指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

「こ」

競馬

競馬の用語「ゴール板装飾」を知る

ゴール板装飾とは、競馬において、ゴール板の両側に設置された装飾のことです。レースの開催地や主催者によってデザインが異なり、開催地の特色や伝統を反映したものや、レースのスポンサーの企業ロゴや広告などが描かれています。ゴール板装飾は、レースの臨場感を高め、観客やテレビ視聴者へのアピールにも一役買っています。
競馬

競馬用語『ゴール板照明』とは?

競馬用語の『ゴール板照明』とは、競馬における最終直線を表すラインを指す用語です。ゴール板の直前に設置された電光掲示板のことで、レース終了時に点灯して勝敗を判定します。 ゴール板照明が導入される以前は、手動式のゴール板を使用しており、審判員が肉眼でゴールの順序を判断していました。しかし、この方法では判定の正確性と公平性に問題があったため、1951年にゴール板照明が導入されました。電光掲示板は瞬時に点灯するので、より正確な結果の判定が可能となり、以降、競馬をより公正なものにする上で重要な役割を果たしています。
競馬

競馬用語「コズミ」徹底解説

-コズミとは何か?- 競馬用語の「コズミ」は、馬が調子を崩す状態を指します。一般的には、以下のような症状が現れます。 * 食欲不振 * 元気がない * 被毛のツヤが悪い * 目に覇気がない * 毛づやが悪い 原因は様々で、環境の変化、トレーニングの過酷さ、栄養不足、病気などがあります。馬がコズミの状態になると、競走成績が低下したり、怪我のリスクが高まったりします。そのため、調教師や獣医はコズミの早期発見と対策に努めています。
競馬

競馬の「ゴール板」ってなに?その役割と仕組み

競馬におけるゴール板は、レースの勝敗を決定する重要な地点です。それは、各レースの終了点を示す垂直の棒またはスクリーンで、通常はコースの最後の直線にあります。ゴール板の役割は、通過した順序に基づいて馬をランク付けすることです。
競馬

競馬の公正確保とは?

競馬における公正確保の重要な要素として挙げられるのが、競走馬の入厩です。入厩とは、競走馬が競馬場やトレーニングセンターに管理されることで、ドーピングなどの不正行為を防ぎ、競走馬の健康状態やトレーニングの記録を管理します。 入厩された競走馬は、獣医師による定期的な健康診断を受け、トレーニングやレース後の回復管理も厳格に行われます。また、出入りの記録や投与される薬物の記録も厳しく管理されており、不正行為の防止に役立てられます。 これらの入厩制度により、競走馬の健康と安全が確保され、ドーピングなどの不正行為を防ぐことができるのです。公正な競馬の実現に欠かせない仕組みとなっています。
競馬

競馬のゴーグル:騎手の視界を守る重要なアイテム

-ゴーグルの役割と種類- 競馬のゴーグルは、騎手の視界を保護するための重要な装備です。ホースレースの激しさの中で、塵や泥、破片が飛んできて騎手の目を傷つける危険性があります。ゴーグルはこれらの危険から目を守るための必須アイテムです。 ゴーグルにはさまざまな種類があり、それぞれ独自の利点があります。一般的なタイプとしては、次のものがあります。 * -オープンゴーグル-レンズの下部にフレームがなく、より広い視野を確保できます。 * -クローズドゴーグル-レンズを完全に囲むフレームがあり、より優れた保護を提供します。 * -平らなレンズゴーグル-歪みの少ない視野を実現します。 * -湾曲レンズゴーグル-視野の歪みを最小限に抑え、より広い視野を提供します。 ゴーグルの素材も騎手のニーズに合わせてさまざまです。アクリルレンズは耐久性に優れ、ポリカーボネートレンズは軽量で衝撃に強いです。また、ゴーグルには、曇り防止機能や紫外線保護などの追加機能を備えたものもあります。
競輪

競輪の「小回りバンク」とは?その特徴とレース展開の傾向

競輪の小回りバンクとは、周長が500m未満で、コーナーの半径が比較的短いトラックを指します。一般的に、周長400mクラスのバンクが多いです。小回りバンクの特徴としては、コーナーへの進入速度が速くなることが挙げられます。そのため、スピードを維持したままコーナーを抜けるテクニックが求められます。また、直線が短くなるため、選手同士の距離が常に近く、緊迫したレース展開が期待できます。
競馬

