指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

ポーカー用語『Back Into』の意味

ポーカー用語『Back Into』の意味

ギャンブル初心者

「Back Into」の意味を教えてください。

ギャンブル研究家

ドローを目指していた役とは違う役になったことを表します。

ギャンブル初心者

例えば、フルハウスを狙っていてフラッシュになったときですか?

ギャンブル研究家

はい、その通りです。そのようなときに「You backed into the flush」という表現を使います。

Back Intoとは。

ポーカー用語の「バックイント」とは、最初の狙いとは異なる役ができた場合の表現です。「バックイント○○」と表現します。

例えば、7カードスタッドでAA44の役があり、フルハウスやフォーオブアカインドを狙っていたのに、最終的にフラッシュができた場合は、「バックイントザフラッシュ」と言います。

『Back Into』とは

『Back Into』とは

「Back Into」とは、ポーカー用語で、プリフロップ時に、強い役を作るために必要なカードの枚数が手札にあることを意味します。たとえば、4枚のフラッシュが入っていて、もう1枚のカードが来ればフラッシュが完成するような状態です。

7カードスタッドでの『Back Into』の例

7カードスタッドでの『Back Into』の例

7カードスタッドにおける「Back Into」

7カードスタッドでは、「Back Into」は主に情報を収集する目的で使用されます。すでに自分が十分強いハンドを持っている場合に、プレイヤーは残りのカードをコールして追加情報を集めます。これにより、自分のハンドの強さに対する確信度が高まったり、相手のブラフを見破ったりすることができます。

例えば、プレイヤーが2ペアを持っていて、残りのカードが2枚だとします。この場合、プレイヤーは次のカードをコールして、追加のペアやより強いハンドになる可能性を調べます。この場合、「Back Into」は勝率を高めるための戦略的な動きと言えるでしょう。

『Back Into』が起こる状況

『Back Into』が起こる状況

『Back Into』が起こる状況は、プレイヤーがレイズ(賭け金を最初に増やす行動)によってポットが膨らんだ状況で発生します。その際、プレイヤーがすべてのチップをベット(賭ける)しなければならない状態を指します。これは、相手プレイヤーがコール(賭け金を同額に合わせる)した場合に、自分の手札が負けている可能性が高いと判断した場合に行われます。つまり、『Back Into』は、プレイヤーがポットの膨らみに対して、敗北を認め、すべてのチップを失う覚悟をもってベットを行うことを意味しています。

『Back Into』と他の用語との違い

『Back Into』と他の用語との違い

「バックイントゥ」は、すでにポットに資金を投資しているプレイヤーが、さらにベットしてポットを追及することを意味します。これは「コール」とは異なり、追加のベットを行っている点に注意が必要です。また、「レイズ」とも異なります。レイズでは、ベット額の増額を行いますが、「バックイントゥ」はポット内の追加資金を意味します。さらに、「バックイントゥ」はアドオンとは異なります。アドオンはトーナメント中に追加でチップを購入することを指し、「バックイントゥ」はポットに対するアクションです。

『Back Into』の使い方

『Back Into』の使い方

Back Into」という言葉はポーカーの用語として使われ、自分が以前に降りたハンドのポットに戻ることを意味します。この動きは一般的に、新しい情報が得られたり、戦略が変わった場合に行われます。

通常、「Back Into」は、フロップ後に降りたアクションを復活させることを指します。例えば、プリフロップでフォールドしたプレイヤーが、フロップでナットドローが揃った場合にポットに戻ることがあります。この戦略は、ポットオッズやポジションなどの要因を考慮して慎重に行われるべきです。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

ポーカー
タイトルとURLをコピーしました