指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

「は」

競馬

パリ国際競馬会儀とは?その役割と日本の関わり

パリ国際競馬会儀の起源と目的 パリ国際競馬会儀は、馬事普及や競馬産業発展を目的に1855年にフランスで設立されました。当時は産業革命により、馬の重要性が低下しつつありましたが、会儀の創設者たちは馬術の伝統と騎乗技術の普及を目指しました。また、会儀の重要な目的として、国際的な競馬の標準化と競走における不正防止の促進があります。
競馬

馬の歯がわり:クラシックシーズンの鍵

馬の歯がわりの時期と症状 馬の歯がわりは、生涯を通じて起こる重要なプロセスです。このプロセスでは乳歯が永久歯に置き換わり、馬の適切な歯の健康を維持するために不可欠です。歯がわりの時期は馬の品種によって異なりますが、一般的には生後2~5年の間に起こります。 歯がわり中は、馬はさまざまな症状を示します。最も一般的な症状の一つは、口の痛みや不快感です。これは、乳歯が抜けるにつれて歯茎が腫れ、歯が動き始めるためです。また、馬が餌を食べるのに苦労したり、餌をこぼしたりすることもあります。さらに、過剰なよだれ、歯ぎしり、顔が腫れるなどの症状も現れることがあります。
競馬

競馬用語『馬銜』:馬の口に装着する道具

馬銜の構造と役割 馬銜は、馬の口に装着する道具で、主に騎手による制御に使われます。その構造は一般的に、馬の口の中に置く銜鉄と、銜鉄を頭部に固定するための頬革から成ります。銜鉄は、馬の歯茎に優しい柔らかい素材または硬い金属で作られ、その形は平らなものから輪っか状のものまで様々です。頬革は、銜鉄を馬の頬骨に取り付ける革製のバンドで、長さを調整することで銜鉄の位置と角度を調節できます。
競馬

ハンデキャップ:競馬のレースを公正にするために

ハンデキャップとは、競馬において、競走馬同士の能力差を Ausgleichして、実力が近い馬同士が競走できるようにするための仕組みです。この仕組みは、すべての馬が平等なチャンスで競走に参加できるようにするために考案されました。ハンデキャップは、各馬の過去の成績、距離適性、現在の状態などを考慮して設定され、重量の形で加算または減量されます。
競馬

競馬の用語「パトロールタワー」とは?監視の役割と歴史

-パトロールタワーとは?役割と機能- パトロールタワーとは、競馬場で使用される建造物で、レース中の出来事の監視を行うために用いられます。その主たる役割は、公平で安全なレースを確保することです。 パトロールタワーは、通常、トラックの端近くに位置しており、レース全体を眺めることができます。塔には窓やバルコニーがあり、審判がレースを監視し、違反や事故がないかどうかをチェックしています。また、無線や電話を備えており、審判は必要に応じて他の職員と連絡を取り合うことができます。
競艇

競艇の番号とは?意味や役割を解説

競艇の番号の決まりは、レースごとにあらかじめ定められています。通常、6艇のレースでは1~6の番号、12艇のレースでは1~12の番号が船体に表示されます。各艇の番号は、そのレースにおける枠番を表しています。枠番とは、スタートラインに並ぶ位置のことであり、番号が小さい艇ほど内側の枠からスタートできます。つまり、競艇の番号は、艇の枠番とレース中の位置を示すものなのです。
競艇

競艇で重要な『馬力』とは?

