指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競走馬の運動器病とは?原因と対策

競走馬の運動器病とは?原因と対策

ギャンブル初心者

運動器病について教えてください。

ギャンブル研究家

運動器病とは、競走馬に発生する骨、腱、関節、蹄、筋肉などの病気を総称したものです。競走馬は細身の四肢で重い体重を支え、高速で走るため、肢にかかる負担が非常に大きくなります。そのため、運動器病の発生率は他の病気と比べて高く、競走馬全体の病気の約55%を占めています。

ギャンブル初心者

運動器病を発症した場合はどうすればいいですか?

ギャンブル研究家

運動器病を発症した場合は、軽症のうちであれば休養や治療によって完治させることができます。無理をしてしまうと、病状が悪化するだけではなく、他の運動器病を併発する可能性があります。

運動器病とは。

競馬において「運動器疾患」とは、運動に必須な骨、腱、関節、蹄、筋肉などの病気を総称します。競走馬は体重が400~500kgにもかかわらず手足が細く、また、過酷なスピードが求められるため、手足にかかる負担は非常に大きくなります。そのため、運動器疾患の発生率は他の病気と比べて高く、競走馬の病気全体の約55%を占めます。運動器疾患を発症した場合は、軽いうちに休養と治療を行い、完治させることが重要です。無理をすると、病状が悪化するだけでなく、他の運動器疾患を併発する可能性があります。

運動器病の概要

運動器病の概要

競走馬の運動器病とは、運動器系に発症する病気や障害のことです。運動器系とは、骨、筋肉、関節、腱、靭帯などの身体を支え、動かす器官群を指します。競走馬は激しい運動を行うため、こうした器官に負担がかかりやすく、運動器病を発症するリスクが高くなります。

運動器病が起こる原因

運動器病が起こる原因

運動器病とは、競走馬の運動器系(骨、筋肉、腱、靭帯など)に発生する疾患の総称です。運動器病が起こる原因は、以下のように多岐にわたります。

* 過度の運動 нагрузка激しいトレーニングやレースが、運動器系に過度の負荷をかけ、損傷や炎症を引き起こす可能性があります。
* トレーニングの不適切さトレーニングの量や強度が馬の能力や体格に合っていない場合、運動器系に負担がかかり、問題が生じる可能性があります。
* 栄養不足カルシウムやリンなどの必須栄養素が不足すると、骨や靭帯が弱くなり、運動器病のリスクが増加します。
* 蹄葉炎などの蹄の疾患蹄葉炎は、蹄組織の炎症であり、運動時に痛みや跛行を引き起こし、運動器系全体に悪影響を及ぼすことがあります。
* 遺伝的要因一部の運動器病は、馬の遺伝子に由来し、親から子に受け継がれることがあります。

運動器病の主な症状

運動器病の主な症状

-運動器病の主な症状-

競走馬の運動器病は、筋肉、骨、腱、関節に影響する一連の病気です。これらの病気が引き起こす症状は、病変部位や重症度によって異なります。主な症状を以下に示します。

* -運動時の跛行-跛行は、運動器病の最も一般的な症状で、片側の足に重心をかけることを避けたり、跛く歩行をしたりすることを指します。
* -腫脹-患部が腫れると、痛みが発生し、跛行につながる可能性があります。
* -過敏性-患部を触ると、痛みや不快感を示す場合があります。
* -筋萎縮-運動器病が長引くと、患部の筋肉が萎縮することがあります。
* -動きが硬くなる-関節が硬くなると、馬の動きが制限され、跛行につながる可能性があります。
* -スタミナの低下-運動器病は、馬のパフォーマンスに影響を与える可能性があり、スタミナの低下やスピードの低下につながる場合があります。

運動器病の予防と対策

運動器病の予防と対策

「運動器病の予防と対策」

運動器病の発生を予防するには、日頃の管理とケアが不可欠です。適切な調教と運動により筋肉や靭帯を強化することで、怪我のリスクを低減できます。また、蹄鉄の定期的な確認と調整は、肢のバランスを整えて蹄の変形を防ぐのに役立ちます。

さらに、適切な栄養管理も重要です。カルシウムやリンなどのミネラル、ビタミンDは骨や筋肉の健康維持に欠かせません。また、定期的な獣医師による検診を受けることで、初期段階の運動器病を発見し、早期治療を開始できます。

さらに、環境を整えることも予防に役立ちます。柔らかい地面や芝生のある放牧地は、肢への負担を軽減します。また、滑りやすい床や急な坂道は、怪我の発生につながる可能性があるため、避けるべきです。

運動器病を発症したときの対応

運動器病を発症したときの対応

-運動器病を発症したときの対応-

競走馬が運動器病を発症した場合は、すぐに適切な処置を講じることが重要です。まず、馬を安静にし、痛みを和らげる必要があります。痛み止めの投与や湿布の適用、冷湿布なども有効です。

次に、獣医師による診察を受け、病状の診断と適切な治療の決定を仰ぎます。治療方法は、運動器病の種類や重症度によって異なりますが、投薬、装具療法、外科手術などが含まれます。

治療後は、馬の安静とリハビリテーションが必要です。安静期間は獣医師の指示に従いますが、一般的には数日から数週間になります。リハビリテーションには、運動療法や水泳などが含まれ、段階的に負荷を増やしながら馬の運動機能を回復させます。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競馬
タイトルとURLをコピーしました