指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競輪の祭典「朝日新聞社杯競輪祭」

競輪の祭典「朝日新聞社杯競輪祭」

ギャンブル初心者

『朝日新聞社杯競輪祭』ってどういう意味ですか?

ギャンブル研究家

それは競輪の創設を記念した大会で、以前は『小倉競輪祭』と呼ばれていました。2002年から朝日新聞社から社杯が授与されるようになり、名称が変更されました。

ギャンブル初心者

開催場所はどこですか?

ギャンブル研究家

競輪発祥の地である小倉競輪場でしたが、今はその施設である北九州メディアドームで開催されています。

朝日新聞社杯競輪祭とは。

競輪の世界で「朝日新聞社杯競輪祭」と呼ばれる大会があります。これはGI競走の一つで、競輪の創始を記念して開催されています。「小倉競輪祭」と呼ばれることもあります。2002年に朝日新聞社から優勝杯が贈られるようになり、大会名が「朝日新聞社杯競輪祭」と改められました。

競輪発祥の地である小倉競輪場は、現在は1998年に開場した北九州メディアドームの中にあります。北九州メディアドームは競輪だけでなく、コンサートやスポーツ、文化イベントなど多様な用途に対応した複合施設です。

競輪にはグレード制という格付けがあり、最も上位のグレードがGP(KEIRINグランプリ)です。賞金総額が競輪界最高で、S級S班の9名が争います。その下のグレードは、S級トップ選手が出場するGⅠ、GⅠ出場権をかけたS級選手が出場するGⅡ、さらにGⅢ、FⅠ、FⅡなどが続きます。

競輪創設を記念した大会

競輪創設を記念した大会

「競輪の祭典「朝日新聞社杯競輪祭」」の下に設けられた「競輪創設を記念した大会」は、競輪の創設を記念して開催される大会であることを簡潔に示しています。この大会は、競輪の起源を顧み、その歴史と発展を称える重要な機会となっています。

小倉競輪場から北九州メディアドームへ

小倉競輪場から北九州メディアドームへ

競輪の祭典「朝日新聞社杯競輪祭」の歴史において、小倉競輪場から北九州メディアドームへの移転は重要な節目となった。小倉競輪場は長年、この格式高いレースの舞台として親しまれてきたが、2014年の大会をもってその歴史に幕を閉じた。

その翌年、会場は北九州メディアドームへと移転した。北九州メディアドームは、多目的アリーナとして知られる、より近代的で充実した施設だ。屋内バンクを備えているため、天候に左右されない快適なレース観戦が可能になった。また、座席数も大幅に増加し、多くのファンがレースを楽しむことができるようになった。この移転により、「朝日新聞社杯競輪祭」はさらに規模と質を向上させ、競輪界における新たなランドマークとなった。

競輪のグレード制と競争格付け

競輪のグレード制と競争格付け

競輪のグレード制とは、競輪レースの格付け制度のことだ。最高位はS級で、その下にA級、B級、C級と続く。S級は全国のトップクラスの選手が集まっているので、レベルの高いレースが展開される。

一方、競争格付けは、選手の能力に応じてレースに出場する枠順を決める制度である。格付けはS班からF班まであり、S班は最高クラスの選手が所属する。競争格付けは、選手の直近の成績や実績を考慮して決定される。上位格付けの選手ほど内の枠順からスタートすることができ、有利にレースを進めることができる。

最高峰のGP(KEIRINグランプリ)

最高峰のGP(KEIRINグランプリ)

「競輪の祭典『朝日新聞社杯競輪祭』」のなかでも、ひときわ注目されるのが「最高峰のGP(KEIRINグランプリ)」です。このレースは、年間を通じて行われる競輪の主要レースの成績を競うもので、上位9人のみが参加資格を持つ、まさに競輪界のチャンピオンシップ。優勝者には、最高峰の栄誉を象徴する「黄金ヘルメット」が授与されます。激戦を繰り広げるトップ選手たちの熱き走りに、毎年多くのファンが酔いしれています。

GIからFⅡまでの競走区分

GIからFⅡまでの競走区分

朝日新聞社杯競輪祭は、競輪界最高峰のGIレースから、若手選手が活躍するFⅡレースまで、幅広い競走区分で開催されている。GIレースは、優勝賞金が1億円を超える競輪界最大の大会で、開催地は毎年異なる。一方、FⅡレースは、新人や若手選手が経験を積む場として位置付けられ、優勝賞金は約1000万円である。この他にも、GII、GIII、FIなどの競走区分があり、各レースのレベルや賞金に応じた選手が出場している。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競輪
タイトルとURLをコピーしました