指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

「マ」

競艇

まくり差しを極めよう!競艇の華麗なる攻略法

まくり差しとは?基礎を理解しよう まくり差しは、競艇の華麗かつスリリングな攻略法です。このテクニックは、内側の艇を追い越すために外側からまくることと、内側に差し込んで艇を進めることを組み合わせたものです。まくり差しを成功させるには、優れたテクニック、敏捷性、そして正確なタイミングが必要です。この攻略法をマスターすることで、レースを支配し、勝利のチャンスを大幅に高めることができます。
競艇

競艇の隠れた勝敗のカギ!回り足の秘密に迫る

競艇において、回り足は勝利の鍵となる重要な要素です。回り足とは、ボートがターンマークを回り切る速さとスムーズさを指します。優れた回り足を持つボートは、ターンマークでのロスを最小限に抑え、直線を一気に加速することができます。これにより、競争の激しいレースにおいて、僅差での勝敗を分けることすらあるのです。
競艇

マークカードのいろは

マークカードとは、事務や情報の記録、管理などに用いられる、一定のフォーマットに沿って作成されたカードです。情報の整理や分類に利用され、データの共有や文書作成にも活用されています。サイズは様々で、名刺サイズからA4サイズまであり、目的や用途に合わせて選択されます。マークカードは、手書きやパソコンで作成することができ、必要な情報を簡潔に記載し、必要に応じて色分けや記号を利用してわかりやすく整理することができます。
競馬

競馬用語「マイラー」とは?

競馬用語「マイラー」とは? マイラーの定義 マイラーとは、中距離(1600~2000メートル)を得意とする競走馬のことを指します。この距離でのレースにおいて、高い競走能力を発揮することが特徴です。マイラーは、スピードとスタミナのバランスに優れ、直線のスピード勝負に強いだけでなく、一定の距離を安定して走ることができる能力を持っています。適性距離は馬によって多少異なりますが、一般的に1マイル(約1609メートル)前後の距離を最も得意としています。
競馬

競馬用語『珠目』

競馬用語『珠目』とは、一般的に、レースにおいて優勝の可能性が高いと評価されている馬を指します。この用語は、競馬新聞や予想サイトなどにおいて、有力な馬をピックアップするために使用されます。また、単に「注目の馬」として取り上げられる場合もあります。
競艇

「マンシュウ」ってなに?競艇用語を解説

「マンシュウ」の由来 「マンシュウ」という言葉は、競艇で用いられる特殊用語の一つです。その起源は、大正時代まで遡ります。当時、競艇は「モーターボート競走」と呼ばれており、使用されていたモーターボートは「マンシュー」と呼ばれるメーカーのものが主流でした。このメーカーのボートが非常に優秀だったことから、競艇選手の間で「マンシュー」がモーターボートそのものを指す言葉として定着していったのです。その後、モーターボート競走が「競艇」と改名されてからも、「マンシュー」という言葉は残り、現在では定着した競艇用語として用いられています。
競馬

競馬の用語『マルタンガール』の解説

-マルタンガールとは?- マルタンガールとは、競走馬の馬具のひとつで、馬の胸部から腹部に装着されます。主に馬の頭を上げ過ぎないように制御し、バランスを保つ役割を持っています。また、騎手の体重が馬の背中に集中しないように分散させる効果もあります。レース中の障害を飛び越える際に、馬の頭が障害物にぶつかるのを防ぐ役割も果たします。マルタンガールの種類には、固定式と可動式があり、馬の性格やレースの種類に応じて適したものが選択されます。
競艇

競艇前づけの醍醐味と知っておきたい基礎知識

-前づけとは?基本的な戦法を解説- 競艇において前づけは、スタート直後、相手艇の進路を塞ぐ戦法のことです。スタートラインから加速した艇が、先行艇の真後ろにつき、外側に進路をふさぐことで、先行艇の加速を妨げます。この状態を「前づけ」といいます。 前づけは、先行艇の加速を抑えることで、後続艇が上位入賞するチャンスを向上させることができます。ただし、前づけを行うと、艇が混雑し、事故のリスクが高まるため、熟練した技術と判断力が求められます。 前づけを行うタイミングとしては、スタート直後の混雑時や、走路が狭いコーナーなどでよく見られます。また、先行艇が旋回に失敗した際にも、隙をついて前づけを行うケースがあります。
競輪

