指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

ポーカー用語『Draw Out』ってどういう意味?

ポーカー用語『Draw Out』ってどういう意味?

ギャンブル初心者

「Draw Out」って何ですか?

ギャンブル研究家

「Draw Out」とは、相手より弱いハンドを持っているにもかかわらず、ドロー(カードを引くこと)の結果、相手より強いハンドを完成させて勝利することです。

ギャンブル初心者

今回の文例では、バックドアフラッシュでアウトドローしたということですか?

ギャンブル研究家

そうです。この文例では、プレイヤーはオールインベットをコールした時点で弱いハンドしか持っていませんでしたが、その後カードを引いてバックドアフラッシュを完成させ、相手より強いハンドを持つに至ったのです。

Draw Outとは。

ポーカー用語「ドローアウト」とは、アウトドローで相手に勝つことを意味します。オールインを受けたとき、相手がトリップスを作っているとは気づきませんでしたが、バックドアフラッシュで幸運にもドローアウトすることができました。

『Draw Out』の意味とは?

『Draw Out』の意味とは?

「『Draw Out』の意味とは?」

Draw Out」とは、ポーカー用語で、弱いハンドでボード上のカードと組み合わせて強いハンドを作ることを指します。たとえば、プレイヤーがペアを持っていて、ボード上にストレートやフラッシュのドローカードが揃った場合、Draw Outを達成できます。この場合、プレイヤーはドローカードがめくれれば、相手の強いハンドを逆転して勝利できます。

『Draw Out』の例(バックドアフラッシュ)

『Draw Out』の例(バックドアフラッシュ)

バックドアフラッシュを使用した『Draw Out』の例では、プレイヤーは手札にフラッシュの4枚を持っている状況から始まります。残りの1枚のカードがボードに出される必要がありますが、そのカードはポットに勝つために必要なフラッシュの最後の1枚になります。

この場合、プレイヤーは自分の手札にすでに4枚のカードがあるため、『Draw Out』の確率は比較的低くなります。しかし、ボードの他のカードがフラッシュの最後の1枚を引き当てるのに役立っている場合もあります。たとえば、ボードにすでに2枚のスートのカードがあり、プレイヤーの手札に同じスートのカードが2枚ある場合、プレイヤーがフロップでフラッシュを完成させる確率は19.2パーセントに上昇します。

『Draw Out』を狙うときの注意点

『Draw Out』を狙うときの注意点

『Draw Out』を狙うときには、以下の点に注意しましょう。まず、オッズを慎重に計算することが重要です。ドローの手が完成する確率とベット額を比較して、利益が出ると見込める場合のみ『Draw Out』を狙います。また、相手のハンドレンジを考えるのも賢明です。相手のレンジを推測し、ドローが成立する可能性の高い手を特定します。さらに、ポジションを考慮することも大事です。後手のポジションにいる場合は、相手にリードを奪われる可能性が高くなるため、『Draw Out』を狙うリスクが高くなります。

『Draw Out』に頼りすぎない

『Draw Out』に頼りすぎない

「Draw Out」に頼りすぎない

「Draw Out」はポーカーで重要なテクニックですが、それに頼りすぎてはいけません。というのも、これは低確率な出来事だからです。そのため、長期的に勝つためには、しっかりとしたハンドマネジメント戦略を立てる必要があります。良いハンドをフォールドしたり、弱いハンドをコールしたりする判断は避けて、常に確率に基づいた決定を下すように心がけましょう。

『Draw Out』は上級テクニック

『Draw Out』は上級テクニック

「Draw Out」はポーカーにおいて、弱いハンドがより強いハンドに勝つことです。これはエキサイティングでやりがいのあるプレイですが、極めて難しいテクニックでもあります。そのため、「Draw Out」は上級プレイヤーが好む戦略とされています。

「Draw Out」するためには、ゲームの後半に強いハンドを引き当てる必要があります。つまり、フロップやターンで有利なハンドが得られなかった場合、リバーでそれを補う必要があります。これは非常に難しいことですが、成功すれば大きな報酬を得ることができます。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

ポーカー
タイトルとURLをコピーしました