指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

「だ」

競輪

競輪の国際化を推進する短期登録制度

「競輪の国際化を推進する短期登録制度」の重要な施策として短期登録制度があります。この制度は、期間を限定して海外の自転車競技選手が日本の競輪に出場できるようにするものです。国際自転車競技連合(UCI)に登録された選手が、日本の競輪選手と同様の条件で競走に参加できるようになっています。この制度により、世界レベルの選手が日本の競輪に参加し、競技のレベル向上やファン数の増加が期待されています。
競馬

競馬用語『タテめ』がわかる!初心者向け解説

「タテめ」とは、競馬用語で、複数の馬を縦一列に並べてゴールを目指す戦術のことです。通常、馬は横一列に並んで走りますが、「タテめ」では先頭に立った馬が他の馬をけん引する役割を担います。後続の馬が先頭馬の後ろにぴったりと付いて走ることで、空気抵抗を減らし、スタミナを温存することができます。また、先頭馬がペースをコントロールできるため、自分のペースで走ることができます。
競馬

競馬用語『体高』徹底解説!馬の背の高さの秘密

競馬の世界でよく使われる用語である「体高」とは、馬の身長を表す指標です。一般的に「体の最も高い部分から地面までの垂直距離」で測定されます。日本では、サオと呼ばれる横棒がついた棒状の道具を使用して測定するのが一般的です。サオを馬の背中に横たえ、地面からの距離を測定することで、体高を算出します。
競馬

競馬の用語『ためる』とは?

『ためる』の意味 競馬用語の「ためる」とは、騎手が意図的に馬の速度を落として力を温存することを指します。レースの前半で先行馬を無理に追いかけずに、あえて後方に位置取り、終盤に一気に加速するための戦術です。この手法により、馬はレース終盤に十分なスタミナを蓄えており、全力を尽くしてゴールに向かって駆け抜くことができます。
競馬

競馬の用語『タイムオーバー』を解説

タイムオーバーとは、競馬レースにおける用語で、騎手がコース上で定められた制限時間を超過したことを指します。通常、レースにはコース形態や距離に応じた制限時間が設定されており、騎手がこの時間を超えてしまうと失格となります。タイムオーバーの判断は、レースを管理する審判員が行い、フィニッシュライン通過時にはじめて行われます。
競馬

競馬用語『単勝式』とは?馬券の基本を解説

競馬における「単勝式」とは、ひとつのレースで1着になる馬を予想する馬券のことです。他の馬券の種類とは異なり、的中した場合の払い戻し金額は固定されています。つまり、人気が高い馬に賭ければ払い戻し金額は低くなり、人気のない馬に賭ければ払い戻し金額が高くなります。単勝式の馬券は、競馬初心者でも比較的わかりやすく、入門に適しています。
競馬

活用される競馬の用語『ターフビジョン』について

ターフビジョンは競馬場で重要な役割を果たしています。競馬場における観客の楽しみや情報提供の向上に貢献しています。大画面に映し出された映像は、レースの様子を鮮明に伝え、客観的な視点で展開を把握することができます。また、オッズやレース結果などの重要な情報が表示され、観客がレースをより深く楽しむことができます。さらに、ターフビジョンは賞金や騎手情報などの関連情報も提供しており、観客が競馬に対する知識を深めるのに役立っています。
競艇

競艇のスタートライン『第1ターンマーク』

競艇の要である第1ターンマークとは、スタートラインとゴールラインの間に浮かぶ、直径約110メートルのブイです。このブイは、スタートから最初の旋回点までのコースを指示しており、選手たちがより良い位置取りをするために重要な役割を果たします。
競艇

競艇「単勝」の徹底解説

競艇の「単勝」とは、1つの艇が1着になると予想して購入する賭式の一種です。この賭式では、的中した場合は払い戻し率が最も高く、比較的高い配当が期待できます。ただし、的中確率は他の賭式よりも低くなります。単勝が的中する確率は、その艇の施行上の勝率とオッズによって異なります。勝率が高い艇ほど的中確率は高くなりますが、その分オッズは低くなり、配当も低くなります。逆に、勝率が低い艇ほど的中確率は低くなりますが、オッズは高くなり、配当が高くなります。
競艇

競艇用語『第2ターンマーク』徹底解説

「競艇用語『第2ターンマーク』」とは、競艇レースにおいて選手が1周目と2周目の間に通過するポイントのことです。スタートから1周目は全速で駆け抜けますが、第2ターンマークでは減速して旋回するため、選手たちのテクニックが試されます。このターンマークはレースの展開に大きな影響を与えるため、競艇ファンにとっては注目のポイントです。
競輪

競輪の奥義『タレる』

「タレる」とは、競輪ならではの専門用語で、レースの中盤以降に先行する選手が後続選手に遅れをとることを指します。これは、先行選手がペース配分を誤ったり、後続選手が追い上げたりする場合に発生します。先行選手は自分のペースを作るために先行できれば有利ですが、体力を消耗してしまい、終盤に後続選手に追い抜かれてしまう危険性があります。逆に後続選手は、先行選手を追走することで体力を温存し、終盤に一気に追い上げる 「タレ」 を狙います。競輪では、いかに「タレ」を有効に活用するかが勝負を分ける重要な戦略の一つとなっています。
競馬

競馬用語『叩く』の意味と使い方

レース中における「叩く」とは、馬にわざと鞭や拍車を叩いたり、声を出したりして、意図的に刺激を与えることを指します。この行為の目的は、馬のパフォーマンスを引き出し、競走相手に追い越されないようにすることです。騎手は、馬の気性や調子に合わせて、「叩く」タイミングや強さを調整します。ただし、「叩く」ことは馬に負担がかかるため、乱用は避け、適切なタイミングで必要な程度にとどめることが重要です。
競馬

競馬用語「タテ目」とは?