競馬における国際交流

競馬の世界で国境を越えた交流を深めるために、「相互制裁協定」が締結されています。この協定は、参加国間で起こったドーピング違反や汚職などの不祥事に対して、国境を越えて制裁を科すことができるものです。この協定により、競馬の透明性と公平性が確保され、国際的な競走がより健全なものになっています。
競輪

競輪の階級と期間

前期と後期 競輪には、6月と12月の年2回、階級が変動する期間があります。この期間を前期と後期と呼び、それぞれ3か月間設定されています。前期は1月~3月、後期は7月~9月で、各期間の最終月に開催されるG1レースの結果によって、選手の階級が決定されます。前期の成績に基づいて決められた階級が後期に適用され、以降3か月間はその階級でレースに出場することになります。
競艇

競艇の航跡とは?レーサーが引き波に挑む理由

-航跡とは何か?- 競艇の航跡とは、レーサーが水面を進む際に残す、水上での波の跡のことです。レーサーはスタート直後から時速90キロを超えるスピードで水面を滑走するため、後方に強い波を生じさせます。この波が競艇の航跡となります。航跡はレーサーが水上で受ける抵抗を表しており、波の形や大きさは、ボートの形状やスピードによって変化します。
競艇

競艇用語「高配当」を徹底解説!

競艇用語における「高配当」とは、舟券の払い戻し率が高いことを指します。舟券とは、6艇のボートが順位を競う競艇において、1位から3位までの順位を予想して購入する賭け券です。通常の舟券は、購入された金額に対して1倍から数倍程度の払い戻しが得られます。 それに対して、高配当とは、購入金額に対して10倍以上、場合によっては数百倍という高い払い戻しが期待できる舟券のことです。高配当は、人気のないボートが上位入賞するような予想外の展開が起きたときに発生します。
競艇

競艇用語『今節』の基礎知識

今節の意味とは 競艇における「今節」とは、開催されている-現在のレース開催-のことを指します。一般的に、競艇では1開催につき6日間開催され、これを「節」と呼びます。各節は「最終日」まで開催され、毎節ごとに順位や賞金が異なります。したがって、「今節」とは、現在開催されている6日間のレース全てを指します。
競馬

競馬用語『膠着』とは?その意味と対処法

膠着とは、競馬において、レースの終盤で複数の馬がほぼ同時に先頭集団に並んでいる状態を指します。この状態では、どの馬も他の馬を追い抜くのに十分な余裕がなく、順位が固定されているかのように見受けられます。胶着が起こると、どの馬が勝つか予想することが困難になり、レースの行方がよりエキサイティングなものになります。
競艇

競艇のコース用語を徹底解説!

競艇において、コースとはレースが行われる水面上の特定の通路のことを指します。これらのコースは、浮標やブイで区切られ、出場しているボートが周回するルートを決定します。コースの形状やサイズは、レース場によって異なりますが、一般的に内側コースから外側コースへと数字が振られています。つまり、1コースは最も内側のコースで、6コースは最も外側のコースということになります。ボートレーサーは、スタート直後に自分のボートを希望するコースに進入させ、そのコースに沿ってレースを進めていきます。
競艇

競艇の用語『こんせつ』とは?

-こんせつの意味- こんせつとは、競艇においてレースに出走したボートが失格や出走取り消しなどにより、賞金やポイントを獲得できない状態を指します。失格の原因には、フライングスタート、走路侵害、他艇との接触などがあります。出走取り消しに至る場合は、エンジントラブルや転覆など、レース開始前に発生したアクシデントなどが挙げられます。こんせつとなったボートは、レース終了後に開催場から正式に発表されます。
競馬

競馬の用語:固定障害

-固定障害とは何か- 競馬の障害レースには、「固定障害」と「移動障害」の2種類があります。移動障害は軟らかい素材で作られ、衝撃を吸収するように設計されていますが、固定障害は硬く、動かない障害物です。固定障害は、一般的に木やコンクリートで作られ、馬が安全に飛び越えられるように設計されています。障害の高さや幅は、レースのクラスやレベルによって異なります。
競艇

競艇のコース取りとは?戦略を徹底解説!

