指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競馬

競馬

競馬の用語『逸走』とは?

逸走とは?競馬用語において、「逸走」とは、騎手が制御できない状態で馬がコースから外れることを指します。これは、さまざまな要因が重なって引き起こされる可能性があり、馬の気性、トレーニング不足、レースのストレスなどが含まれます。逸走馬は、他の馬や騎手に重大な危険をもたらす可能性があるため、非常に危険な状況です。
競馬

競馬用語『あとびき』徹底解説

-『あとびき』とは?その意味と原因- 競馬で「あとびき」とは、レース中に馬が騎手の操縦を無視して、後ろの馬を追いかける行為を指します。この行動は、馬が興奮したり、レース展開に興奮したりすることが原因で起こります。
競馬

競馬用語辞典:日本中央競馬会法とは?

-日本中央競馬会法の概要- 日本中央競馬会法は、日本中央競馬会(JRA)の設立根拠となる法律です。この法律は、競馬事業を適正かつ健全に運営し、国民に娯楽と健全なレクリエーションを提供することを目的としています。 この法律では、JRAの設立、組織、業務、財務、監督などを定めています。JRAは、国の認可の下で設立された特殊法人であり、独占的に競馬事業を行います。JRAは、競馬の開催、馬券の発売、馬の生産・育成に関する事業などを行っています。 さらに、この法律は、JRAの業務の健全性を確保するためのさまざまな規定を定めています。例えば、競馬の公正性と公平性を確保するための措置、不正行為の防止に関する規定、利用者の保護に関する規定などが含まれています。 日本中央競馬会法は、競馬事業の適正な運営と国民の娯楽の提供に不可欠な法的枠組みを提供しています。
競馬

競馬の用語「進上金」について

競馬における進上金とは、主催者によって出走馬の馬主に対して支払われる賞金のうち、上位入賞馬に与えられる賞金を指します。進上金には、着順に応じた定額の賞金や、出走馬の負担重量や馬主の組合所加盟状況によって異なる変動賞金などが含まれます。進上金は、出走馬の活躍を奨励し、競馬の健全な発展に寄与することを目的としています。
競馬

競馬用語『ズブい』を徹底解説!

競馬用語の「ズブい」とは、競走中に意欲が湧かず、全く走ろうとしない馬を指します。特徴としては、以下が挙げられます。 ・ゲートが開いても反応が鈍く、すぐに動き出さない。 ・レース中、他の馬に競りかけられてもまったく闘志を示さない。 ・騎手が鞭や手綱を使って一生懸命に励ましても、反応が鈍い。 ・レースではいつも最下位かそれに近い順位に沈むことが多い。
競馬

競馬における国際交流

競馬の世界で国境を越えた交流を深めるために、「相互制裁協定」が締結されています。この協定は、参加国間で起こったドーピング違反や汚職などの不祥事に対して、国境を越えて制裁を科すことができるものです。この協定により、競馬の透明性と公平性が確保され、国際的な競走がより健全なものになっています。
競馬

競馬用語解説:折り返し手綱とは?

折り返し手綱とは、騎手が馬を制御するために使用する手綱の一種です。手綱の両端に輪っかがあり、騎手の手に握られています。馬が抵抗すると、輪っかが締め付けられて馬に圧力がかかります。これにより、騎手は馬の動きを制御しやすくなります。 折り返し手綱は、馬が急激に加速したり減速したりするのを防ぐために使用されます。また、障害物を避けたり、狭い場所を走ったりするときにも使用されます。
競馬

競馬の用語『口籠』とは?

