指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競馬用語「下乗り」とは?

競馬用語「下乗り」とは?

ギャンブル初心者

先生、『下乗り』ってなんですか?

ギャンブル研究家

競馬の用語で、まだ経験の浅い騎手のことを指すよ。

ギャンブル初心者

経験が浅いなら、どうして免許をもらっているんですか?

ギャンブル研究家

免許は取得しているけど、実戦経験が少ないので、下乗りと呼ばれているんだ。

下乗りとは。

競馬用語の「下乗り」とは、騎手になるための修業中の人を指します。免許を取得済みですが、実戦経験が浅く、技術がまだ未熟な騎手を指して使われます。

下乗りとは何か

下乗りとは何か

競馬用語としての「下乗り」とは、正式には「追い乗り」といい、競走馬に初めて騎乗する際に、レースの速さを馬に認識させるために騎手が行う調教を指します。これにより、馬は自分の限界を把握し、レース中に自分の全力を出し切れるようになります

下乗りの免許取得条件と期間

下乗りの免許取得条件と期間

下乗りの免許取得条件と期間

下乗りを目指すには、特定の条件を満たす必要があります。まず、20歳以上であること、騎乗経験が2年以上あること身体検査と適性検査に合格することが求められます。さらに、成績優秀者のみが免許を取得できます。免許を取得した下乗りは、3年間の免許期間が設定されており、期間終了後には更新が必要です。

下乗りの役割

下乗りの役割

下乗りの役割は、レース前に馬と騎手を一体化させ、馬の状態を把握することです。下乗りは、馬に慣れさせ、口向かいのないよう調教し、レース中に急に加速したり方向転換したりする際の騎手の指示を覚えさせます。また、馬の調子や気性も観察し、レース当日に騎手に伝えます。下乗りは、馬と騎手の間の重要な橋渡し役であり、レースにおける成功に不可欠な役割を担っているのです。

下乗りから騎手への昇級条件

下乗りから騎手への昇級条件

下乗りから騎手への昇級条件は厳格に定められています。まず、一定期間の下乗り経験を積む必要があります。その期間は、日本中央競馬会(JRA)では3年以上、地方競馬の場合は2年以上です。また、特定の試験に合格する必要があります。この試験には、乗馬実技競馬に関する知識体力検査などがあります。すべての試験に合格すると、見習騎手免許が交付され、さらに一定期間の騎乗経験を経て、正式な騎手免許を取得することができます。下乗りから騎手への道のりは険しいですが、努力と忍耐を重ねることで、夢を叶えることができます。

有名な下乗り出身の騎手

有名な下乗り出身の騎手

競馬用語「下乗り」とは?

競馬において、「下乗り」とは、騎手がデビューする前の、師匠の下で技術を学ぶ段階を指します。この段階では、馬の基礎的な手入れや調教、レースでの乗り方などを段階的に習得していきます。

有名な下乗り出身の騎手

下乗り出身でありながら、後に名を馳せた騎手は数多くいます。例えば、武豊騎手や福永祐一騎手、横山典弘騎手などが有名です。彼らは、下乗り時代から頭角を現し、厳しい指導の下で着実に実力を伸ばしていきました。

また、下乗り出身の騎手は、馬に対する深い理解力とケアに優れている傾向にあります。これは、馬と直接接する機会が多く、馬の生態や特徴を肌で感じながら学んでいるためです。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競馬
タイトルとURLをコピーしました