指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競馬用語解説:カンカン泣き

競馬用語解説:カンカン泣き

ギャンブル初心者

先生、’カンカン泣き’ってどういう意味ですか?

ギャンブル研究家

‘カンカン泣き’は競馬の用語で、馬が重い荷物に耐えられず苦しむ様子を表すんだよ。

ギャンブル初心者

重い荷物って、具体的にはどれくらい重いんですか?

ギャンブル研究家

馬の大きさや能力によって異なるけど、一般的には馬の体重に対するプラス5キロから10キロ程度の負担重量になると、’カンカン泣き’する馬がいるんだ。

カンカン泣きとは。

競馬用語の「カンカン泣き」とは、馬が過度な負担重量に耐え切れず苦しんでいる状態のことです。負担重量に敏感で、それを嫌がる馬のことを「○○はカンカン泣きする」と表現します。

カンカン泣きとは?

カンカン泣きとは?

カンカン泣きとは、競馬用語のひとつで、レース中に激しく鞭を振るうことを指します。騎手が馬を激励するために騎乗用ムチを激しさと頻度を上げて連続して叩くことが特徴です。この行為は、馬に大きな痛みと苦痛を与え、ときに馬の負傷や精神的トラウマを引き起こす可能性があります。そのため、過度のカンカン泣きは競馬界で批判が強く、近年では禁止または規制する方向に向かっています。

カンカン泣きする馬の特徴

カンカン泣きする馬の特徴

カンカン泣きする馬の特徴は、主に騎手が強く鞭を打った際に、馬が激しい鳴き声を上げることを指します。この鳴き声は「カンカン」と表現される乾いた咳のような音で、馬が極度の痛みや苦痛を感じていることを示しています。

カンカン泣きをする馬は、通常の場合、鞭打ちや他の強い刺激に対して敏感に反応しやすい傾向があります。また、ストレスや不安を感じやすい気質で、レースや調教の際に過剰反応することがあります。さらに、肉体的または精神的な問題を抱えている可能性もあり、それによって痛みに対する耐性が低下していると考えられます。

カンカン泣きと斤量の関係

カンカン泣きと斤量の関係

カンカン泣きと斤量の関係とは、馬が過剰な斤量を背負っている状態を指します。斤量とは、騎手と馬具を含めた馬の負担重量です。過剰な斤量になると、馬はより多くのエネルギーを消費し、パフォーマンスが低下する可能性があります。

具体的には、一般的に馬の理想的な斤量は、その馬の体重の50~60%と考えられています。しかし、レースではさまざまな要因によって斤量が調整されます。たとえば、競走馬の過去の成績や、レースの距離やコース条件などが影響します。

過剰な斤量を背負った馬は、スタートダッシュが遅くなったり、終盤に失速したりすることがあります。また、筋肉痛や怪我のリスクも高まります。そのため、斤量は馬の能力やコース条件に合わせて適切に設定することが重要です。

カンカン泣きの影響

カンカン泣きの影響

カンカン泣きの影響

カンカン泣きは、レース中に馬が極度の疲労や苦痛を訴えている状態です。この状態では、馬のパフォーマンスに重大な影響が出ます。

疲労が蓄積すると、通常は馬のスピードが低下し、競争力が低下します。また、協調性の低下や障害物を避ける能力の低下も見られます。さらに、極度の疲労では、馬が失速したり、突然停止したりする可能性があります。

苦痛を抱えている場合、馬は痛みを示す可能性があります。頭を持ち上げたり、尻尾を上げたり、耳を傾けたりするなどの動作が見られます。また、障害物を避けない、またはハードルを飛べないなどの行動も示すことがあります。苦痛は馬にとって非常に苦痛であり、レースを続けることは困難または不可能になる場合があります。

カンカン泣きの対策

カンカン泣きの対策

カンカン泣きとは、競馬用語で馬が激しく泣いたり叫んだりする状態を指します。この問題に対処するためには、いくつかの対策があります。まず、馬のストレスの原因を特定することが重要です。馬は、輸送、見知らぬ環境、他の馬との接触などによるストレスでカンカン泣きすることがあります。ストレス要因に対処するには、馬を落ち着かせてリラックスさせる方法を見つける必要があります。たとえば、馬に音楽を聴かせたり、馬房で過ごす時間を増やしたりなどが効果的な場合があります。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競馬
タイトルとURLをコピーしました