指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

ポーカーの用語『River』を徹底解説

ポーカーの用語『River』を徹底解説

ギャンブル初心者

ポーカーのRiverという言葉の意味を教えてください。

ギャンブル研究家

フロップゲームにおける、最後の1枚の共通カードのことです。

ギャンブル初心者

フロップゲーム以外のゲームでも使われるのですか?

ギャンブル研究家

はい、7カードスタッドなどの共通カードを使わないゲームでも、最後の1枚のカードを表すときに使われます。

Riverとは。

ポーカーにおける「リバー」とは、ホールデムやオマハなどのフロップゲームにおける最後のコミュニティカードのことです。別名「フィフスストリート」とも呼ばれます。ただし、「リバー」という言葉は、セブンカードスタッドなどコミュニティカードを使用しないゲームにおいても、最後の1枚のカードを表すために使われる場合があります。

Riverカードとは

Riverカードとは

Riverカードとは、ポーカーで最後の賭けラウンドであるRiverで配られる5枚目のカードです。これは、ゲームの勝敗に大きな影響を与える非常に重要なカードです。Riverカードは、前のラウンドで配られた4枚のカードと組み合わせて、プレイヤーの最終的な役の強さを決定します。したがって、プレイヤーは最後の賭けラウンドの前にRiverカードを慎重に考慮する必要があります。

Riverの由来と語源

Riverの由来と語源

Riverの由来と語源

ポーカーの用語「River」の起源については諸説ありますが、最も有力な説は、ゲームの初期段階にカードが配られる形式に由来するというものです。配られた5枚のカードに加えて、プレイヤーには追加のカードを3枚引くことができます。この3枚のカードはそれぞれ、「Flop」、「Turn」、「River」と呼ばれます。

「River」という用語がいつ、どのようにして使用され始めたのかは明確ではありませんが、一般的には、ゲームの最後に引かれるカードを「河」に例えたことに由来すると考えられています。このカードは、その時点までプレイされたカードの流れを決定づける可能性があります。まるで、河が川の流れを決定するように、この最後のカードはゲームの行方を大きく左右するのです。

フロップゲームにおけるRiverの重要性

フロップゲームにおけるRiverの重要性

フロップゲームにおけるRiverの重要性

フロップゲームにおいて、River(リバー)はゲームの展開を大きく左右する重要なストリートとなります。フロップとターンで形成されたボードが完成し、プレイヤーは最後に追加の1枚のカードが公開されることで、最終的な役の強さを判断できます。

このとき、Riverのカードがゲームの流れを大きく変えることがあります。例えば、ターンまでにストレートのドローを持っていたプレイヤーが、Riverで必要なカードを引いてストレートを完成させれば、勝利の可能性が大幅に高まります。逆に、フルハウスまで完成していたプレイヤーが、Riverで相手がフォーオブアカインドを形成するカードを引いてしまって敗北する可能性もあります。

そのため、Riverのカードが出るまでは、慎重に相手のベットやレイズの意図を分析したり、ポットオッズを計算したりして、適切なアクションを選択することが重要です。

セブンカードスタッドにおけるRiver

セブンカードスタッドにおけるRiver

セブンカードスタッドにおけるRiverは、ゲームの最終ラウンドのことです。すでにプレイヤーは各5枚のカードを公開しており、このラウンドでは最後の1枚のカードが配られます。この最後のカードは、すべてのプレイヤーの公開カードと組み合わせて、最高のハンドを作成するために使用されます。

つまり、セブンカードスタッドにおけるRiverは、ゲームの勝敗を決定する非常に重要なラウンドです。最高のハンドを作成するためには、プレイヤーは慎重に戦略を練り、各プレイヤーが保持している可能性のあるハンドを予測する必要があります。

Riverにおける戦略とプレイ

Riverにおける戦略とプレイ

Riverにおける戦略とプレイ

Riverは、ポーカーの最終ラウンドであり、第4ラウンドのターン終了後にカードが1枚追加されます。このとき、プレイヤーは手持ちのカードとボード上のカードの組み合わせを見て、ベット、コール、レイズ、フォールドなど、適切な行動を決定する必要があります。

Riverでは、以下の戦略が重要になります。

* -ハンド内の強さ-ハンド内の強さを評価し、どこまでブラフを続ける価値があるかを判断します。
* -ポットオッズ-ポットに投入する金額と、役ができる可能性を比較します。
* -相手の行動-相手のベットパターンを観察し、相手のハンド強さやブラフの可能性を推測します。
* -レンジ-相手の可能なハンドの範囲を考慮し、それに基づいた戦略を立てます。

また、Riverでは以下のプレーが有効な場合があります。

* -バリューベット-強いハンドを持っている場合、ポットを増やすためにベットします。
* -ブラフ-相手が弱いハンドを持っていると思う場合、ポットを奪うためにブラフを行います。
* -フォールド-弱いハンドを持っており、負ける可能性が高いと判断した場合、フォールドして損失を最小限に抑えます。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

ポーカー
タイトルとURLをコピーしました