指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競輪

競輪

競輪の最重要ポイント『競走得点』の秘密

競輪における最重要ポイントである「競走得点」とは、選手がレースで獲得した成績を数値化したものです。この得点は、開催される競走の種類によって異なる基準で算出されます。具体的には、タイムレースでは着順によって、賞金レースでは獲得賞金によって、また決勝戦ではレースタイムや着順によって得点が付与されます。競走得点が高ければ高いほど、選手のレースでの実績が優れていることを示し、上位のレースへの出場権を得たり、賞金獲得の期待値を高めたりすることにつながります。
競輪

競輪用語『追い込み』の極意

競輪の競技において、「追い込み」と呼ばれる戦法があります。「追い込み」とは、レース終盤まで後方に控え、最後の直線で一気に加速して前方の選手を抜いていくスタイルのことです。この「追い込み」を成功させるためには、正確なタイミングの判断や、残り距離と加速距離のバランスを考慮した高度な技術が求められます。
競輪

オールスター競輪とは?

オールスター競輪の開催概要 オールスター競輪は毎年開催される競輪のビッグイベントです。開催時期は毎年7月下旬から8月上旬にかけてで、開催地は日本各地の競輪場が持ち回りで行っています。出場選手は、前年度の獲得賞金上位者など、各部門で活躍したトップレーサーが勢揃いします。レースは、通常の競輪とは異なる特別ルールで行われ、優勝者には賞金と「ダービー王」の称号が与えられます。
競輪

レインボーカップシリーズで選手が飛び級できる仕組み

日本の競輪では、級班制度が採用されています。これは、選手の強さに応じて「S級」から「F級」までのクラス分けが行われている制度で、各クラスには昇格・降格が存在します。S級は最高峰のクラスで、次いでSS級、S級1班、S級2班、A級1班、A級2班、B級1班、B級2班、C級1班、C級2班、D級2班、D級3班、E級2班、E級3班、F級へとランクが下がっていきます。 レインボーカップシリーズでは、選手はこの級班制度に基づいて飛び級することができます。具体的には、A級1班以上の選手は上位クラスの競走に出場でき、好成績を収めれば上位クラスに昇格できる可能性があります。逆に、下位クラスの選手が上位クラスの競走で好成績を収めれば、一気に自身の級班を上げることができます。この飛び級制度により、才能ある若手選手が活躍する機会が増え、競輪界の活性化に繋がっています。
競輪

競輪のヤンググランプリとは?

ヤンググランプリの特徴は、他の公営競技とは一線を画しています。このレースは、名前が示すように、若手選手に焦点を当てており、20歳から24歳までの選手のみが出場できます。また、出場選手は、その年の主要な競輪レースでの成績に基づいて選抜されます。さらに、ヤンググランプリは、通常の競輪レースとは異なる距離で行われ、400メートルのトラックを4周する1600メートルで開催されます。この距離は、スピードと持久力の両方を要求し、選手の総合的な能力を試すことになります。
競輪

競輪用語「ウマ」の役割とラインの特徴

ラインとは、競輪において、同じチームやグループに所属する選手同士がレースで協力し合う仕組みのことです。選手たちは、チームの作戦に基づいて隊列を組み、お互いに風よけや牽制の役割分担を行います。ラインを組むことで、単独で走るよりも効率的にレースを進め、勝利の可能性を高めることができます。ラインの構成は、選手の力量や得意不得意によってさまざまですが、一般的には先頭を走る先行選手、後方を走る追走選手、中間に位置する捲り選手などで構成されます。
競輪

競輪の登録地とラインの秘密

競輪の登録地とは、選手が登録している都道府県を指します。選手はプロとして活動する際に登録地を選択しなければならず、一度登録すると原則として変更することができません。この登録地は、選手がラインを組む際の重要な要素となります。ラインとは、レース中に選手たちが協力し合うグループのことです。 登録地が同じ選手は、通常は同郷ラインを組みます。これは、同じ出身地を持つことでチームワークが向上し、レースを有利に進められるからです。同郷ラインは、地元のファンや自治体の支援を受けることで、選手のモチベーションにもつながります。また、同じ登録地の選手はトレーニングや練習を共にしたり、情報交換を行ったりすることも多く、連携の強化につながります。
競輪

