指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

障害競走のルーツと発展

障害競走のルーツと発展

ギャンブル初心者

競馬の用語『障害競走』について教えてください。

ギャンブル研究家

障害競走とは、コース中に設置された障害物を越えていかに早くゴールに到達するかを競うレースのことだよ。

ギャンブル初心者

障害物にはどんなものがあるんですか?

ギャンブル研究家

竹柵、生籬、水濠、土塁などがあるよ。

障害競走とは。

競馬における「障害競走」とは、コース上に設置されたさまざまな障害物を飛び越え、ゴールタイムを競うレースです。障害物には、竹柵、生け垣、水濠、土塁などが含まれます。

障害競走の起源は、チューダー朝時代の雁狩りと、ジェームズ1世時代の狩猟競技に遡ります。記録に残る最古のレースは、1725年にアイルランドで開催されました。

1839年に創設されたグランド・ナショナル障害競走(イギリス・エイントリー競馬場)は、現在では世界で最も権威と難易度を誇るレースとして知られています。

日本でも、グランド・ナショナル障害競走を参考にして、1934年に中山大障害競走が創設されました。これは、当時の中山競馬倶楽部理事長の肥田金一郎氏が、東京競馬倶楽部の東京優駿大競走(現在の東京優駿、日本ダービー)に対抗する大レースを中山競馬場に創設したいという意向のもと、障害専用の起伏に富んだコースを約2年の歳月をかけて造成したものです。

現在、中央競馬では、札幌と函館を除く8つの競馬場で障害レースが行われています。中山、東京、京都、阪神の4つの競馬場では、春と秋にそれぞれ2回、小倉と新潟では夏に1回ずつ、合計10回の重賞レースが開催されています。

障害競走の起源

障害競走の起源

障害競走の起源は、はっきりとはわかっていませんが、古代の軍事訓練や実戦から派生したと考えられています。紀元前1500年頃に書かれたインドの叙事詩「マハーバーラタ」には、戦車レースで障害物を飛び越える様子が描かれており、これが障害競走の初期の形とされています。その後、中世ヨーロッパでは、騎士たちが馬で走るトーナメントで、障害物を飛び越える競技が行われていました。これが、障害競走の近代的な起源となったと考えられています。

グランド・ナショナル障害競走誕生

グランド・ナショナル障害競走誕生

障害競走の起源は、古代アイルランドまで遡り、家畜を盗賊から守るために農場を囲む生垣を飛び越える練習から始まりました。18世紀後半には、騎手の賭けから「障害競走」が発展しました。

1836年、グランド・ナショナル障害競走がイギリスのリバプール近郊のアイントリー競馬場で初めて開催されました。このレースは、4マイル2ハロン(約7,200メートル)のコースに30以上の障害物が設置され、障害競走の権威あるイベントとして確固たる地位を確立しています。

中山大障害競走の創設

中山大障害競走の創設

中山大障害競走の創設

障害競走が日本で誕生したのは、1914(大正3)年。池袋競馬場で「障碍飛越競走」として実施されました。しかし、この当時はまだ距離が短く、障害の種類も3つのみとシンプルなものでした。

本格的な障害競走が確立したのは、1934(昭和9)年、中山競馬場で「中山大障害競走」が創設されたときです。このレースでは、障害の数や種類が大幅に増加し、距離も4100メートルと延長されました。中山大障害競走は、それまでの障害競走とは一線を画す、本格的な障害競走となりました。

中央競馬における障害レース

中央競馬における障害レース

中央競馬における障害レースの歴史は古く、1898年(明治31年)に東京競馬場で行われた第1回日本ダービーの際、障害競走が組み込まれたことが起源とされています。その後、障害レースは徐々に人気を集め、1924年(大正13年)には障害専門の馬場である中山競馬場の大障害コースが開設されました。

中山競馬場の障害コースは、障害物の種類や高さが豊富で難易度の高いコースとして知られています。レースは主に秋から春にかけて開催されており、グリフィス記念や中山大障害といった伝統的なレースが有名です。

障害競走には、障害物を飛越する技術に加えて、馬の気性や体力も求められます。そのため、障害競走で活躍する馬は特別な訓練と経験が必要になります。

重賞レースについて

重賞レースについて

重賞レースとは、障害競走の中でも特に価値の高いレースのことです。これらのレースは通常、高額な賞金やトロフィーが授与され、賞金ランキングや種牡馬価値にも大きな影響を与えます。

日本の障害競走で最初の重賞レースは、1966年に創設された中山グランドジャンプでした。このレースの創設により、日本の障害競走は国際的な注目を集め、世界屈指の障害競走国へと成長しました。

重賞レースは、障害競走のレベルを向上させるためにも重要な役割を果たしています。これらのレースには、日本全国から優秀な馬が集まり、競走馬の質の向上に貢献しています。また、賞金総額が高いことで、馬主や調教師が優秀な障害馬を育成するインセンティブにもなっています。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競馬
タイトルとURLをコピーしました