口籠は、馬の口に装着する器具です。その名の通り、口を籠で覆い、馬が自由に口を開けるのを防ぎます。口籠の主な目的は主に3つあります。 まず、馬が自分の体を傷つけるのを防ぐことです。馬はストレスや不安を感じると自傷行為をすることがありますが、口籠を装着することで、馬は歯や舌を噛んでしまうことを防ぐことができます。次に、馬が周囲の人間を傷つけることを防ぐ目的があります。調教中や治療中に、馬がパニックになったり興奮したりして人を噛むのを防ぐことができます。最後に、馬が自分の食べ物を飲み込まないよう制御する目的があります。口籠を使用することで、馬は急いで食べ物を飲み込むのを防ぎ、消化器系の問題を防ぐことができます。
競馬

競馬の用語『検量』とその重要性

検量の目的と種類 競馬における検量は、騎手の体重を測定することにより公平性を保つための重要なプロセスです。騎手と馬の組み合わせによる重量差が、レースの結果に影響を与えないようにするために行われます。検量には、以下の2種類があります。 1. -計量- レース前に、騎手が馬装した状態で体重を測定します。この測定値を基準体重として記録します。 2. -騎乗体重- レース後に、騎手が鞍を外した状態で体重を測定します。この測定値は、計量時の基準体重から減算され、実際の騎乗重量が算出されます。
競馬

競馬用語解説:分割レース

分割レースとは、1つのレースの出場馬が多すぎる場合に、出場馬を2回に分けて行われるレースのことを指します。通常、分割レースは2つのグループに分けられ、それぞれが別々のレースで競走します。分割レースは、1つのレースに多くの馬が出場することで競走を公平かつ安全に行うことが難しい場合に採用されます。
競馬

競馬のカンカン場とは?意味と由来

カンカン場とは、主に日本の競馬場で使われる俗語です。競馬場の場内にある、馬券の計算を自動で行う機械のことを指します。この機械は、馬券を投入すると、馬番や枠番、配当金などを瞬時に計算して表示します。 カンカン場の「カンカン」という音は、機械が馬券を計算する際に発する金属的な音に由来しています。この音が、まるでカンカンと響いているように聞こえることから、このような俗称が生まれました。
競馬

パリ国際競馬会儀とは?その役割と日本の関わり

パリ国際競馬会儀の起源と目的 パリ国際競馬会儀は、馬事普及や競馬産業発展を目的に1855年にフランスで設立されました。当時は産業革命により、馬の重要性が低下しつつありましたが、会儀の創設者たちは馬術の伝統と騎乗技術の普及を目指しました。また、会儀の重要な目的として、国際的な競馬の標準化と競走における不正防止の促進があります。
競馬

競馬の特別競走とは?

-特別競走の特徴- 特別競走は、一般的な競走とは異なる特徴を有しています。まず、出走できる馬が限定されている点です。賞金額や競走内容に応じて、「3歳以上オープン」や「古馬牝馬限定」など、一定の条件を満たした馬のみが出走できます。また、負担重量が一般競走とは異なることも特徴です。格上の馬には斤量差が課せられたり、格下の馬には斤量が軽減されたりして、馬の実力を少しでも平等に調整する仕組みとなっています。さらに、特別競走には特定のテーマや目標があり、例えば「ダービー」は3歳馬のクラシック三冠初戦、「有馬記念」はファン投票で出走馬が選ばれる年末のグランプリといった特別な意味合いを持っています。
競馬

競馬用語「とも」とは?役立つ知識を解説

競馬用語の「とも」とは、馬の後ろ足の付け根から尾にかけての部分を指します。また、「艫(とも)」とも表記され、船の船尾も指す言葉です。そして、後ろ足の付け根は「膝(ひざ)」と「飛節(ひせつ)」の間にあり、大腿骨とすねの骨が交差する部位です。
競馬

戦時下の競馬「能力検定競走」の真実

戦時体制への突入により、日本競馬会も1940年に軍需産業に協力を要請されました。このため、娯楽性が強いとみなされていた競馬は中止され、代わりに軍馬の育成を目的とした「能力検定競走」が実施されることになりました。能力検定競走は、軍馬として適性のあるサラブレッドの選定と、その能力の評価を目的としたものでした。レースでは障害物が設定され、持久力や適応力が試されました。
競馬

競馬用語『ささる』とは?

