指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競輪の用語「赤板」とその関連事項

競輪の用語「赤板」とその関連事項

ギャンブル初心者

赤板とは何ですか?

ギャンブル研究家

競輪で、残り2周を示す看板のことです。

ギャンブル初心者

青板と何が違うんですか?

ギャンブル研究家

青板は残り3周を示しますが、赤板は残り2周を示します。どちらもレースの周回数を知らせるための看板です。

赤板とは。

競輪で使われる「赤板」とは、レースの残り周回数が2周になったことを示す掲示板のことです。

400メートルのバンクで行われる一般的なレースでは、5周で競われます。周回数が3周になると、掲示板の表示色が白から青に変わり、これを「青板」と呼びます。さらに、残り2周になると掲示板の色が赤に変わり、「赤板」と呼ばれます。

先頭の選手が1周半の通過点を過ぎると、半鐘が鳴らされます。レース距離は種目によって異なり、基本は2,000メートルですが、1,500メートルから3,000メートルまで設定されています。

競輪のバンクは、周回の長さによって3種類に分けられます。一般的なのは400メートルバンクで、ほかには333.3メートルバンク(前橋競輪場のみ335メートルバンク)と500メートルバンクがあります。

「赤板」とは?

「赤板」とは?

赤板とは、競輪における独特な用語で、審判が車券の発売開始を知らせる合図のことを指します。この合図は、走路の周縁部にある赤色の板を掲示することで行われ、選手は赤板が出た時点で、レースに集中し始めます。つまり、赤板は、レースの開始を告げる重要な合図であり、選手のパフォーマンスに大きな影響を与えます。

「青板」との違い

「青板」との違い

競輪の「青板」は、「赤板」の約3周前(333m地点)を指す用語です。競輪選手はスピードを上げるタイミングを計るために、この青板を目印にして駆け引きを行います。

「青板」と「赤板」の違いは、まず「位置」にあります。青板は赤板よりも外側に設定されており、赤板が最終2周前にラインを確定させるための合図であるのに対し、青板は選手が早めに位置取りを行い、レースの主導権を握るための合図として使われます。

さらに、青板を踏む選手の役割も異なります。赤板を踏む選手はラインの後ろに位置して集団を押し上げる役割を担いますが、青板を踏む選手はラインの先頭に立って風を切る役割を担います。

先頭の選手が残り1周半通過時に鳴る合図

先頭の選手が残り1周半通過時に鳴る合図

競輪では、「赤板」と呼ばれる合図が重要な役割を果たします。赤板は、レース開始から残り1周半が経過した際に鳴らされる合図です。この合図が鳴ると、先頭集団にいる選手が激しく自分のポジションを争い始め、レースの展開を左右する重要な局面となります。

競輪のレース距離

競輪のレース距離

競輪のレース距離の設定は、開催されるバンクの特徴や選手の能力に合わせて決定されます。一般的に、競輪場には400mと500mの2種類のバンクがあり、レース距離はそれぞれ400mと500mで実施されます。400mバンクのレースでは、スタートラインがバックストレートに位置し、ゴールラインがホームストレッチに設定されます。一方、500mバンクのレースでは、スタートラインがカーブの手前に位置し、ゴールラインがホームストレッチに設定されています。

競輪場の滑走路の種類

競輪場の滑走路の種類

競輪場の滑走路の種類

競輪場には、競技が実施される走路の構成が異なる2種類が存在します。一つは「バンク」と呼ばれる傾斜のあるオーバル型の走路で、もう一つは「フラット」と呼ばれる平らな直線走路です。

-バンク-

バンクは、円形のトラックの周りに傾斜をつけて構築されており、選手は傾斜を利用して遠心力を発生させ、高速で走行することができます。バンクの傾斜角度は通常18~35度で、急な傾斜ほど高速で走ることができます。バンクは、競輪のメインレースとして使用され、スリリングで迫力のあるレースが展開されます。

-フラット-

フラットは、直線的な走路で、傾斜はありません。主に練習や試走に使用され、選手がペーシングや技術を向上させるために使用されます。フラットはバンクよりも走行抵抗が少なく、選手はより高いスピードを維持することができます。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競輪
タイトルとURLをコピーしました