指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競馬における国際交流

競馬における国際交流

ギャンブル初心者

競馬の用語『国際交流』について教えてください。

ギャンブル研究家

国際交流は、中央競馬会が欧米やオーストラリアなどの外国と馬や騎手の交流を行なうことを指します。目的は国際親善に貢献することです。

ギャンブル初心者

いつから交流が始まったのですか?

ギャンブル研究家

1955年に英国ジョッキークラブとの騎手に対する制裁の相互実施協定から始まっています。

国際交流とは。

競馬用語の「国際交流」とは、日本中央競馬会がスポーツを通して国際親善を深めるために、海外と馬や騎手の交流を進めてきたことを指します。

1955年に英国との騎手に対する制裁の相互実施協定を皮切りに、米国やフランスなど多数の海外競馬会議に参加。1960年にはアジア競馬会議を提唱し、成功を収めました。

1981年創設のジャパンカップは、世界一流の競走馬が集う最高峰レースとして国際的に高い評価を得ています。さらに、1999年に設立された「競馬のF1」と称されるワールドシリーズレーシングチャンピオンシップにも参加しています。

海外レースへの出走馬にも注目です。1959年にハクチカラが米国遠征で優勝したのを皮切りに、シーキングザパール、タイキシャトル、エルコンドルパサーなどがフランスG1を制覇。2001年の香港国際競走では、ステイゴールド、エイシンプレストン、アグネスデジタルが優勝を飾りました。エイシンプレストンは翌年も香港の主要レースを制する快挙を達成しました。

こうした活躍は海外メディアでも大きく取り上げられ、日本馬は世界の競馬界で注目を集める存在となっています。

相互制裁協定の締結

相互制裁協定の締結

競馬の世界で国境を越えた交流を深めるために、「相互制裁協定」が締結されています。この協定は、参加国間で起こったドーピング違反や汚職などの不祥事に対して、国境を越えて制裁を科すことができるものです。この協定により、競馬の透明性と公平性が確保され、国際的な競走がより健全なものになっています。

海外競馬会議への参加

海外競馬会議への参加

海外競馬会議への参加は、競馬における国際交流を促進する上で重要な役割を担っています。国内の競馬関係者が海外の会議に出席することで、世界的な動向やベストプラクティスに関する知識を得ることができ、各国の競馬産業の発展に寄与することができます。これらの会議では、レースの調停、馬の福祉、ドーピング防止などの幅広いトピックが議論され、国際的な協力と連携の強化に役立てられています。

ジャパンカップの創設

ジャパンカップの創設

国際交流の促進を目的として、日本の競馬界では精力的に国際交流が行われてきました。その中でも、1981年に創設されたジャパンカップは、日本の競馬の国際化に大きく貢献しました。ジャパンカップは、世界各国から一流の競走馬が集う国際G1レースで、毎年11月の第1日曜日に東京競馬場で行われます。

ワールドシリーズレーシングチャンピオンシップへの参加

ワールドシリーズレーシングチャンピオンシップへの参加

競馬においては、近年、国際的な交流が盛んになっています。その中でも話題を集めているのが「ワールドシリーズレーシングチャンピオンシップ(WSRC)」への日本馬の参加です。このWSRCは、世界中のトップクラスの競走馬が集結する夢の舞台。日本馬としても、世界の強豪と競い合うことで自らの力を試す貴重な機会となっています。

海外レースへの遠征と快挙

海外レースへの遠征と快挙

競馬における国際交流の取り組みの一環として、日本から海外のレースへの遠征が盛んに行われています。これらは、単なる遠征ではなく、日本競馬の実力を世界に示し、競馬の発展に貢献する快挙に繋がっています。

海外レースへの遠征では、日本の有力馬が世界の強豪と競い合い、見事な成績を残しています。特に、2021年のドバイワールドカップ(ドバイ)コントレイルが優勝したことや、2023年のサウジカップ(サウジアラビア)パンサラッサが2着に入賞したのは記憶に新しいでしょう。これらの快挙は、日本競馬のレベルの高さを証明するだけでなく、世界中の競馬ファンに日本の競走馬の魅力をアピールする結果となっています。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競馬
タイトルとURLをコピーしました