競馬用語の『ささる』とは、馬が他の馬に対して競り負けて、直線で前へ出られなくなることを意味します。通常、レースでは馬は単独で走りますが、『ささる』状態になると、他馬にぴったりとくっつかれてしまい、自分のペースで走れなくなります。この競り合いの結果、後続の馬が前を行く馬の速度に合わせて減速を余儀なくされ、順位を落としてしまうのです。
競馬

競馬のスタートの要!発馬機の変遷

競馬において、発馬機はスタートに不可欠な存在です。その歴史は古く、18世紀後半のイギリスにまで遡ります。当初は、スタートラインにロープを張って手動で落としていました。しかし、この方法ではスタートのタイミングが不公平になりがちでした。 そこで、1815年にジョージ・ギャンブルによって、スタートラインに倒れた板を並べたバリア式発馬機が考案されました。その後、1846年にジョセフ・メイソンによって、バネ仕掛けで板を跳ね上げるスプリング式発馬機が開発されました。これにより、スタートのタイミングがより安定するようになりました。
競馬

競馬用語『条件レース』とは?

条件レースとは、競馬における特殊な競走カテゴリーの一種です。一般的な競走と異なり、出走できる馬に特定の条件が課されており、それらの条件を満たした馬のみが出走を認められます。条件には、馬の年齢、性別、獲得賞金、血統、過去の実績など、さまざまなものがあります。
競馬

競馬用語「自由購買馬」とは?

競馬用語「自由購買馬」とは? 競馬用語における「自由購買馬」は、抽選に参加せずに購入できる競走馬を指します。これに対して、「抽せん馬」は毎年一定頭数が抽選で販売されます。つまり、「自由購買馬」と「抽せん馬」の大きな違いは、購入方法にあります。
競馬

競馬の昇級戦とは?意味や対策を解説

昇級戦とは、出走した馬の実績に応じて、より上のクラスのレースに参加できる制度のことです。競馬では、出走馬の競走能力を一定の基準で評価し、格付けしています。そのため、ある程度の成績を収めた馬は、よりレベルの高いレースに挑戦することができます。逆に、成績が振るわない馬は、格下のレースに降格する可能性もあります。また、昇級戦は馬齢や性別に関係なく、その成績次第で出走できるレースが変動するという特徴があります。
競馬

競馬のスターター「ウッド式発馬機」と使い方

ウッド式発馬機の歴史は古く、1936年にアメリカ人調教師 アーニー・ウッド によって発明されました。この装置は、従来のゲート式スタートに代わる、より安全で効率的な方法を提供しました。ウッド式発馬機は、馬が勢いよくスタートするために必要な速度とタイミングを制御するように設計されています。 この装置の仕組みは単純です。発走地点の後ろにバーが設置され、馬の後ろ脚の間に挿入されます。スターターの合図で、バーが約1.2メートルの高さまで上昇し、馬を拘束します。馬が十分な速度とタイミングを獲得すると、スターターがレバーを操作してバーが開放され、馬がスタートを切ります。
競馬

競馬における蹉跌の意味と例

競馬において「蹉跌」とは、レース中に発生する予期せぬ出来事のことです。これらの出来事は、レースの展開に大きな影響を与え、馬のパフォーマンスや結果に影響を及ぼします。蹉跌は、故障、妨害、落馬など、さまざまな形式で発生する可能性があります。
競馬

競馬の醍醐味!血統の謎を解き明かそう

競馬の醍醐味のひとつに、血統の謎を解き明かす楽しさがあります。血統とは、競走馬の父方と母方の祖先のこと。競走馬の能力や特徴が血統に大きく左右されると考えられています。 例えば、血統表に有名な名馬の名前がたくさんある競走馬は、高い能力を有する可能性が高いとされています。また、特定の配合や系統に属する競走馬は、特定の得意な条件や特性を持つ傾向があります。
競馬

競馬用語「理化学検査」ってなに?

理化学検査とは、文字通り理学と化学の知識と技術を用いて、馬の血液や尿などの検体を分析する検査のことです。この検査によって、馬の健康状態やパフォーマンスに影響を与える可能性のあるさまざまな化学物質のレベルを調べることができます。たとえば、赤血球数やヘモグロビン濃度、血漿タンパク質レベル、電解質バランス、グルコース濃度などが測定されます。これらの測定値を評価することで、馬の栄養状態、水和状態、内臓機能、病気の有無などを確認することができます。