指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競艇のハイドロプレーン:水面を滑走するボートの秘密

競艇のハイドロプレーン:水面を滑走するボートの秘密

ギャンブル初心者

ハイドロプレーンってなんですか?

ギャンブル研究家

ハイドロプレーンは、船底が平らで水面を滑走して航行するボートのタイプです。

ギャンブル初心者

えーと、つまり飛行機みたいに水面を飛ぶんですか?

ギャンブル研究家

いいえ、完全に飛ぶわけではありません。水面を滑走するのです。船底が平らで、水の抵抗が少なくなる設計になっています。

ハイドロプレーンとは。

競艇では、「ハイドロプレーン」と呼ばれるボートが使用されています。このボートは船底が平らになっており、水面を滑走しながら走行します。現在、レースで用いられているボートはすべてハイドロプレーンタイプです。

ハイドロプレーンの構造と仕組み

ハイドロプレーンの構造と仕組み

ハイドロプレーンの構造と仕組み

競艇のハイドロプレーンは、特徴的な構造と仕組みによって水面を高速で滑走します。船体は「ハル」と呼ばれ、船底の中央部は空洞になっています。この空洞には「ステップ」と呼ばれる段差があり、このステップが水面と接触することで、「プレーニング」と呼ばれる浮上現象が発生します。

ステップが水面を捉えると、揚力が発生し、ハルが水面から持ち上がります。この揚力は、船体の速度が上がるほど大きくなり、ハイドロプレーンは水面を滑るように走行できるようになります。船尾には「プロペラ」が取り付けられており、これが推進力を発生してハイドロプレーンを前に進めます。また、舵によって方向を制御することができます。

ハイドロプレーンの歴史と進化

ハイドロプレーンの歴史と進化

-ハイドロプレーンの歴史と進化-

競艇の魅了の一つが、水面を疾走するハイドロプレーンと呼ばれるボートの存在です。この特殊なボートの起源は、19世紀末まで遡ります。当時、ボートの速度向上を図るために、船体の底に補助的な浮揚板を取り付ける試みが開始されました。

1905年、イタリアのエンジニア、エンリコ・フォルラニニは、空気を取り込んで浮揚する「水上飛行機」を開発しました。これがハイドロプレーンの先駆けとされています。その後、1920年代には、水上飛行機の技術が競艇に応用され、ハイドロプレーンが誕生しました。

初期のハイドロプレーンは、単純な構造のものでしたが、技術の進歩とともに次第に改良されました。船体や浮揚板の形状の最適化軽量化エンジンの出力の向上など、各メーカーが激しい開発競争を繰り広げました。その結果、速度が向上し、安全性も高まりました。

現代のハイドロプレーンは、時速100kmを超える高速でレースを行います。カーボンファイバーなどの軽量素材を使用した流線型の船体、高い揚力を発生させる高度な浮揚板、そして強力なアウトボードエンジンを備えています。このような技術の進歩により、ハイドロプレーンは競艇の象徴的な存在となり、観客を魅了し続けています。

ハイドロプレーンの利点と欠点

ハイドロプレーンの利点と欠点

-ハイドロプレーンの利点と欠点-

競艇のハイドロプレーンは、高速性と操縦性に優れたボートです。この特殊な設計により、水面上を滑走することができ、摩擦を減らして速度を向上させます。しかし、ハイドロプレーンには利点と欠点の両方が存在します。

このボートの主な利点は、その驚異的な速度です。ハイドロプレーンは、従来の船舶よりもはるかに低い抵抗に直面するため、より高速に航行できます。また、水面を滑走することで操縦性も向上し、旋回や急旋回が容易になります。これにより、競艇のレースでよりエキサイティングで戦略的なレースが可能になります。

一方で、ハイドロプレーンには欠点もあります。最も大きな欠点は、その不安定性です。ボートが水上で十分な速度に達していない場合、または急激な方向転換を行うと、ハイドロプレーンは簡単に転覆する可能性があります。また、ハイドロプレーンは浅い水域や荒れた海には適しておらず、航行に適した条件が限られます。

ハイドロプレーンと他のボートタイプの比較

ハイドロプレーンと他のボートタイプの比較

-ハイドロプレーンと他のボートタイプの比較-

ハイドロプレーンは、他のボートタイプとは一線を画しています。他のボートは通常、水に浮きますが、ハイドロプレーンは特殊な設計により、特定の速度に達すると水が持ち上げて水面を滑走するように作られています。この滑走動作は、抵抗を大幅に減らし、ハイドロプレーンに驚異的なスピードと効率をもたらします。

一般的なボートは、水の抵抗に対して機能しますが、ハイドロプレーンは逆に水の揚力を利用します。船体底面の特殊な形状により、ハイドロプレーンが速度を上げると、水流が船体の下に吸い込まれ、前後に圧力差が生じます。この圧力差がハイドロプレーンを水面上に持ち上げます。

ハイドロプレーンレースのルールと規定

ハイドロプレーンレースのルールと規定

-ハイドロプレーンレースのルールと規定-

競艇のハイドロプレーンレースでは、厳格なルールと規定が適用されています。レースは複数のヒートで行われ、各ヒートで勝者が決定されます。優勝者は、すべてのヒートで最高ポイントを獲得したボートです。

レースには、コース上を一周するラップタイムを競うタイムトライアルと、複数のボートが同時にレースを行う総当たり方式の2つのタイプがあります。タイムトライアルでは、最速のラップタイムを出したボートが勝者となります。総当たり方式では、最も多くのポイントを獲得したボートが勝者となります。

ボートは、厳格な技術規則に従って建造する必要があります。船体は軽量でかつ耐久性があり、ハイドロフォイルと呼ばれる特殊な翼を装備しています。ハイドロフォイルは、ボートが特定の速度に達すると水面から持ち上げ、抵抗を減らして高い速度を可能にします。

レースでは、セーフティボートがコースの安全確保と緊急事態への対応のために待機しています。また、ルールの遵守を確保するためのレフェリーがいます。レース中に違反行為が発生した場合は、失格やペナルティが課せられます。この厳しいルールと規定により、競艇のハイドロプレーンレースでは公平でスリリングな競技が展開されています。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競艇
タイトルとURLをコピーしました