競輪の「マーク」とは?戦法と決まり手の意味を解説

競輪におけるラインと自力選手 競輪は、9名の選手がバンクを周回し、順位を競うレースです。レースでは「ライン」と呼ばれる同組の選手が協力してレースを進めます。ラインは、ゴールまでの距離に合わせて3つに分けられます。先頭の選手が主導権を握る「1番ライン」、その背後に位置する「2番ライン」、3番目に位置する「3番ライン」です。 一方、「自力選手」とは、一人でレースを進める選手のことで、ラインを組むことなく単独で上位を目指します。自力選手は脚力に優れており、自分で主導権を握り、他の選手と競り合うことを得意としています。 ラインと自力選手のどちらが有利かは、レース展開や選手の調子によって異なります。ラインを組むことで連携が取れ、風除け効果が得られますが、一方では他の選手との競り合いが激しくなります。自力選手は単独でレースを進められるため、自由に動き回れますが、常に他の選手の動きに気を配る必要があります。
競輪

競輪必見!『捲り』の解説

競輪では、「先頭固定競走」というルールが採用されており、レース開始時に各選手が決められた枠線に並びます。この並び順は「ライン」と呼ばれ、同一チームや同じ地域の選手が固まって走ることが多いです。 ラインの役割は、チームメイトが先頭を交代しながら風の抵抗を軽減し、後続の選手をアシストすることです。また、ライバルチームの選手をブロックすることで、自チームの選手に有利な展開を作ることもできます。ラインの戦略的な駆け引きが、競輪における重要な見どころの一つとなっています。
競艇

競艇の爽快感あふれる戦法『まくり』とは?

競艇の戦法の中でひときわ爽快感にあふれるのが「まくり」です。まくりとは、レースの周回中に後方の艇が、内側の艇をオーバーテイクし、インコースを奪い取る攻撃的な戦法です。この際、インコースに進入する艇が速度を上げ、外側の艇に近づきます。タイミングを合わせてインコースに切り込み、一気に先頭集団へ躍り出ます。
競輪

激闘の裏側!競輪用語「負け戦」の知られざる世界

負け戦とは、競輪において開催されるレースの一種で、同じ開催日に開催される複数のレースのうち、優勝候補が不在の場合に設定されるレースのことです。つまり、優勝が期待できない選手が出場するレースであるため、低い配当金になりやすいことが特徴です。開催頻度は開催場や開催時期によって異なりますが、一般的には1開催あたり1~2レース程度で開催されています。
競艇

競艇用語『マグネト』とは?仕組みと役割を徹底解説

マグネトの仕組みと役割 マグネトは、磁気エネルギーを発生させる装置で、競艇のボートエンジンに点火を供給するために使用されています。マグネトは磁石、コイル、鉄心などの部品で構成されており、エンジンが回転すると磁界が発生します。この磁界がコイルを貫通すると、コイルに電圧が発生します。この発生した電圧が、点火プラグに供給され、混合気を着火させます。マグネトは、エンジンが安定して動作するために不可欠な部品であり、点火タイミングと点火エネルギーを制御しています。
競艇

水上の大金星!競艇の「万舟」とは?

万舟とは、競艇で舟券(投票券)のすべてが的中する、極めて難しい偉業です。競艇では1号艇から6号艇の6艇がレースに出走し、1着から6着の着順を投票します。万舟とは、この6艇すべてを着順通りに的中させることを指します。万舟の的中確率は非常に低く、近年では数百億円を超える高額配当が出ることも珍しくありません。
競艇

前売専用場外発売場とは?

前売専用場外発売場の特徴として、まず挙げられるのは、開催当日に馬券を購入できないことです。前売専用場外発売場は、開催日よりも前に馬券を販売する場所であり、開催当天には馬券の発売を行いません。そのため、レース当日に馬券を購入したい場合には、他の競馬場や場外発売場を利用する必要があります。 また、前売専用場外発売場は、開催当日の場外発売所よりもオッズが低い傾向にあります。これは、前売専用場外発売場で販売される馬券は、開催日より前に購入されるため、その時点のオッズが反映されるからです。開催当日の場外発売所では、リアルタイムのオッズを反映した馬券が販売されるため、より高いオッズで購入できる可能性があります。