指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

ポーカー用語『Bad Beat(バッドビート)』とは?

ポーカー用語『Bad Beat(バッドビート)』とは?

ギャンブル初心者

バッドビートの基準が知りたいです。

ギャンブル研究家

まず、負けないとバッドビートにはなりません。一般的に、以下の基準を満たしている場合を指します:

ギャンブル初心者

具体的に教えてください。

ギャンブル研究家

1. 圧倒的に有利な状況だったこと、2. フォールドしないような状況だったこと、3. 負ける状況ではなかったので後々も話し続けるような展開だったこと、などが挙げられます。

Bad Beatとは。

ポーカーで「バッドビート」と呼ばれる状況の基準は人によって異なります。ただ、明確なのは、勝敗が分かれなければバッドビートにはならないということです。

具体的な定義は難しいですが、一般的には以下の基準のいずれかが満たされている場合にバッドビートと呼びます。

1. 圧倒的に有利な状況だった
2. フォールドすべき状況ではなかった
3. 負ける状況ではなく、後々まで語られる展開だった
4. 相手のミスプレーがなければこちらが勝っていた(さらに、ミスプレーしたプレイヤーが非常にラッキーだった)
5. 結果が判明するまでは自分が負けたとは思えなかった
6. 経験豊富なプレイヤーが少なくとも2人、その負け方を「ouch(ひどい)」と表現した

例えば、ホールデムでAAを持っており、フロップがA55だったとしましょう。相手のプレイヤーが98sを持っており、フロップの5と同じスートだったとします。そして、ターンとリバーで相手がストレートフラッシュを完成した場合、これは痛みを伴うバッドビートです。さらに、55を持っているプレイヤーがいた場合、より深刻なバッドビートとなります。

多くのプレイヤー、特に初心者やたまにしか遊ばないプレイヤーは、運の悪さを物語るのが好きなので、「バッドビート」という表現は「バッドビートストーリー」という形でよく使われます。このような話を聞くことに抵抗がない人もいますが、歯医者の根管治療を8時間受けるほうがマシだと考える人もいます。特に、経験豊富なベテランプレイヤーは何度もバッドビートストーリーを聞くことに飽き飽きしています。

「バッドビートジャックポット」という言い方も一般的です。これは、特定の種類のバッドビートに対してジャックポットが支払われるものです。

圧倒的に有利な状況で負けたこと

圧倒的に有利な状況で負けたこと

ポーカー用語での「バッドビート」とは、圧倒的に有利な状況にもかかわらず負けを喫することです。ポーカーにおいて、プレイヤーは勝率を計算し、有利な状況でベットやレイズを行います。しかし、バッドビートでは、勝率が非常に高いにもかかわらず、偶然による対戦相手のカード配列により負けてしまうのです。この悔しさと理不尽さが、バッドビートという言葉に込められています。

どう考えてもフォルドするような状況ではなかったこと

どう考えてもフォルドするような状況ではなかったこと

どう考えてもフォルドするような状況ではなかったこと

バッドビートは、プレイヤーが明らかに優位に立っているにもかかわらず、運が悪く負けてしまう状況を指します。 この場合、「どう考えてもフォルドするような状況ではなかった」とは、プレイヤーがゲームの進行上、フォールドするのが理にかなわないほど強いハンドを持っていたことを意味します。

この状況は、例えばプレイヤーがナッツハンド(可能な限り最強のハンド)を持っているが、敵がフラッシュやストレートで勝利したような場合に発生します。プレイヤーのハンドが圧倒的に強かったにもかかわらず、運悪く敵のドローが成功したのです。このような状況では、プレイヤーは通常、圧倒的に有利なはずのハンドで敗北したことに非常に腹を立てたり、フラストレーションを感じたりします。

負けるような状況で、何度も話をしたくなるような展開だったこと

負けるような状況で、何度も話をしたくなるような展開だったこと

ポーカー用語の「バッドビート」とは、負けるような状況で、何度も話をしたくなるような展開だったことを指します。つまり、非常に不利な状況で、思いもよらない勝利を収めるか、逆に圧倒的に有利な状況で、不可解な敗北を喫したときに使われます。バッドビートは、ポーカーにおいて、最もエキサイティングで、記憶に残る瞬間を生み出すことができます。

相手がミスプレーしなければ勝っていたのに負けたこと

相手がミスプレーしなければ勝っていたのに負けたこと

バッドビートとは、ポーカーにおいて、相手プレイヤーがミスをしていなければ勝利できたにもかかわらず、相手のミスによって敗北してしまうことです。これは、特に運に左右されやすいポーカーで、起こりやすい現象です。プレイヤーは、自身のハンドが強いにもかかわらず、相手のブラフやアンラッキーなドローによって負ける場合があるのです。このような状況では、プレイヤーは自分の判断に非がなく、単に運が悪かったというフラストレーションを覚えることが多いです。

結果が分かるまで、負けたとは信じられないような展開だったこと

結果が分かるまで、負けたとは信じられないような展開だったこと

ポーカーの用語「バッドビート」は、勝利を確信したプレーヤーが、それまで優勢だったにもかかわらず、最後には予期せぬ形で敗北してしまうことを指します。この現象は、結果が分かるまで、負けたとは信じられないような展開によって特徴付けられます。

プレーヤーは、強いハンドを持ち、圧倒的に有利な状況にあると信じてベットし続けます。しかし、ゲームの終盤で、相手のプレイヤーが予想外のターンやリバーカードを引き当て、それまで優位だった状況が一気に覆されてしまいます。プレーヤーは、自分が敗北したという事実をすぐに受け入れられず、信じられない思いにとらわれてしまうのです。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

ポーカー
タイトルとURLをコピーしました