馬力の意味 競艇において「馬力」とは、エンジンの出力を表す単位です。正確には「馬力(ばりき)」ではなく「馬力(ばりょく)」と呼びます。数値が大きいほどエンジン出力が大きく、ボートがより速く走ることができます。ボートのスピードは馬力だけでなく、スクリューの形状や船体の重量などさまざまな要因が影響しますが、馬力は重要な要素の1つです。競艇では、エンジンの排気量やシリンダー数などによって馬力が規定されています。
競艇

競艇の番組表とは?入手方法や活用方法を解説

-番組表とは何か?- 競艇の番組表とは、各競艇場のレース情報をまとめて掲載した表のことです。この表には、開催日や時間、出場艇の番号や選手情報、オッズなどの情報が記載されています。番組表を入手することで、開催されるレースの詳細を把握し、予想や投票に活用することができます。
競艇

競艇の用語『配当金』

-配当金の仕組み- 競艇の醍醐味のひとつである配当金は、レースの結果に応じて参加者に支払われる賞金のことです。この配当金は、レースに参加したファンの投票を基に算出されます。 レースの開催時には、参加者は出場艇の組み合わせを予想して投票します。レースの結果、予想が的中した場合に配当金が支払われます。配当金の額は、的中した組み合わせの投票数によって変動します。投票数が少ない組み合わせほど配当金が高くなります。
競馬

競馬の用語『ハロン』について

「ハロン」とは、競馬におけるレースの距離を表す単位です。1ハロンは約201.17メートルに相当し、1マイルは8ハロン、1キロメートルは約0.6ハロンに換算できます。ハロンという単位は、かつてイギリスで競馬の距離を測る際、1本の縄の長さ(1チェーン)の4分の1(1チェーン=22ヤード)を使用したことから由来しています。現在は世界中の競馬で使用されており、レースの距離を示す際の標準的な単位となっています。
競馬

競馬のスタートの要!発馬機の変遷

競馬において、発馬機はスタートに不可欠な存在です。その歴史は古く、18世紀後半のイギリスにまで遡ります。当初は、スタートラインにロープを張って手動で落としていました。しかし、この方法ではスタートのタイミングが不公平になりがちでした。 そこで、1815年にジョージ・ギャンブルによって、スタートラインに倒れた板を並べたバリア式発馬機が考案されました。その後、1846年にジョセフ・メイソンによって、バネ仕掛けで板を跳ね上げるスプリング式発馬機が開発されました。これにより、スタートのタイミングがより安定するようになりました。
競馬

競馬用語『バンケット』徹底解説!中山競馬場の障害競走でおなじみ

中山競馬場の障害競走でよく見かける「バンケット」とは、一体どのような障害物なのでしょうか? バンケットは、障害競走における障害物の1つで、2つの堅牢な木の板が直立するように設置され、その間に30~45cmほどの隙間が空いています。高さは障害物の種類によって異なり、最も低いもので1m20cm、最も高いもので1m40cmあります。バンケットは、固定障害と移動障害の両方で使用され、障害を跳び越える馬の能力を試すために設計されています。
競馬

輓曳競馬とは?北海道でだけ行われる珍しい競馬

輓曳競馬の歴史は、江戸時代後期にまで遡ります。当時は、農耕馬の力比べとして「馬引」という競技が行われていました。この競技は次第に盛んになり、明治時代には現在の輓曳競馬に近い形式に発展しました。その後、大正時代に正式に「輓曳競馬」と命名され、北海道を中心に開催されるようになりました。
競馬

競馬用語の基礎知識③|配当金がもらえるってどういう仕組み?

配当金とは、競馬のレースで上位入着した馬に支払われる賞金のことを指します。競馬では、参加者が馬券を購入することで、レースに参加することができます。馬券の種類によっては、出走する馬の順位を予想する必要があり、的中した場合には配当金を受け取ることができます。 配当金は、レースに参加した馬券の総売り上げから、JRA(日本中央競馬会)が徴収する手数料を引いた金額が、上位入着馬の馬券を購入した人に按分して支払われます。具体的には、単勝馬券では1着馬、複勝馬券では1着から3着馬、馬連馬券では1着馬と2着馬の組み合わせ、馬単馬券では1着馬と2着馬の順位が的中した場合、それぞれに配当金が支払われます。
競馬

競馬の用語『ハロン棒』とは?

