指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

「じ」

競艇

競艇の用語『進入コース』とは?

進入コースとは、競艇レースにおいて、ボートがスタート時に並ぶ位置のことです。進入コースは1~6コースまであり、内側が1コース、外側が6コースになります。ボートはスタート前にピットから出てきて、指定された進入コースに入らなければなりません。進入コースは、各ボートのモーター性能や旋回性などを考慮して決められます。
競艇

競艇の審判員とは?役割と責任

審判員の役割は、競艇レースを公正かつ安全に運営することです。レースの開始から終了まで、審判員は以下を含む責任を担っています。 * コースの安全とフェアネスの確保 * 選手のスタートや航行の違反の監視 * 失格やペナルティの決定 * 緊急事態の対応 * レース結果の公式集計
競馬

競馬の勝負服:決戦の勝負を決める華やかな衣装

競馬の勝負服は、長い歴史と豊かな伝統を備えています。起源は、17世紀のイギリスにまで遡ります。当時、騎手たちは見分けやすくするために、さまざまな色の服を着て騎乗していました。18世紀には、騎手たちが所属する厩舎を識別するための共通のカラーコードが導入されました。この慣習が、現在の勝負服制度の基礎となりました。 また、勝負服には由来のあるデザインが数多くあります。例えば、赤と黄の縦縞の勝負服は、18世紀の著名な騎手、サー・チャールズ・バンベリーに由来しています。彼は、自分の領地の境界線に赤と黄の旗を掲げていたため、この配色が彼の勝負服に採用されました。さらに、勝負服には縁起が良いとされるモチーフやシンボルを使用することもあり、勝利への願いが込められています。
競艇

競艇の足元を守る「シューズ」

競艇シューズの役割は、競艇選手の足元を保護し、最適なパフォーマンスを発揮させることです。競艇は水上で時速100kmを超えるスピードでボートを操る過酷な競技であり、選手は波や衝撃から足を守らなければなりません。特殊な素材を使用した競艇シューズは、耐衝撃性と衝撃吸収性に優れており、選手の足首や膝の負担を軽減します。さらに、グリップ性に優れたソールは、ボート内の濡れたデッキでも安定した足場を提供し、急カーブや激しい動きでも滑らずにしっかりと踏ん張ることができます。
競艇

競艇の場外発売場とは?種類や特徴を解説

場外発売場の役割は、大きく分けて2つあります。1つ目は舟券の販売です。場外発売場は、競艇が行われるボートレース場とは別の場所に設置されており、ボートレース場でのレースを中継して、そこで舟券を販売しています。2つ目は地域経済の活性化です。場外発売場は、入場料や舟券の売上から得られる収入を地域に還元することで、雇用創出やインフラ整備に貢献しています。また、競艇ファンが場外発売場を訪れることで、周辺の飲食店や宿泊施設が潤い、地域経済の活性化に一役買っています。
競馬

競馬用語「下乗り」とは?

競馬用語としての「下乗り」とは、正式には「追い乗り」といい、競走馬に初めて騎乗する際に、レースの速さを馬に認識させるために騎手が行う調教を指します。これにより、馬は自分の限界を把握し、レース中に自分の全力を出し切れるようになります。
競馬

心房細動:競馬の世界で恐れられる心臓疾患

心房細動(AF)とは、心臓の心房という部分で異常な電気信号が発生する症状です。これにより、心房が正常に収縮できなくなり、不規則な心拍(動悸)が生じます。心房細動は、心臓発作や脳卒中を引き起こすリスクが高い状態です。競馬の世界では、心房細動は競走馬に深刻な影響を与え、競走成績に支障をきたす可能性があります。
競艇

競艇用語辞典:施行者

施行者とは、競艇を主催・運営する団体のことです。施行者は、競艇法に基づいて国土交通省から認可を受け、競艇の企画・実施・管理を担っています。競艇は公営競技であり、収益金の一部は地方自治体に還元されています。 施行者は重要な役割を担っています。まず、選手やボートの登録や資格審査を行い、競走の公平性を確保しています。また、競走のスケジュールやルールを定め、レースを円滑に運営します。さらに、観客の安全確保や不正行為の防止にも努めています。 施行者は幅広い権限を有しています。競艇場を保有・管理し、開催時期やレース数を決定する権限があります。また、選手の処分やレースの取消しなどの裁定権も有しています。これらの権限を適切に行使することで、競艇の健全な運営が維持されています。
競艇

競艇用語「舟券」の種類と特徴

舟券とは、競艇における賭け ticketsのことです。予想したボートが順位通りに入線すれば、配当金の支払いが受けられます。舟券は、購入する種類によって、的中条件や配当金が異なります。また、舟券には複数の種類があり、それぞれの特徴を把握することが勝利への秘訣といえます。
競馬

競馬用語「自由購買馬」とは?

