指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

ポーカーの用語解説→ Open-Ended Straightdraw

ポーカーの用語解説→ Open-Ended Straightdraw

ギャンブル初心者

質問を読んで、文法や単語が難しくて理解できません。

ギャンブル研究家

わかりました。では、もう少しかみ砕いて説明してみましょうか。

ギャンブル初心者

お願いします。

ギャンブル研究家

「Open-Ended Straight」は、4枚連続したカードを持っていて(ただし、そのうちの一枚がAではない)、その4枚目に連続したカードが加わるとストレートが完成することを意味しています。言い換えると、連続した4枚のカードのうち、一番上のカードまたは一番下のカードにカードが加わると、ストレートが完成するということです。

Open-Ended Straightとは。

ポーカー用語の「オープンエンドストレート」とは、ストレートが完成する可能性がある、連続する4枚のカード(ただし4枚ともエースではない)のことです。この4枚のカードの上にある1枚のカードや、下にある1枚のカードが追加された場合、ストレートが完成します。また、「ダブルベリーバスター」や「インサイドストレート」もオープンエンドストレートに含まれます。

オープンエンドストレートドローの定義

オープンエンドストレートドローの定義

オープンエンドストレートドローとは、ランニングカードのうち連続した4枚を持っており、両側に1枚カードを追加することでストレートが完成するハンドのことを指します。たとえば、6-7-8-9-10を持っている場合、5またはジャックを引けばストレートが完成します。

ダブルベリーバスターとインサイドストレート

ダブルベリーバスターとインサイドストレート

-ダブルベリーバスターとインサイドストレート-

ダブルベリーバスターとは、ストレートドローを形成する4枚のカードのうち2枚がベリー(2~6)であるものを指します。このようなストレートドローは、より大きなストレートを作る可能性が低いため、価値が下がります。

一方、インサイドストレートとは、ストレートドローを形成する5枚のカードのうち、2枚がストレートを形成しているものの、他の3枚がストレートの両側に位置するものです。インサイドストレートは、完成する確率がダブルベリーバスターよりも高いため、より価値があります。ただし、相手がより強いストレートを持っている可能性も考慮する必要があります。

オープンエンドストレートドローの強さ

オープンエンドストレートドローの強さ

オープンエンドストレートドローの強さは、その完成パターンによって大きく変わります。最も強いのは、ストレートが最も長くなるようなオープンエンドストレートドローです。例えば、A-2-3-4-5のストレートドローは、2つのエースを伴う最長のストレートに完成する可能性があります。

一方、最も弱いオープンエンドストレートドローは、ストレートが最も短くなるようなものです。例えば、5-6-7-8-9のストレートドローは、5と9のみに完成する可能性があります。一般に、ストレートに完成する可能性が高いオープンエンドストレートドローほど、強いと言えます。

オープンエンドストレートドローのプレイにおける注意点

オープンエンドストレートドローのプレイにおける注意点

オープンエンドストレートドローのプレイにおける注意点

オープンエンドストレートドローは、両端が不足しているものの、2枚のカードを追加することでストレートが完成するハンドです。このハンドは強力ですが、プレイには注意が必要です。以下の注意事項を守りましょう。

* -ポジションを意識する- オープンエンドストレートドローは、後手のポジションでプレイするのが有利です。前のプレイヤーがチップをたくさん持っている場合、リスクを冒して追いかけるべきではありません。
* -オッズに注意する- ストレートが完成する確率は、追加するカードの枚数によって変わります。1枚を引くことで完成する場合は、2枚を引くよりもオッズが良くなります。オッズを計算して、賢明な決断を下しましょう。
* -ブロックカードの存在を考慮する- 相手のハンドにすでにストレートを完成させているカード(ブロックカード)がある可能性があります。このような場合は、追いかけるのは危険です。
* -ポットオッズとインプライドオッズを比較する- ポットオッズとは、コールに必要なチップ数とポットのサイズの比率のことです。インプライドオッズとは、ストレートが完成したときに獲得できる見込みのチップ数のことです。両者のバランスを考慮して、プレイすべきかどうかを判断しましょう。

実例と戦略

実例と戦略

実例と戦略

オープンエンドストレートドローとは、エースまたはキングがそろっていない、5枚の連続したカードで構成される手札です。例えば、4、5、6、7、8の配列はオープンエンドストレートドローです。

このハンドの強みは、エースまたはキングを引くことでストレートを完成できることにあります。この場合、7つのアウトがありますが、ストレートを完成させるために必要なカードは2枚だけです。ただし、これらのアウトはすべてのプレイヤーに共通であることに注意してください。

戦略としては、可能な限り安くポジションを取ることが重要です。これにより、他のプレイヤーが降りて手札が強くなるまで、ポットに資金を投入することを避けられます。また、他のプレイヤーがチップをコールしている場合はレイズしましょう。これにより、それらのプレイヤーがまだハンドを持っていないことを示唆できます。さらに、相手のベットにコールする場合は、決してオーバーベット(相手がベットした金額を超えてベットする)しないようにしましょう。相手の残りの資金をポットに引き込むことが目的です。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

ポーカー
タイトルとURLをコピーしました