-コース取りの目的と重要性- 競艇のコース取りとは、レース中に選手が艇を走らせるコースのこと。コース取りはレースの成否に大きな影響を与える重要な要素です。 コース取りの目的は、以下の2つがあります。 * -有利な水域を確保する-全体的に向かい風にさらされる外枠コース(6~8コース)よりも、穏やかな内枠コース(1~3コース)の方が艇の推進力を効率的に発揮できます。 * -他艇の妨害を避ける-艇同士が接近してレースを行うため、他の艇の艇走に影響を受けます。コース取りにより、他艇との接触や妨害を最小限に抑えることができます。
競馬

パリ国際競馬会議とは?競馬用語『国際競馬統括機関連盟』の意味

パリ国際競馬会議とは、国際的な競馬統括機関である国際競馬統括機関連盟(IFHA)によって開催される、世界各国の競馬の関係者が集まる会議です。この会議では、国際的な競馬のルールや規制の策定、競馬に関する技術や知識の交換、世界各国の競馬業界の協力強化などが議論されます。パリ国際競馬会議は毎年開催されており、競馬業界における重要なイベントとなっています。
競馬

仔分けとは?競馬の用語をわかりやすく解説

仔分けとは、競走馬の生産者が、繁殖牝馬から産まれた仔馬の所有権を複数の人に分配する仕組みです。通常、仔馬は生産者が所有しますが、仔分けでは所有権が分割され、複数の出資者が共有します。出資者は、仔馬の育成や調教費用の一部を負担し、その見返りとして仔馬が活躍した際に得られる賞金の一部を受け取ることができます。
競艇

競艇で知っておきたい『小回り防止ブイ』とは?

小回り防止ブイとは、競艇のコースに設置されている、スタート地点と折り返し地点付近に浮いている大きな黄色いブイのことです。このブイは、ボートがコーナーを小回りに回らないように設計されており、コースを公平にするための重要な役割を担っています。ボートが小回り防止ブイの内側を走ることは禁止されており、違反すると失格となります。小回り防止ブイは、選手がレース中に安全に競技できるようコースを制御し、公正でエキサイティングな競走を実現するための重要なセーフティ対策として機能しています。
競馬

競馬の用語『骨量』とは?

骨量は、競走馬の強靭さを示す重要な要素です。骨の密度や厚みを示し、馬の体格や耐久性に大きく影響します。骨が強固であれば、外傷や負荷に対する耐性が高まり、怪我のリスクを軽減することができます。 骨量は、運動能力にも影響します。骨が重いほど、馬の速度や瞬発力が低下する傾向があります。しかし、適切な骨量を維持することは、レース中の衝撃や振動を吸収し、筋肉や靭帯の保護にも役立ちます。
競艇

競艇の「コックピット」とは?レーサーの特等席

競艇のコース上でレーサーたちが駆るボートの操縦席を、「コックピット」と呼びます。この「コックピット」は、レーサーにとって文字通り特等席と言える空間です。ボートの操舵やエンジンの調整を行うコンソールをはじめ、スピードやコースに関する各種情報がリアルタイムで表示される計器類が整然と配置されています。レーサーたちは、このコックピットに身を委ね、時速100kmを超える猛スピードで水しぶきを上げながら水面を疾走するのです。
競艇

競艇のコース別勝率を徹底解説!レーサーの強さを測る指標

競艇において、「コース別勝率」とは、各コースからの勝利率を表す指標です。スタート地点が異なる各コースには、それぞれに固有の特性があり、勝率にも影響を与えます。例えば、1コースは最もイン側に位置し、他のコースに比べて有利なことが多い一方、6コースは外側に位置し、不利なことが多いです。 コース別勝率は、レーサーの強さを測る重要な指標であり、どのコースからでも安定した成績を残せるレーサーが高く評価されます。また、コース別勝率は、ボートレース予想を行ううえでも重要な要素となり、各コースの勝率を考慮することで、より精度の高い予想が可能になります。
競馬

競馬の用語「国庫納付金」とは?

国庫納付金の仕組みは、馬券の売上金から経費や賞金などを差し引いた残額が、国庫に納付されるというものです。この納付金は、競馬開催に関する費用や社会福祉事業に充てられます。具体的には、競馬場の建設や運営費、騎手や調教師の年金制度、地域振興などに活用されています。国庫納付金は、競馬が国の歳入源の一つとなっていることを示しており、競馬産業が社会に貢献していることを示唆しています。