競馬用語の「タテ目」とは、馬柱や馬券で馬番号の右側に縦に表記される数字のことです。この数字は、出走馬の馬番を示しています。馬番とは、枠番ではなく、単独で競走に参加する馬の番号です。例えば、5枠6番にいる馬のタテ目は「6」となります。タテ目は、馬券購入の際に馬を特定するために使用されます。
競輪

高松宮記念杯競輪:雨と東西対抗が特徴のG1競走

高松宮記念杯競輪は、皇室の方である高松宮宣仁親王を記念して開催されるG1ランクの競輪レースです。この競輪の起源は1986年に遡り、当初は「高松宮杯競輪」という名称で開催されていました。 名称の由来は、主催者の日本自転車振興会が、親王殿下が日本の自転車競技振興に貢献されたことを称えるため、ご遺志に沿って開催されたことにあります。親王殿下の名前と、競輪を意味する「杯」という文字を組み合わせた「高松宮杯競輪」という名称が誕生しました。その後、2009年に現在の「高松宮記念杯競輪」に改称されています。
競艇

競艇用語『ダンプ』徹底解説!

ダンプとは?競艇において「ダンプ」とは、スタート直後にボートから激しく水しぶきを上げることを指します。ボートが水面上を滑走し、船首が水中に深く沈むことで、大量の水が船体後部に押し上げられて放出される現象です。ダンプは、スタートダッシュを速く切るための重要なテクニックで、ボートの推進力を高める効果があります。しかし、タイミングや角度を誤ると、失速やバランスを崩す危険性にもつながります。
競馬

滞在競馬とは?その目的やメリット、デメリットを徹底解説

滞在競馬とは、遠方の競馬場で行われるレースに馬を送り込み、その競馬場に長期滞在させて複数回出走させる競馬の手法のことです。主な目的は、より多くの出走機会を得たり、特定のレースを目標に馬の状態を管理したりすること。滞在競馬のメリットとしては、レースの選択の幅が広がることや、移動に伴う輸送の負担を軽減できることなどがあります。一方、デメリットとしては、遠征に伴うコストの増加や、馬の健康管理が難しくなることなどが挙げられます。
競馬

競馬用語「ダークホース」ってどういう意味?

競馬の用語でよく耳にする「ダークホース」という言葉には、本来の意味があります。一般にダークホースとは、予想外に活躍する人物や存在のことを指します。競馬の世界では、能力が未知数な馬や評価が低い馬が、レースで突出した結果を残すことを「ダークホースが走った」と表現します。こうした馬は、注目されていないだけに、その活躍が周囲を驚かせるのです。
競艇

競艇の体重と有利性

競艇において、体重が軽いことが有利になる場合があります。同じ条件下で重量が軽い選手は、より高い出力を発揮し、加速力に優れます。これは、ボートを漕ぐ際に抵抗が少なくなるためです。また、軽量の選手はバランスが良く、ボートの操作も容易になります。したがって、同じ条件下では、軽量な選手は重量のある選手よりも有利になる傾向にあります。
競艇

競艇の用語『淡水』とは?

淡水とは、競艇において、水面を強くたたいて起こした波が、艇体をかぶるときに発生する現象を指します。艇体が水面に激突することで、水しぶきとともに艇体が宙に舞い上がり、瞬間的に浮いた状態になるのです。この現象は、艇体と水面の接触によって発生する強い衝撃波によるもので、艇の速度や角度、水面の状態などの要因によって発生のタイミングや程度が異なります。
競輪

競輪の駆け引き「叩く」とは?

競輪において、ラインとは、同じチームや強豪選手が協力して同調して戦う集団のことです。このラインの中で、先行選手と呼ばれる先頭走者が集団を引き連れてレースを進めます。先行選手は、ライバルチームの妨害を防ぎながら、味方の選手にペースを合わせて走らせます。ライン戦法は、集団内での競走を優位に進めるために不可欠な戦略なのです。
競艇

競艇の「垂幕」徹底解説!

垂幕とは、競艇場で船のスタート時やレース終了時に使用される、情報を表示する布製の幕のことです。通常、船の番号とレーサーの名前が大きく表示されており、観客がレースの状況を把握するために使われます。垂幕はスタート地点の手前に設置されていて、スタートの合図とともに持ち上げられ、レース終了時には降ろされます。また、垂幕にはレースの順位やオッズなどの情報も表示される場合があります。
競艇

ダイヤモンドカップ競走

ダイヤモンドカップ競走とは?ダイヤモンドカップ競走は、日本中央競馬会(JRA)が毎年1月上旬に開催する中央競馬の重賞競走である。グレードはJpnIIIに格付けされており、芝2600メートルの長距離戦で行われる。この競走は、前年の有馬記念の優勝馬に優先出走権が与えられ、3歳以上の牡馬と牝馬が出走できる。
競馬

廃止された競馬用語『単枠指定』とは?

単枠指定とは、かつて日本の競馬において行われていた制度で、出走する馬の中から1頭のみを連勝複式の軸馬に指定することができました。これにより、馬券購入者は他の馬の中から馬券の対象とする馬を選択した上で、その馬と軸馬の組み合わせでしか馬券を購入することができませんでした。つまり、馬券は軸馬と連複する馬の組み合わせのみが対象となり、軸馬単独では馬券の対象となりませんでした。
競艇

競艇の用語「ターンマーク」

ターンマークとは、競艇において使用される水面上の目標物を指します。ターンマークは、ボートが周回するコースライン上に設置されており、ボートがターンする際の目安となります。ターンマークは通常、浮きやブイのような形をしていますが、レースによって形状は異なることがあります。ターンマークを適切に通過することで、ボートはコースラインを維持し、効率的にレースを進めることができます。