイル武豊牡3 57.0kg
8.カフジバンガード幸英明牡3 57.0kg
9.エタリオウM.デムー牡3 57.0kg
10.アフリカンゴールド松若風馬牡3 57.0kg
11.コズミックフォース浜中俊牡3 57.0kg
12.フィエールマンC.ルメー牡3 57.0kg
13.タイムフライヤー和田竜二牡3 57.0kg
14.グロンディオーズJ.モレイ牡3 57.0kg
15.オウケンムーン北村宏司牡3 57.0kg
16.ステイフーリッシュ藤岡佑介牡3 57.0kg
17.シャルドネゴールド藤岡康太牡3 57.0kg
18.グローリーヴェイズ福永祐一牡3 57.0kg

【競馬2018年度】菊花賞の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
12.フィエールマン
牡3・57kgルメール3:06.1
(上がり33.9)
14.5倍
(7人気)
2着
9.エタリオウ
牡3・57kgM.デム3:06.1
(上がり33.9)
3.6倍
(2人気)
3着
7.ユーキャンスマイル
牡3・57kg武豊3:06.3
(上がり33.9)
31.7倍
(10人気)

【競馬2017年度】菊花賞の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
13.キセキ
牡3・57kgM.デム3:18.9
(上がり39.6)
4.5倍
(1人気)
2着
4.クリンチャー
牡3・57kg藤岡佑介3:19.2
(上がり40.2)
30.9倍
(10人気)
3着
14.ポポカテペトル
牡3・57kg和田竜二3:19.2
(上がり40.1)
44.2倍
(13人気)

【競馬2016年度】菊花賞の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
3.サトノダイヤモンド
牡3・57kgルメール3:03.3
(上がり34.1)
2.3倍
(1人気)
2着
11.レインボーライン
牡3・57kg福永祐一3:03.7
(上がり34.2)
24.9倍
(9人気)
3着
13.エアスピネル
牡3・57kg武豊3:03.7
(上がり34.6)
20.5倍
(6人気)

【競馬2015年度】菊花賞の結果(1~3着)。

性齢 騎手 タイム 単勝
1着
4.キタサンブラック
牡3・57kg北村宏司3:03.9
(上がり35.0)
13.4倍
(5人気)
2着
11.リアルスティール
牡3・57kg福永祐一3:03.9
(上がり35.1)
4.3倍
(2人気)
3着
17.リアファル
牡3・57kgルメール3:04.0
(上がり35.3)
3.1倍
(1人気)