指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

ポーカーの用語『Go(togo)』の徹底解説

ポーカーの用語『Go(togo)』の徹底解説

ギャンブル初心者

「Go(togoを見よ。)」ってどういう意味ですか?

ギャンブル研究家

「Go(togoを見よ。)」は、ポーカーの用語で、次のアクションを伝える合図のことです。

ギャンブル初心者

合図ですか?

ギャンブル研究家

はい。プレイヤーが、コール、レイズ、フォールドなどのアクションを宣言する前に、「Go(togoを見よ。)」と言って、対戦相手に次のアクションに移るよう合図を送ることができます。

Goとは。

ポーカー用語「ゴー」は、「togo(トゥゴー)」の略語です。

『Go(togo)』とは何か

『Go(togo)』とは何か

ポーカー用語『Go(togo)』とは、ベットまたはポットの呼びに同額を賭けることを意味します。つまり、すでにポットにある金額に自分のチップを同額追加します。これは、相手プレイヤーのベットに対して自分の手札に自信がある場合に行われます。Goは、相手のベットにコールするよりも攻撃的なアクションと見なされます。なぜなら、相手プレイヤーがフォールドしない限り、ポットがより大きくなり、相手の手札が強ければ負けるリスクが高まるからです。」

『Go(togo)』の起源と歴史

『Go(togo)』の起源と歴史

「Go(togo)」の起源と歴史

ポーカー用語「Go」は、その起源が古く、様々な説が唱えられています。有力な説の一つは、19世紀初頭のアメリカで、馬車の馭者が「Go ahead(先に進め)」と叫ぶのが由来だというもの。ポーカーのプレイヤーは、この掛け声が対戦相手に手札を放棄させるのに使われるようになったと言われています。

一方で、別の説では、「Go」はフランス語の「Je vous vais(私はあなたにいきます)」が変化したものだとしています。このフレーズは、ポーカーのデュエル形式で、対戦相手に自分の順番が来たことを伝えるために使われていたと考えられています。

いずれの説も信憑性はありますが、正確な起源については依然として謎に包まれています。「Go」という用語は、ポーカーの長い歴史の中で進化を遂げ、現在の意味である「フォールドする」を持つに至っています。

『Go(togo)』の戦略的用途

『Go(togo)』の戦略的用途

『Go(togo)』の戦略的用途

「Go(togo)」は単なるゲームオーバーではなく、戦略的な意味合いも持ち合わせています。プレイヤーは「Go(togo)」を以下のような場面で戦略的に使用できます。

* блеф(ブラフ) プレイヤーは通常よりも強いハンドを持っておらず、ブルートフォースで他のプレイヤーをフォールドさせるために「Go(togo)」と宣言します。
* 昇格 プレイヤーは、自分が良いハンドを持っていると信じていますが、他のプレイヤーに自分の強さを示さないために「Go(togo)」と宣言します。この作戦により、プレイヤーは後で大幅な賞金を獲得する機会を得ることができます。
* ポットコントロール プレイヤーは、ポットのサイズを制限するため、「Go(togo)」と宣言します。これにより、プレイヤーは賭けをコントロールし、損失を最小限に抑えることができます。

『Go(togo)』のリスクと報酬

『Go(togo)』のリスクと報酬

-『Go(togo)』のリスクと報酬-

ポーカーでは、『Go』とは、ポットの残額または自分のスタックをすべて賭けることを意味します。これは、勝てば大きなリターンが得られる可能性がある非常に攻撃的なプレーですが、リスクも伴います。

-リスク-

* -負けた場合、すべての投資を失う可能性が高い。-
* -ポジションが悪く、相手の方が強い手を持っている可能性がある。-
* -相手がブラフをしている可能性があり、あなたはバリューを失うかもしれない。-

-報酬-

* -勝てば、ポット全体を獲得できる。-
* -相手をフォールドさせ、ポットの一部またはすべてを失わせることができる。-
* -スタックが増え、その後のゲームでより有利になるかもしれない。-

『Go』は、高いスキルと判断力を必要とするプレースタイルです。適切な状況で、慎重に計画して実行すれば、大きな報酬を得ることができます。ただし、リスクを認識し、負けられる額しか賭けないことが不可欠です。

『Go(togo)』の例

『Go(togo)』の例

『Go(togo)』の例

ポーカーでは、「Go(togo)」という用語はさまざまな状況で使用できます。最も一般的な例は、プレーヤーがベットせずにフォールドする場合です。この場合、「Go」はフォールドを意味し、「Togo」はベットなしを表します。たとえば、「トムはゴートゥゴーした」と言えば、トムはベットせずフォールドしたことを意味します。

「Go(togo)」は、プレーヤーが自分の番が来たことを示すためにも使用できます。この場合、「Go」は自分の番であることを意味し、「Togo」はベットしていないことを意味します。たとえば、「トムはゴートゥゴーと言った」と言えば、トムが自分の番でまだベットしていないことを意味します。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

ポーカー
タイトルとURLをコピーしました