-ハロン棒とは何か?- 競馬では、ハロン棒という用語が使用されます。これは、コースの距離を表す単位です。1ハロンは約200mに相当し、1周につき1,600mのコースでは8ハロンとなります。ハロン棒の名称は、かつて距離表示に使用されていた6フィートの長さの棒に由来しています。
競馬

競馬の用語「拍車」ってなに?その役割とは?

「拍車」とは、馬術において馬を刺激してより速く走らせるための手段です。通常、金属製の小さな車輪が2つあり、その間に皮ひもを通した構造をしています。騎手は、拍車の輪を馬の肋骨のすぐ後ろの部位に付け、ひもを引くことで馬の皮膚に刺激を与えます。この刺激により、馬は反応して加速するのです。
競馬

競馬の用語『肌馬』ってナニ?

競馬の世界では、「肌馬」という言葉が頻繁に使用されます。この用語は、見た目が美しく、毛並みが滑らかな馬を指します。肌馬は、一般的に高い競走能力を持っているとされており、レースで高い評価を受けることが多いです。
競艇

ボートレース用語「バックストレッチ」とは?

ボートレース用語の「バックストレッチ」とは、スタート地点から最初のマークを回るまでの直線コースを指します。スタート直後にボートが加速して最高速度に達するセクションであり、レース展開を左右する重要な区間です。ボートはバックストレッチを通過した後、最初のマークを内側に回り、第2ターンへと向かいます。
競馬

競馬の用語『ハロンタイム』とは?

-ハロンタイムとは- 競馬用語で「ハロンタイム」とは、1ハロン(約200メートル)にかかったタイムのことです。レースにおける競走馬の能力を判断する重要な指標として用いられ、短い距離では瞬発力、長い距離では持久力を測ることができます。一般的に、タイムの短い馬ほど速いと評価され、レース戦略や予想に役立てられます。ハロンタイムは、レースの途中経過でも表示されることが多く、リアルタイムで馬のペースや状態を確認するために利用されます。
競艇

競艇の排気音:かつての2タイプと現在の減音型

「排気音とは?」 排気音とは、エンジンから排出されるガスが、マフラーを通過する際に発生する音のことです。 競艇のボートエンジンは、高出力化が求められることから、回転数が非常に高く設定されています。そのため、排気音も非常に大きくなりがちでした。
競馬

【競馬用語】パドックってなに?

パドックとは、競馬場において競走馬が出走前に待機する場のことです。馬主や調教師、騎手などが馬の状態を確認したり、観客が馬の風貌や動きをチェックしたりするための場所です。パドックは biasanya、競馬場のスタンドに近く、レース開始予定時刻の約1時間前から開放されます。馬はパドックに引き出されると、繋ぎ手と呼ばれる担当者によって牽かれながら歩かされます。これによって、馬の気性や歩様を確認することができます。また、パドックでは騎手が馬に騎乗し、最終的な調整が行われます。
競艇

競艇用語『早見』徹底解説!

「競艇用語『早見』徹底解説!」と題する記事で、「早見」とは何かについて解説します。この用語は競艇において、レーサーのパフォーマンスを予測するために使用されます。それは、前回のレースでのタイムやスタート時間を指し、レーサーの能力や出走順が当日どのようなものになるかを推測するのに役立ちます。
競馬

競馬用語「ハロン棒」徹底解説

競馬用語でよく出てくる「ハロン棒」とは、いったいどのようなものなのでしょうか?ハロン棒とは、競馬場のコースを示すために使用される棒のことです。この棒には目盛りが刻まれており、1ハロン(約200メートル)ごとに数字が記載されています。ハロン棒はレースのコースの端と端、またはコーナーの内側と外側に立てられ、レースの距離を示しています。
競馬

競馬の用語『斜対歩』とは

斜対歩とは、競馬において、同側の前肢と後肢が同時に出たり戻ったりする歩き方のことを指します。通常、馬は背中側の前肢と反対側の後肢が同時に出たり戻ったりする対角歩で進みますが、斜対歩はその対極にある歩き方です。