指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競艇用語「ミニボートピア」の概要

競艇用語「ミニボートピア」の概要

ギャンブル初心者

先生、『ミニボートピア』ってどういう意味ですか?

ギャンブル研究家

『ミニボートピア』は、場外発売場の1種類だよ。窓口数が15程度以下の小さな発売場のことなんだ。

ギャンブル初心者

なるほど、規模が小さい発売場なんですね。

ギャンブル研究家

そうだよ。主要な場外発売場に比べて規模が小さく、設置されている窓口数も限られているんだ。

ミニボートピアとは。

競艇場外発売場と呼ばれる施設のうち、窓口の数が15程度以下の小規模な施設を「ミニボートピア」と呼んでいます。

ミニボートピアとは

ミニボートピアとは

ミニボートピアとは、地方競馬を運営する地方自治体や第三セクターによって設置・運営される、競艇以外の公営競技の発売や投票券の払い戻しを行う施設のことです。実際の競艇レースは開催されず、モニター画面で競艇中継を視聴しながら投票することができます。

ミニボートピアの特徴

ミニボートピアの特徴

ミニボートピアの特徴として、まず挙げられるのが手軽さです。競艇を気軽に楽しめるよう、多くのミニボートピアは主要駅や商業施設に設置されており、アクセスが良好です。また、低料金でレースに参加できるのも特徴です。通常、1レースあたりの最低購入金額は100円と低く設定されており、気軽に楽しむことができます。さらに、ミニボートピアでは専門的な知識がなくても簡単にレースを楽しむことができます。初心者でもわかりやすい情報が提供されており、初心者でもすぐにレースに没頭できます。

ミニボートピアのメリット

ミニボートピアのメリット

-ミニボートピアのメリット-

ミニボートピアの最大のメリットは、競艇をより身近に楽しめる点にあります。従来の競艇場は広大な敷地を必要としますが、ミニボートピアは商業施設やショッピングセンターなど、都市部や地方の中心部に気軽に設置することができます。そのため、仕事や買い物ついでに競艇を楽しむことができ、ファン層の拡大に貢献しています。

また、ミニボートピアは小規模ながら本格的な競艇施設を備えていることも特徴です。多様なレースに対応したモニターや投票機が設置されており、迫力あるレース観戦と臨場感溢れる投票が楽しめます。さらに、一部のミニボートピアではライブ中継も行っており、最新情報をリアルタイムで入手できます。

ミニボートピアのデメリット

ミニボートピアのデメリット

ミニボートピアのデメリットとしては、まず来場のしにくさが挙げられます。一般的にミニボートピアは駅やターミナルから離れた郊外に立地していることが多く、自家用車での来場が前提となっています。そのため、公共交通機関を利用する場合は、不便な思いをするかもしれません。

また、ミニボートピアはメインのボートレース場よりも座席数が少ないため、特に開催期間中の週末や連休には混雑が予想されます。そのため、快適な観戦環境を求める方には不向きかもしれません。さらに、ミニボートピアでは開催レース数が限られているため、舟券の購入機会が少なくなります。メインのボートレース場と比べると、舟券の購入単価も安くなる傾向があります。

ミニボートピアの利用方法

ミニボートピアの利用方法

ミニボートピアの利用方法では、この手軽なギャンブルを楽しむためのステップバイステップガイドをご紹介します。まず、最寄りのミニボートピアに出向き、投票券売り場を目指します。ここでは、さまざまな種類の投票券を購入できます。各レースの予想配当金を含むレース情報を入手できる場内番組を確認しましょう。

次に、予想したレースと買い目を投票用紙に記入します。記入したら、投票券売り場または自動投票機で投票券を購入します。投票券にはレース番号と買い目が記載されており、金額を入力して購入します。購入が完了すると、投票券の控えを受け取りますので、大切に保管してください。

レースが開始されたら、大型モニターで観戦します。予想が的中すれば、投票券売り場または自動支払機で配当を受け取ることができます。投票券の控えば必ず必要となるので、なくさないように注意しましょう。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競艇
タイトルとURLをコピーしました