競輪の『適正試験』~自転車競技未経験者への道~

-適正試験の概要- 競輪の適正試験とは、自転車競技未経験者を対象とした、競輪選手としての適性を評価する試験のことです。試験は主に身体能力や運動機能に関するテストで構成されています。具体的には、筋力・瞬発力・持久力を測定する種目や、バランス感覚・反射神経・判断力を評価する種目などが実施されます。適正試験の結果は、競輪選手としての資質を総合的に判定するために用いられます。
競輪

競輪の用語“周回板”について

競輪レースにおいて、「周回板」とは、ゴールまで残り何周かを知らせる表示板のことです。レース中の選手は、この周回板を見て残り周回数を把握し、戦術を調整します。周回板は、スタート地点から約200mごとに設置されており、レース展開の重要な要素となっています。
競輪

競輪のライン解説

25メートルラインとは? 競輪で用いられる「ライン」とは、複数の選手が協力してレースを有利に進めるための戦略です。ラインにはさまざまな種類があり、その中の1つが「25メートルライン」です。これは、先行選手がゴール直前25メートルの位置で仕掛けるライン戦術です。先行選手が残り少ない距離で全力で加速することで、番手や3番手の選手が後ろから追走し、高い確率で上位入賞を狙うことができます。
競輪

競輪の先行戦術

-先行とは- 競輪における先行とは、他の選手を前に出しながら集団の後ろにつく戦術のことです。先行車は順位を下げずに集団内で先頭をキープし、レースペースをコントロールします。先行車は後ろにつく選手が風よけとなり、エネルギーを節約できます。 先行車はスタートから一定の距離を駆け抜け、最初のコーナーで先頭に立って逃げます。集団は先行車を追いかけ、前受けや捲りなどの戦術で先行車を追い抜こうとします。先行車が粘り強く逃げ切れば優勝する可能性が高くなりますが、集団に追いつかれると後続の選手に抜かされるリスクが高くなります。 先行は脚力だけでなく、駆け引きや判断力も求められる戦術です。先行力のある選手は競輪ファンからも高い人気を誇っています。
競輪

高松宮記念杯競輪:雨と東西対抗が特徴のG1競走

高松宮記念杯競輪は、皇室の方である高松宮宣仁親王を記念して開催されるG1ランクの競輪レースです。この競輪の起源は1986年に遡り、当初は「高松宮杯競輪」という名称で開催されていました。 名称の由来は、主催者の日本自転車振興会が、親王殿下が日本の自転車競技振興に貢献されたことを称えるため、ご遺志に沿って開催されたことにあります。親王殿下の名前と、競輪を意味する「杯」という文字を組み合わせた「高松宮杯競輪」という名称が誕生しました。その後、2009年に現在の「高松宮記念杯競輪」に改称されています。
競輪

競輪用語『赤旗』の意味と重み

競輪において「赤旗」は、中止や延期を意味する重要用語です。レースが開始されてから2周目以降に事故や故障などが発生した場合、審判員が赤旗を振ってレースを中止します。これは、選手の安全と公平性を確保するためです。 赤旗が振られると、その時点でレースは中止となり、レース結果は無効になります。また、赤旗が出た時点でレース場の外周に配置されたすべての審判員の判定が確定します。レースが成立せず、選手にも観衆にも払い戻しが行われます。
競輪

競輪における押圧とは?ルールやペナルティを解説

押圧とは、競輪における違反行為の一種で、他の選手を走路内で妨害することです。具体的には、内側の選手をコース外へ押し出す、前輪で選手の後ろ輪をふさぐ、意図的に接触して転倒させるといった行為が該当します。これらの行為は、他の選手だけでなく、観客の安全をも脅かす重大な違反行為とされています。
競輪

競輪の賭式とは

3連単(車番3連勝単式)は、3位までに入る車番を順番通りに予想する賭式です。3位までの車番をすべて的中させる必要があります。穴を狙った高配当を狙える賭式ですが、的中するのは非常に難しくなります。ただし、的中すれば高額の配当金が期待できます。投票方法は、3位までに入る車番を3通りの選択で記入します。
競輪