競馬用語「自由購買馬」とは? 競馬用語における「自由購買馬」は、抽選に参加せずに購入できる競走馬を指します。これに対して、「抽せん馬」は毎年一定頭数が抽選で販売されます。つまり、「自由購買馬」と「抽せん馬」の大きな違いは、購入方法にあります。
競輪

競輪の車番でレース展開を鮮やかに!

競輪における車番の重要性を理解することで、レース展開を鮮やかに読み解くことができます。車番とは、選手に割り当てられる番号であり、レーサーの識別を容易にする役割を果たします。同じレースに出場する選手には、それぞれ異なる車番が割り振られ、この番号はレーサーのユニフォームや自転車に表示されます。
競艇

競艇用語:進入固定競走とは?

進入固定競走とは、競艇用語でいうところの、スタートラインに並ぶボートの位置取りがレース前から決められている競走のことを指します。スタート前の号砲が鳴ると、各ボートは決められた位置から同時にスタートを切ります。この進入固定競走では、決められた位置からのスタートだけが可能で、自由にスタート位置を選ぶことはできません。そのため、選手たちは前もってスタート時の位置取りを戦略的に考えてレースに臨みます。
競馬

競馬場における場内テレビのすべて

競馬場における場内テレビとは、競馬場内に設置されたテレビのことで、レースの情報をリアルタイムで提供します。一般的なテレビと同様の機能を持ちますが、競馬場専用の機能が充実しています。たとえば、レースの映像のほか、レースのオッズや出走馬のデータ、騎手の情報などを表示する機能があります。また、レースの解説やインタビューなどの映像を流すこともあります。
競艇

競艇の師弟関係とは?

師弟関係の意義では、競艇における師弟関係が持つ重要な役割について検討します。師弟関係は競艇選手にとって、技術的な向上からメンタル面のサポートまで、幅広いメリットをもたらします。 師匠から指導を受けることで、弟子はボートの操縦テクニックやレース戦略を習得することができます。経験豊富な師匠の指導は、レースにおける判断力を高め、安全かつ効率的な航行を可能にします。また、師匠は弟子に精神的な支えを与え、プレッシャーの多い競争の世界で成長するのに必要な自信とモチベーションを育みます。 さらに、師弟関係は艇界の伝統を継承し、世代間のつながりを促進する役割を担っています。師匠と弟子が信頼関係を築くことで、競技の技術や精神が受け継がれ、競艇界の発展が支えられていきます。
競艇

競艇の知られざる用語:「出走前検査」とは?

出走前検査とは、競艇レースにおいて、選手がレースに出場できるかどうかを判断するために実施される検査です。検査では、選手が飲酒していないか、健康上の問題が認められないか、薬物を使用していないかが確認されます。また、選手の装備やボートについても、規定に適合しているかどうかが検査されます。出走前検査は、公正で安全なレースを行うための重要な要素であり、選手がレースへの出場資格を満たしていることを保証します。
競輪

競輪の出走表で予想を立てる!ラインの攻略法

出走表とは、レースに出場する選手と their gearに関する情報が記載された表です。選手の登録名、出身地、年齢、体重などの基本情報に加え、直近の戦績や獲得賞金などが掲載されています。さらに、選手のライン(チーム)も記載されており、ラインのメンバーを確認することができます。出走表は、レースの予想を立てる際に欠かせない資料であり、選手やラインの調子を把握するための重要な情報源となります。
競馬

競馬における「障害」とは?

