指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競輪のライン戦術

競輪のライン戦術

ギャンブル初心者

先生、競輪の『競り』とはどういう意味ですか?

ギャンブル研究家

競りとは、レース序盤において、他力選手がマークできそうな自力選手と同ラインでない場合またはラインを組まない場合、他のラインの先頭の後ろの位置を横取りしようと仕掛けることを言います。

ギャンブル初心者

つまり、自力選手にマークをつけられず、別のラインの先頭の後ろに位置取りすることを狙う行動ですか?

ギャンブル研究家

そうです。競りによって、他力選手はゴール前の勝負に向けて有利な位置を確保しようとしているのです。

施工者とは。

競輪では、個人戦ながら、レースを有利に進めるため、同じ連携チームの選手同士が周回時に協力して走ることがあります。この協力体制を「ライン」と呼びます。

一般的なラインの編成としては、先頭で空気抵抗を受けながら走る「先行選手」と、その後ろに付いて体力温存を図る「待機選手」がタッグを組んでレースを展開します。

先行選手は「先行」や「逃げ」などと呼ばれ、最終周回では激しいトップ争いを繰り広げます。待機選手は「追い込み」とも表現され、特定の先行選手をマークして好位置をキープし、ゴール手前の直線で勝負をかけることが多いです。

レース序盤で、待機選手がマークする先行選手が同ラインにいない場合やラインを組まない場合、他のラインの先頭の後ろの位置を奪い取ろうとする行為を「競り」と呼んでいます。

ラインとは何か

ラインとは何か

競輪では、ライン戦術と呼ばれる、複数の選手が協力してレースを戦う戦略があります。その中で重要な役割を果たすのがラインです。ラインとは、同じチームや地区の選手が、レース中に隊列を組んで走行するグループのことです。先頭の選手が風よけとなって後続の選手をサポートし、集団で走行することで空気抵抗を軽減し、体力を温存できます。また、ラインを組むことで、集団内で連携した作戦を実行したり、他チームの攻撃に対抗したりすることができます。ライン戦術では、ラインを維持し、協力して戦うことが勝利への重要な要素となります。

ラインの役割

ラインの役割

ライン戦術において、各ラインは明確な役割を持っています。先頭集団の選手は、集団を引っ張ってペースを作り、後方を走る選手を守る役割を果たします。これを「番手」と呼びます。

番手の後ろに続く選手は、先頭集団に追従しつつ、番手の選手を援護する役割を担います。これを「3番手」と呼びます。3番手は、番手を守ったり、ペース変化に対応したりします。

さらに、ラインの最前列には「自力選手」がいて、自らの力で上位を目指す選手です。自力選手は、先頭集団を形成したり、果敢な先行でレースを展開したりします。

これらの役割分担により、ラインは統制がとれ、効率的なレース展開が可能になります。各選手が自分の役割を理解し、連携することで、ライン全体の総合力を発揮できるのです。

自力選手と他力選手

自力選手と他力選手

-自力選手と他力選手-

競輪では、選手たちが「ライン」と呼ばれるグループを形成してレース戦略を組み立てます。ラインを構成する自力選手は、十分な脚力と戦術眼を兼ね備え、他の選手を従えて先頭を牽引していく役割を担います。一方、他力選手は、自力選手に先行を任せつつ、レースの後半で仕掛けて上の順位を狙います。

自力選手は、持ち前のスピードとスタミナで集団から抜け出して中団や先頭へ進出。その後、隊列を組んだ他力選手を引き連れながらレースをコントロールします。他力選手は、自力選手が牽引するラインに追従してエネルギーを温存し、最終周回でスプリント勝負に持ち込むことを狙います。つまり、競輪のライン戦術では、自力選手がレースを主導し、他力選手がそれを利用して上位入賞を目指すという役割分担がなされています。

最終周回の攻防

最終周回の攻防

最終周回の攻防では、各チームは残り3周で隊列を整え、位置取り争いが激化します。ラインを組んだ選手たちは、先行する選手を風よけにして体力を温存し、タイミングよく攻撃を仕掛けます。先行選手を捉えるために、後方からの捲りや追い込みが繰り広げられ、熾烈なバトルが展開されます。相手ラインへの切り込みや、味方選手へのアシストも重要なポイントとなり、チームワークが試されます。

競りの駆け引き

競りの駆け引き

競輪では、ラインを組む戦術が醍醐味の一つです。ラインを組んだ選手たちは、団子状態となり、集団の前後左右を囲みます。この時、展開されるのが競りの駆け引きです。

先頭を走る選手は風を受け、空気抵抗が大きくなります。そのため、他の選手は先頭に飛び出さないよう、競り合いによってけん制します。また、集団の後方では、前の選手が風にさらされるのを避け、タイミングを見計らって前に進もうとします。選手同士が風の恩恵を奪い合うような、駆け引きが繰り広げられます。この競りが、レース展開を左右し、見ごたえのあるレースを演出します。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競輪
タイトルとURLをコピーしました