指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競馬用語『カンカンば』の由来と役割

競馬用語『カンカンば』の由来と役割

ギャンブル初心者

競馬の用語『カンカンば』について教えてください。

ギャンブル研究家

『カンカンば』は、負担重量を計る検量室のことを指す用語です。

ギャンブル初心者

なぜ『カンカンば』と呼ばれるのでしょうか?

ギャンブル研究家

『カンカン』とは負担重量の単位『貫〔かん〕』を指し、『カンカンば』は『貫を看〔み〕る』つまり『看貫〔かんかん〕』が由来です。

カンカンばとは。

競馬用語で「カンカンば」とは、検量室のことです。「カンカン」とは騎手の負担重量を表し、検量室では騎手が鞍や鉛の重さを含めた負担重量を秤で計り、規定の重量を満たしているかを確認します。この言葉は、「貫を看る」という「看貫」に由来しています。

検量室とは何か

検量室とは何か

検量室とは、騎手の体重測定を行う施設です。競馬では、騎手の体重が馬の負担に影響するため、公平性を期すためにすべての騎手の体重を調整します。検量室では、騎手がレース前に裸で体重測定を行い、規定された体重に調整するために鉛の重りを身に着けたり、サウナで減量したりします。さらに、レース後の検量もここで行い、騎手の規定体重との差を調査して、体重超過や不足があった場合は罰則が科せられます。

カンカンばの語源

カンカンばの語源

競馬の世界でよく耳にする「カンカンば」という言葉。この独特な響きを持つ言葉の語源について、諸説があります。

一つは、太鼓の音を表す「カンカン」から来ているという説。競馬では、レース開始の合図として太鼓が叩かれるため、そこから派生したと考えられています。

もう一つは、馬の駆ける音が「カンカン」と聞こえることから来ているという説です。馬の蹄鉄が地面を叩くリズムが「カンカン」と聞こえ、そこからこの言葉が生まれたとされています。

いずれの説も、競馬の臨場感や躍動感と結びついていることがうかがえます。

騎手の計量方法

騎手の計量方法

「騎手の計量方法」

競馬の騎手はレース前に、体重を測定します。これは「計量」と呼ばれ、馬の負担公平化と安全性を確保するために重要です。騎手の体重は斤(きん)という単位で表され、1ポンドは約450グラムです。騎手の体重が決められた斤量より重いと、余った体重分を「おもり」として鞍に装着しなければなりません。逆に、不足している場合は、おもりを装着することなく出走できます。計量は公正に行われ、レース前に騎手は裸足で騎手服のみを着用して体重計に乗ります。

カンカンばの役割

カンカンばの役割

カンカンばの役割は、主に3つあります。まず、出走馬の識別です。カンカンばには個々の馬を特定するための番号が記載されており、レース中に馬が識別しやすくなります。

次に、騎手の確認です。騎手のゼッケン番号がカンカンばに記載されており、騎手と馬の対応関係を把握することができます。

最後に、馬券の的中確認です。レース終了後、掲示板などにカンカンばが掲示され、的中した馬を確認できます。これにより、馬券の払い戻しをスムーズに行うことができます。

由来と歴史

由来と歴史

競馬用語の「カンカンば」は、その独特の響きから競馬場ではおなじみの言葉です。その由来は古く、江戸時代まで遡ります。

当時は、馬の調教を指示する際、鞭を「カンカン」と打ち鳴らしていました。この音が転じて、「馬を走らせる」という動作を意味する「カンカンば」という言葉が生まれたと言われています。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競馬
タイトルとURLをコピーしました