障害競走は、競馬において、馬が障害物(ハハードル、生け垣、水濠など)を越えて走る特殊な競走形式です。障害競走は、平地競走とは異なり、障害物がコースに設置されており、馬と騎手は障害物を克服しながらレースを進めます。障害競走は、馬と騎手の能力だけでなく、障害物に対する馬の勇敢さと技術が試されるエキサイティングなイベントです。
競馬

場外馬券場(WINS)の歴史と現状

場外馬券場の誕生 中央競馬では1954年に馬券の機械発売を開始し、1956年に東京競馬場内に専用の発売所である「本場場外発売所」を設置しました。 しかし、需要の高まりに伴い、1973年に競馬法が改正され、従来の競馬場外発売所の枠を超えた「場外馬券売場」の設置が認められました。これが、現在の場外馬券場(WINS)の原型となります。 1973年に最初の場外馬券売場が東京と大阪に設置され、その後、全国に広がっていきました。WINSは、競馬場に行かなくても馬券を購入できる利便性と、競馬の普及に寄与したことで人気を集めました。
競艇

競艇の祭典「新鋭王座決定戦」とは?

新鋭王座決定戦の概要 新鋭王座決定戦は、ボートレース界における若き才能が頂点を競い合う、年に一度のビックイベントです。出場資格は、開催の前年度末までにデビューした满23歳以下の選手で、各地区予選を勝ち抜いた精鋭18名が激突します。開催地は毎年変動しており、日本全国のボートレース場で行われます。優勝者には「新鋭王」の称号と豪華な賞金が授与され、その後のボートレース界を牽引するスター候補が誕生します。
競艇

ボートレース用語『出走』の徹底解説

「ボートレース用語『出走』の徹底解説」の下に設けられた「出走の意味と概要」では、ボートレースにおいての「出走」という言葉の定義や基本的な様相について解説されています。 出走とは、ボートレースにおいて、選手がボートに乗りスタートライン上から発走し、水面を周回する行為のことを指します。選手は通常6艇の枠組みの中で競い合い、最初にゴールラインを通過した選手が勝利します。出走は、選手にとってレースへ参加するための最初のステップであり、その後の展開に大きく影響する重要な局面です。
競馬

競馬の勝負服:鮮やかなカラーと歴史

競馬の勝負服は、単なる装飾ではありません。それには重要な意味があり、長年の歴史があります。 勝負服の役割は、騎手を視認しやすくし、各馬を他の馬と区別することです。また、馬主や調教師のアイデンティティを表し、チーム精神を醸成します。さらに、勝負服は安全面でも役立ちます。鮮やかな色は、騎手や馬が群衆の中で迷子になったり、衝突したりするのを防ぎます。 勝負服の起源は、18世紀初頭の英国にまで遡ります。当時は、騎手が馬の毛色に合わせて服を着ており、混乱を招いていました。この問題を解決するために、レースを主催する運営団体が、各参加者に独自の勝負服を割り当てることを義務付けました。この慣習は急速に広まり、現在では世界中の競馬で採用されています。
競輪

競輪のライン戦術

競輪では、ライン戦術と呼ばれる、複数の選手が協力してレースを戦う戦略があります。その中で重要な役割を果たすのがラインです。ラインとは、同じチームや地区の選手が、レース中に隊列を組んで走行するグループのことです。先頭の選手が風よけとなって後続の選手をサポートし、集団で走行することで空気抵抗を軽減し、体力を温存できます。また、ラインを組むことで、集団内で連携した作戦を実行したり、他チームの攻撃に対抗したりすることができます。ライン戦術では、ラインを維持し、協力して戦うことが勝利への重要な要素となります。
競艇

競艇の賞金王とは?

競艇の頂点で輝く賞金王とは、年間の獲得賞金が最も多い競艇選手のことです。この称号は、競艇界で最も高い名誉とされ、熾烈な競争の中で勝ち抜いた者にのみ与えられます。賞金王は、単に獲得賞金が多いだけでなく、高い勝率と安定した成績を維持していることが求められます。そのため、賞金王の座を射止めることは、選手にとって究極の目標と言えます。
競馬

障害競走のルーツと発展

障害競走の起源は、はっきりとはわかっていませんが、古代の軍事訓練や実戦から派生したと考えられています。紀元前1500年頃に書かれたインドの叙事詩「マハーバーラタ」には、戦車レースで障害物を飛び越える様子が描かれており、これが障害競走の初期の形とされています。その後、中世ヨーロッパでは、騎士たちが馬で走るトーナメントで、障害物を飛び越える競技が行われていました。これが、障害競走の近代的な起源となったと考えられています。