特別昇班のすべてがわかる!競輪用語解説

競輪における昇班制度とは、優秀な選手がより高いランクに昇格するためのシステムのことです。競輪では、選手のレベルをA1~E3の6つにランク付けしています。選手は、レースでの成績に応じてポイントを獲得し、一定のポイントに達すると上位のランクに昇格できます。昇格により、賞金や出場できるレースのレベルも上昇します。逆に、成績が振るわない場合は降格もあり得ます。この昇班制度により、競輪は常に新鮮で競争力の高いレースが繰り広げられるようになっています。
競輪

競輪の用語『完全優勝』徹底解説

完全優勝とは、競輪において特定の期間内に開催されるすべてのレースで1着を獲得することを指します。通常、開催期間は2〜3日間に設定されており、各日は10レース程度が行われます。そのため、完全優勝するにはこれらのすべてのレースで勝利する必要があります。
競輪

競輪の『選手紹介』徹底解説!

競輪の選手紹介とは、レース前に選手を紹介する儀式のことです。これは、観客がそれぞれの選手の特徴や強みを知り、レースをより一層楽しむためのものです。選手紹介では、選手の氏名、出身地、所属チーム、過去の戦績などが紹介されます。また、最近の調子や目標についても言及することがあり、選手の人間性やレースへの意気込みが伝わります。
競輪

競輪の用語『内圏線』を解説!

内圏線とは、競輪において重要な用語の一つです。競走路の最内周にあるラインのことです。競輪では、8人の選手が335.4メートルの楕円形のトラックを周回しますが、内圏線は最も内側のラインであり、最も距離が短いコースとなります。
競輪

競輪の決まり手を徹底解説!

競輪の決まり手の中でも逃げは、レース開始時に先頭に立ち、そのまま逃げ切って勝利する戦術です。先手を奪うことで、有利な位置取りを確保し、後続との差を広げていく狙いがあります。ただし、逃げ切るためには圧倒的なスピードと持久力が必要で、他の選手が協力して追走してくる場合は、逃げ切るのが難しいとされています。
競輪

競輪用語「インを締める」とは?徹底解説!

競輪用語で「インを締める」とは、先頭を走る選手がコーナーに入る際に、内側に位置する選手をブロックしてコーナーを通過することを指します。インを締める理由は、コーナーをインコースで抜けるメリットを活かすためです。インコースは最も距離が短いルートなので、先頭を走る選手がインを締めてコーナーを通過すると、後ろを追走する選手は外側を通って抜く必要があり、距離が長くなるため不利になります。 一方、インを締める際にはいくつかのルールがあります。基本的には、先頭選手はコーナーに入る直前までインを締めることができますが、コーナーに入り出した後はインを締めることができません。また、先頭選手がインを締める際に、後ろを追走する選手と接触したり、妨害したりすると失格になる可能性があります。
競輪

競輪の用語『押し合い』

-押し合いの定義- 競輪において、押し合いとは、先行する選手が後続の選手をマークしてブロックし、抜かせないようにする戦略のことです。これは、先行選手が有利な位置を維持し、後続選手の追い上げを防ぐための taktics です。押し合いは通常、レースの終盤、選手がスプリントに向けて加速していくときに発生します。この戦略は、先行選手に有利をもたらす可能性がありますが、後続選手が先行選手をパスできない場合、デッドヒートが発生する可能性もあります。
競輪

競輪の並び方を知ろう

競輪においてラインとは、レース中に特定の選手がグループを組み、協力して走ることを指します。ラインを形成する選手たちは同じチームや地区に所属していることが多く、連携して有利なポジションを取り、他の選手との競争を有利に進めようとします。ラインは選手間の信頼関係とチームワークによって成り立ち、作戦の遂行や集団での牽制など様々な役割を果たします。
競輪

競輪のグレードと用語 FⅠ・GP・S級

競輪には、FⅠ、FⅡ、GⅠ、GⅡ、GⅢという5つのグレードがあります。グレードが高いほど競走レベルが高く、賞金も高くなります。FⅠとFⅡは主に地方で開催され、GⅠからGⅢは全国規模で開催されます。最も高いグレードであるGⅠには「日本選手権競輪」や「寬仁親王牌」など、全国的な知名度を誇るレースがあります。