指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

「ほ」

競艇

競艇用語『ボート格納庫』を徹底解説!

ボート格納庫とは、競艇においてボートを保管・整備する専用施設のことです。各出走場内にあり、各選手に割り当てられたボートを収納しています。整備士がボートの点検や調整を行い、出走前に選手の使用準備を整えます。ボート格納庫は、水位の変化に対応した構造になっており、潮の満ち引きや風雨の影響を受けにくいよう設計されています。
競馬

競馬用語「法人馬主」とは?

法人馬主とは、会社や組織等が馬主となる形態です。法人馬主は、個人馬主とは異なり、複数の株主や出資者からの資金を基盤として運営され、馬主権は法人によって保持されます。法人馬主には、資金力の豊富さ、組織的な運営による安定性、永続的な馬主活動の実現というメリットがあります。
競輪

競輪用語マスター!ホームバンクとは

ホームバンクとは、競輪場で言うところの「ホーム」に当たる場所のことです。簡単に言えば、その選手にとっての「地元」にあたる競輪場のことです。選手は登録地を1つ決めて登録しますが、その登録した競輪場をホームバンクと呼びます。ホームバンクでは、選手の練習場所となる屋内練習場やバンク内施設の使用が認められています。
競馬

競馬用語:ホワイトクローバーとは?

競馬の世界では「ホワイトクローバー」という用語があります。これは、頭数が多い馬券を指す言葉です。具体的には、同じレースに出走する馬の中で、人気が下位に位置する馬を数多く含んだ馬券のことです。人気薄の馬が多いために、配当が割高になりやすい特徴があります。
競馬

競馬の用語『放牧』の意味と効果

生産育成過程において、放牧とは、競走馬となる若い馬を牧草地などの広く開放された場所に放し、自由に運動や採食をさせることを指します。この放牧期間は、競走馬としての基礎作りに重要な役割を果たします。放牧によって、馬は広い空間を自由に動き回ることができ、筋肉や骨格の健全な発達に寄与します。また、草を食べながら運動をすることで、持久力や心肺機能の向上にもつながります。さらに、放牧期間は馬の社会性を培う役割もあり、他の馬との交流を通して適切な行動や競争心などを学ぶ機会となります。
競艇

競艇用語『ボックス』のすべて

競艇において「ボックス」とは、同一レースで複数の艇に賭け、どれかが1着から3着に入れば的中する賭け方のことです。この賭け方は、レースの勝者のみを予想する単勝や複勝とは異なり、的中者数を増やすことができます。たとえば、3艇ボックスを購入した場合、対象の3艇のいずれかが1~3着に入れば的中となります。ボックスは初心者でも的中しやすい賭け方として人気ですが、その分配当金は単勝や複勝に比べて低い傾向にあります。
競艇

競艇用語:ボートピア

ボートピアという名称が初めて登場したのは、1991年のことでした。当時は、ボートレースの売上低迷が続いていて、ファン離れの原因を探っていたボートレース振興会が、新たな舟券発売所の設置を検討していました。 そこで、それまでの舟券売り場とは異なる、複合的な施設を備えた舟券発売所の構想が浮上します。これがボートピアの原型で、ショッピングモールやレストランなどを併設することで、ボートレースを知らない人でも気軽に来ることができる場所を目指しました。
競馬

競馬の用語『本馬場』とは?特徴や競走方向を解説

本馬場とは、競馬場の中央にある周回コースのことです。通常、楕円形または円形で、芝またはダートで構成されています。レースのスタートとゴールは本馬場で設定され、馬たちは本馬場を反時計回りに走ります。 本馬場の特徴は、次のとおりです。 * -広さ- 本馬場は通常、1周1,000メートルから1,600メートル程度の広さがあります。 * -コンディション- 本馬場のコンディションは、芝の状態やダートの湿り具合などによって変化します。 * -内回り- 本馬場の内側はコーナーで急カーブするため、内側を走る馬は外側を走る馬よりも距離が短くなります。 * -直線- 本馬場の直線は、馬たちがスピードを上げて競り合う重要な区間です。
競馬

ホライゾネットとは?競馬で活躍するアイテム

ホライゾネットとは、競馬において使用されパフォーマンス向上が期待されるアイテムです。主に馬の脚部に装着され、蹄の形を矯正したり、衝撃を吸収したりする役割を果たします。ホライゾネットは蹄の変形や故障を防ぐことで、馬の健康を維持し、競争力を高めることを目的としています。
競艇

競艇における放るテクニック

競艇における放るテクニックとは、ボートレーサーがスタート後のターンで艇を大きく外側へ振り出す動作のことです。この放るという行為は、コーナーをより深く回り込み、遠心力で艇の速度を上げることが目的です。放ることで艇の接水面が増え、水からの抵抗が減少するため、コーナーでの減速を最小限に抑えることができます。さらに、遠心力が利用できるため、直線での加速を強力にサポートすることができます。
競艇

競艇用語のホームストレッチを徹底解説!

