指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

ポーカーテーブルの「フェルト」とは?用語解説

ポーカーテーブルの「フェルト」とは?用語解説

ギャンブル初心者

「Felt(フェルト)」ってどういう意味ですか?

ギャンブル研究家

ポーカーテーブルの表面のことです。フェルトでできていない場合でも、ポーカーテーブルの表面を指すのに「felt」という言葉を使うことが多いですよ。

ギャンブル初心者

なるほど。あと、「downtothefelt」ってどういう意味ですか?

ギャンブル研究家

すぐにチップがなくなってしまったプレーヤーのことです。

Feltとは。

ポーカー用語の「フェルト」とは、ポーカーテーブルの表面を指します。通常は文字通りフェルトで作られていますが、そうでない場合でも「フェルト」という用語が用いられます。

チップをすべて失ったプレイヤーを「ダウン・トゥ・フェルト」と表現します。これは、テーブル表面のフェルト上にチップがなくなった状態を表しています。

「フェルト」とは?

「フェルト」とは?

「フェルト」とは、ポーカーテーブルを覆う緑色の布のこと。フェルトの目的は多岐にわたる。まず、プレイヤーがカードを滑らせやすく、tableにカードを配るのを容易にする。また、テーブルの表面を保護し、損傷や汚れを防ぐ。さらに、フェルトの色(通常は緑色)は、長時間プレイしてもプレイヤーの目を保護し、疲れを軽減するために選ばれている。

フェルトを使用しないテーブルでも「フェルト」

フェルトを使用しないテーブルでも「フェルト」

一見矛盾しているように感じますが、フェルトを使用しないテーブルでも「フェルト」と呼ばれる場合があります。これは、長年の慣習によるもので、ポーカーテーブルの表面を指す「フェルト」という言葉が一般化してしまったためです。したがって、フェルト以外の素材(例えば木やプラスチックなど)が使用されていても、それらのテーブルも「フェルト」と呼ばれることが多いのです。

「ダウン・トゥ・ザ・フェルト」の意味

「ダウン・トゥ・ザ・フェルト」の意味

ポーカーの用語でよく耳にする「ダウン・トゥ・ザ・フェルト」とは、ポーカーゲームの最後のラウンドのことを指します。この段階では、すべてのプレイヤーがすべてのチップを賭けており、ポットに残っているチップをすべて獲得できます。緊張が高まり、手に汗握るドラマチックな場面です。

「フェルト」の由来

「フェルト」の由来

「フェルト」の由来

ポーカーテーブルの「フェルト」は、元々は繊維から作られた素材で、中世ヨーロッパのフェルト帽子がその起源です。この帽子の生地がカジノに持ち込まれ、テーブルの覆いとして使われるようになりました。当初は緑色でしたが、視認性を向上させるために、後に黒色に統一されました。1970年代以降、プラスチックやナイロンなどの合成素材もフェルトの代替品として使用されるようになりましたが、クラシックな緑や黒のフェルトが今でも広く使われています。

その他「フェルト」に関連する用語

その他「フェルト」に関連する用語

「フェルト」に関連する用語には、他にもいくつかあります。「フェルティング」は、フェルトを製作するプロセスであり、「フェルトカバー」はポーカーテーブルの上に敷かれるフェルト製のカバーのことです。また、「フェルトライン」は、ポーカーテーブルのフェルト上に記載されたラインで、ゲームの進行をガイドします。さらに、「フェルトチェンジ」とは、トーナメントやキャッシュゲームにおいて、数時間のプレイ後にテーブルのフェルトを交換することを指します。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

ポーカー
タイトルとURLをコピーしました