指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

ポーカー用語『Door Card』の徹底解説

ポーカー用語『Door Card』の徹底解説

ギャンブル初心者

Excuse me, Mr./Ms. Teacher. What does ‘Door Card’ mean in poker?

ギャンブル研究家

In seven-card stud, a door card is the first card dealt face up to each player.

ギャンブル初心者

So, it’s the first card we see before betting?

ギャンブル研究家

Exactly. The door card is the initial card that gives players their first indication of their hand strength.

Door Cardとは。

ポーカーの用語「ドアカード」は、セブンカードスタッドというゲームにおいて、最初に各プレイヤーに表向きで配られるカードのことです。

Door Cardとは?

Door Cardとは?

「ポーカー用語『Door Card』の徹底解説」

「Door Cardとは?」

ポーカーにおける「Door Card」とは、コミュニティカードとして最初に公開されるカードのことです。ドアカードは、プレイヤーが自分のハンドの強さを評価し、戦略を練る上で重要な手がかりとなります。合計5枚のコミュニティカードが順次公開されますが、ドアカードはその最初の1枚です。

セブンカードスタッドにおけるDoor Cardの役割

セブンカードスタッドにおけるDoor Cardの役割

セブンカードスタッドにおけるDoor Cardの役割

セブンカードスタッドでは、Door Cardは追加のカードとして扱われます。各プレイヤーは、最初に2枚の手札 (ダウンカード) を受け取り、その後アップカード(Face Up Card)として1枚のDoor Cardを受け取ります。このDoor Cardは、前半のベットラウンドを開始します。

その後、プレイヤーは交互に ytterligare3枚のアップカードを受け取ります。各ベットラウンドの最初に、プレイヤーはDoor Cardを含む手札から最高の5枚のカードを使用して役を作ろうとします。Door Cardは、他のカードと組み合わせることでより強い役を作ったり、相手の手札をブロックしたりするのに役立ちます。

ただし、Door Cardはプレイヤーにとって弱みとなることもあります。相手プレイヤーが強いドアカードを持っている場合は、自分の手札を弱く見せる可能性があります。そのため、プレイヤーはDoor Cardを慎重に扱い、自分の手札との関係性を考慮したベット戦略を立てることが重要です。

Door Cardの活用法

Door Cardの活用法

-Door Cardの活用法-

Door Cardは、プレイヤーの戦略に重要な役割を果たします。相手のハンドの強さのヒントを得るために使用できます。たとえば、AceまたはKingなどの強いカードがDoor Cardとして現れた場合、相手が強いハンドを持っている可能性が高くなります。Door Cardは、ブラフセミブラフの機会を見極めるのにも役立ちます。相手のDoor Cardが弱く、こちらのDoor Cardが強い場合、ブラフをかける絶好のチャンスかもしれません。

Door Cardに関する戦略

Door Cardに関する戦略

-Door Cardに関する戦略-

ポーカーにおいて、ドアカードはゲームの戦略にとって重要な役割を果たします。ドアカードとは、プレイヤーが配られたハンドの最初の3枚のカードです。ドアカードは、プレイヤーが手札の強さを評価し、適切な戦略を立てるために使用します。

ドアカードが強い場合は、プレイヤーはアグレッシブにプレイしてポットを増やそうとするでしょう。一方、ドアカードが弱い場合は、プレイヤーは慎重にプレイして損失を最小限に抑えるでしょう。たとえば、強いドアカードがあれば、プレイヤーはレイズやコールをする可能性が高くなります。一方、弱いドアカードがあれば、プレイヤーはフォールドやチェックをする可能性が高くなります。

また、ドアカードはプレイヤーのブラフの決定にも影響を与えます。ドアカードに強いカードが含まれている場合、プレイヤーはブラフをかける可能性が高くなります。逆に、ドアカードが弱い場合、プレイヤーはブラフをかける可能性が低くなります。ただし、ドアカードに関係なく、ブラフは慎重かつ適度に使用することが重要です。

Door Cardの例

Door Cardの例

Door Cardの例

実際のポーカーのゲームでは、Door Cardがどのように使用されるかを見てみましょう。例えば、テキサスホールデムのゲームでは、各プレイヤーは2枚のカード(ホールカード)を裏向きに配られます。その後、ボードにコミュニティカードとして5枚のカードが表向きに配られます。最初に出る3枚のボードカードは「フロップ」と呼ばれ、この3枚のうち2枚が「Door Card」として扱われます。

プレイヤーは自分のホールカードとDoor Cardを組み合わせて、最も強い5枚の組み合わせ(ハンド)を作ろうとします。Door Cardは、プレイヤーが自分のハンドの強さを判断し、戦略的なベットやレイズを行うのに役立ちます。例えば、フロップで組んだハンドがDoor Cardと組み合わせた場合に強いハンドになる可能性がある場合、プレイヤーはより積極的にベットするかもしれません。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

ポーカー
タイトルとURLをコピーしました