指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

ポーカー用語「Drop」の意味

ポーカー用語「Drop」の意味

ギャンブル初心者

ポーカーの用語『Drop』の意味はなんですか?

ギャンブル研究家

フォールドを意味します。

ギャンブル初心者

他にも意味があるんですか?

ギャンブル研究家

ハウスの手数料分の金額を表すこともあります。rakeとも呼ばれます。

Dropとは。

ポーカーの「ドロップ」とは、手札を捨てる「フォールド」と同じ意味です。また、ある金額を失う場合にも「ドロップ〜」と表現することがあります(といっても、ポーカーでは実際に床にチップを落とすわけではありませんが)。

名詞形の「ドロップ」は、カジノが徴収する手数料(レーキ)を表すこともあります。

「ターンで再びベットをしたら、さらに3人がフォールドした」
「10分間で600ドルも失ったよ。オマハは向いていないようだ」
「あそこでは絶対にプレイしない。毎ポットの15%も手数料を取られるんだ」

ドロップがフォールドを意味する理由

ドロップがフォールドを意味する理由

ドロップがフォールドを意味する理由は、ポーカーにおけるドロップのもう1つの重要な側面です。ドロップは、手札を棄ててゲームから降りることを意味します。これは、プレーヤーが自分のハンドに自信がなく、追加のチップを投入したり、ポットの獲得を試みたりする価値がないと判断した場合に行います。このため、ドロップはフォールドと同じ意味で使用され、ゲームから降りることと同義語となっています。

ドロップが金額負けを表現する例

ドロップが金額負けを表現する例

ポーカー用語「ドロップ」には、金額負けを表現する意味がいくつかあります。その1つは、プレイヤーがハンドをフォールドし、ポットの争奪から降りることを指します。この場合、「ドロップ」はプレイヤーがポットを獲得する可能性を放棄することを意味します。たとえば、プレイヤーがハンドをフォールドしてポットを降りると、「彼はドロップした」と表現できます。

ハウス手数料を表すドロップ

ハウス手数料を表すドロップ

ハウス手数料を表すドロップポーカーにおいて、「ドロップ」はホールカードを公開せず、ゲームから降りることを意味します。しかし、ハウス手数料を表すドロップという別の意味もあります。

ハウス手数料ドロップとは、ポーカーの各ポットからハウスが徴収する手数料のことです。この手数料は、ポーカーゲームを運営するための費用、賞金の設定、従業員の給与などに充てられます。ハウス手数料は通常、ポットの一定の割合で計算されます。例えば、5%のハウス手数料が設定されている場合、100円のポットから5円のハウス手数料が徴収されます。

ドロップが頻繁に行われるテーブルの危険性

ドロップが頻繁に行われるテーブルの危険性

-ドロップが頻繁に行われるテーブルの危険性-

ドロップが頻繁に行われるテーブルは、他のプレイヤーがフォールドする可能性が高く、大幅に失うリスクがあるため、危険です。これは、ポットに十分なエクイティのないハンドでコールするプレイヤーが多いためです。

このタイプのプレイヤーは、自分のハンドが弱いことを認識していますが、他のプレイヤーがフォールドすることを期待して、コールします。しかし、相手のプレイヤーがコールして、あなたのハンドが負ける可能性があります。この場合、大幅な損失を被る可能性があります。

さらに、ドロップが頻繁なテーブルではブラフが効果的でない場合があります。他のプレイヤーが頻繁にフォールドするため、ブラフを仕掛ける価値がありません。そのため、実力のあるプレイヤーにとってはプレイが難しい環境になります。

オマハで痛い目にあった体験談

オマハで痛い目にあった体験談

オマハポーカーの体験に関する一段落を作成します。

オマハで痛い目にあった体験談を振り返ってみると、ある特定の手が思い浮かびます。私はエース-エース-クイーン-ジャックのスーツ違いを持っていました。フロップではエース ともう1つのエースが落ち、私はセットを組んで大いに興奮しました。しかし、私はあまりにも現金に執着しすぎてしまい、自分が思っていたよりも多くポットにコミットしてしまいました。最終的にはドローに敗れ、スタックの大部分を失ってしまいました。この経験から、ポーカーでは利己的にならないことの重要性と、たとえいいハンドを持っていても、必要に応じて降りることを学びました。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

ポーカー
タイトルとURLをコピーしました