ホームストレッチとは、競艇レースの最後の直線コースを指します。回転水流の影響を受けにくいことから、ボートが一気に加速することができます。この直線区間では、選手たちの順位が大きく変動する可能性があり、最もエキサイティングな場面の一つとして知られています。ホームストレッチの距離は600メートルで、水面は比較的穏やかで波が少なく、ボートが安定して走ることができるため、選手たちは全力でスロットルを開けてゴールを目指します。
競馬

競馬用語『本命馬』とは?その意味や見分け方を解説

本命馬とは、競馬において勝利確率が最も高いと評価されている馬のことです。各レースの馬番と馬名の下に記載される数字「人気」によって順位付けられ、人気数字が最も小さい馬が本命馬とされています。本命馬は、これまでの成績や直近の調教内容、騎乗する騎手の腕前といったさまざまな要素から総合的に判断されます。
競馬

競馬用語「ポケット」徹底解説!

競馬用語において「ポケット」とは、先行する馬に内側から挟まれ、進路を塞がれた状態のことを指します。馬は左右への移動が制限されるため、本来のレース展開ができず、順位を落としたり、落馬する危険性が高まります。ポケットに陥った馬は、通常は減速を余儀なくされ、抜け出すのにかなりの時間を要します。そのため、ジョッキーはポケットに入らないように注意を払うことが重要です。
競艇

全国に広がる24の聖地!ボートレース場のすべて

全国24か所に点在するボートレース場は、それぞれが独自の魅力を放つ聖地です。 北海道の戸田ボートレース場は、水面が穏やかなことで知られており、繊細な技術が試されます。対照的に、愛知県の蒲郡ボートレース場は、強風と荒波が特徴で、スリリングなレースが展開されます。 福岡県の唐津ボートレース場は、広大な水面が特徴で、高速での追い越しバトルが見どころです。さらに、長崎県の諫早ボートレース場では、美しい夕日を背景に、ロマンチックなナイトレースが開催されます。 全国各地のボートレース場は、単なるレース会場ではなく、地元住民や観光客に愛される憩いの場となっています。レース観戦以外にも、グルメやショッピング、レジャー施設が充実しており、一日中楽しむことができます。
競馬

競馬用語『歩様』の基礎知識

競馬用語の「歩様」は、競走馬のパフォーマンスに大きく影響を与える重要な要素です。歩様が安定していると、馬はより効率的にスタミナを維持でき、スピードや敏捷性が増します。反対に、歩様が乱れると、エネルギーの浪費につながり、パフォーマンスを低下させる可能性があります。また、適切な歩様は、筋骨格系の問題のリスクを軽減し、怪我の予防にも役立ちます。そのため、調教師は馬の歩様を注意深く観察し、必要に応じて調整を行います。
競馬

競馬の帽色でレースを楽しく観戦!

競馬のレース観戦をより楽しく充実させる要素の一つとして、帽色が挙げられます。帽色は各騎手の所属する厩舎や馬主を表すもので、レースを識別する目印として用いられてきました。この鮮やかな色使いは、観客が遠くからでも騎手の位置を確認し、お気に入りの馬や騎手を応援するのに役立っています。 帽色の由来は古く、18世紀のイングランドにまで遡ります。当時、貴族や裕福な馬主は自分たちの厩舎を区別するため、それぞれの使用人に異なる色の帽子をかぶせていました。この慣習が次第に広まり、帽色は競馬で不可欠なものとなっていったのです。
競馬

競馬用語辞典~ボロ編~

-ボロとは?- 競馬用語で「ボロ」とは、馬が非常に弱い状態や、レースで大きく負けることを指します。 予想よりも大きく負ける場合や、能力を発揮できずに惨敗することを「ボロ負け」と表現することもあります。また、馬の調子が悪いことを「ボロが出る」と言ったりもします。 競馬では、馬の調子や能力を予想して賭けを行います。そのため、「ボロ」が出ると、予想が外れて大きな損失につながる可能性があります。馬券を購入する際には、馬の過去の実績や現在の状態をしっかりと確認し、慎重に予想することが大切です。
競輪

競輪のライン徹底解説!素朴な疑問も解決

ホームストレッチラインは、競輪のレース終盤で形成される戦略的なラインです。レース場の一番長い直線部分であるホームストレッチに入る際、複数の選手が横並びに連なって走行し、空気抵抗を軽減し、風よけ効果を得ることを目的としています。このラインに参加することで、選手はラストスパートの際のエネルギーを節約し、順位を上げることができます。ホームストレッチラインは、複数の選手が協力して形成され、他の選手がラインに参加するのを妨害する場合があります。
競艇

競艇用語『ボート』の特徴と構造

ボートの規格と形状 競艇に使われるボートは、日本モーターボート競走連合会(JMB)によって厳密な規格が定められています。まず、船体の長さは5.5メートル、幅は1.48メートルとされています。重量は選手が乗った状態で約330キログラムで、これは他のモーターボートに比べて軽量なのが特徴です。また、船体は半円筒形で、水と接触する面積を小さくして抵抗を減らしています。さらに、船首と船尾は鋭く尖っており、高速で水を切る設計になっています。