指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競輪のライン構成を知る

競輪のライン構成を知る

ギャンブル初心者

『先行一車』とはどういう意味ですか?

ギャンブル研究家

先行一車がグループの並んだ形態『ライン』において、先行する選手が1人しかいない状態を指します。

ギャンブル初心者

ということは、ラインが1台しかないということですか?

ギャンブル研究家

はい、その通りです。通常、ラインは複数人で構成されますが、『先行一車』の場合には例外的に1人だけになります。

先行一車とは。

競輪では、レースは最終的には個人戦となりますが、序盤は選手が有利にレースを進めるためにグループを形成します。このグループを「ライン」と呼びます。

ラインの並び方として、先行する選手が1人だけの場合があります。これを「先行一車」または「逃げイチ」と呼びます。また、3人ずつ、あるいは4人、3人、2人という構成のラインは「3分戦」、5人、4人のように長いラインの場合は「2分戦」と呼ばれます。

さらに、3人、2人、2人、2人というように、4分戦以上のラインが構成されると「コマ切れ」と表現します。先行選手は風の抵抗を直接受けるためスタミナが消耗しやすいというデメリットがありますが、一方でレースを主導できるというメリットがあります。

競輪のラインとは

競輪のラインとは

競輪のラインとは、複数の選手が協力してレースを有利に進めるために形成するグループのことです。ラインは3~5人の選手で構成され、チームメイトが互いにカバーして前方を確保したり、空気抵抗を減らしたり、最終スプリントで協力したりします。

先行一車(逃げイチ)

先行一車(逃げイチ)

先行一車(逃げイチ)」とは、他の選手をリードしてレースの最前線を走る選手のことであり、レース展開に大きく影響します。この選手は高い走力と持久力を備えており、集団から飛び出してペースをコントロールします。先行一車は自分のペースを守ることだけでなく、ライバルの追走を牽制する役割も担います。レースの展開によっては、先頭でゴールまで逃げ切ることも可能です。逃げイチが成功すれば、他の選手を圧倒して勝利することができ、高配当が期待できます。ただし、一人で先頭を走るため、風や追走からのプレッシャーに晒されやすく、リスクも伴います。

3分戦と2分戦

3分戦と2分戦

競輪レースにおけるライン構成の基本として欠かせないのが、「3分戦」と「2分戦」の理解です。

3分戦とは、9人の選手のうち、3人が同じチームで固まって走行するフォーメーションのことです。この3選手がチームの戦略に基づき、一丸となって上位入賞を目指します。一方、2分戦は、2人の選手がチームを組むフォーメーションで、3分戦より人数が少ないため、先頭に立つ選手の負担が大きく、最終的な勝敗を左右する重要な役割を担います。

コマ切れ

コマ切れ

コマ切れは、ライン構成の中でも特に小規模なものです。2~3名の選手がチームを組んで戦いますが、単騎の選手とほぼ同等の力関係になります。そのため、選手個人の能力が勝負の鍵となり、ラインとしての連携はあまり期待できません。しかし、コマ切れが2つ以上あれば、互いに協力して戦術を組み立てやすくなります。

先行選手の利点と欠点

先行選手の利点と欠点

先行選手とは、レースで集団の先頭を走る選手のことで、ラインの最も前方に位置します。先行選手には、いくつかの利点と欠点があります。

利点としては、自らのペースでレースを組み立てられる点が挙げられます。先行選手は風よけとなり、後ろを走る選手をアシストできるため、有利な展開を作り出すことができます。また、先行ポイントを獲得できる可能性が高いです。先行ポイントとは、レースで先頭を走った選手に与えられるポイントで、賞金の増額や上位グレードのレースへの出場権獲得に役立ちます。

一方で、先行選手には欠点もあります。最も大きな欠点は、大きな負担がかかる点です。先頭を走るためには、常に強い風圧を受けながらペダルを踏む必要があり、体力的な消耗が激しいです。また、落車のリスクが高いです。集団の先頭は危険が多く、他の選手との接触や転倒の可能性が高くなります。そのため、先行選手は高い技術と判断力が求められます。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競輪
タイトルとURLをコピーしました