指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

騎手

競馬

競馬の用語「進上金」について

競馬における進上金とは、主催者によって出走馬の馬主に対して支払われる賞金のうち、上位入賞馬に与えられる賞金を指します。進上金には、着順に応じた定額の賞金や、出走馬の負担重量や馬主の組合所加盟状況によって異なる変動賞金などが含まれます。進上金は、出走馬の活躍を奨励し、競馬の健全な発展に寄与することを目的としています。
競馬

騎坐とは?競馬用語を解説

-騎坐とは何か- 騎坐(きざ)とは、競馬用語で、騎手が騎乗時にレース後半に馬の鞍から落馬する失態を指します。通常、騎手が鐙(あぶみ)を外さずに鞍から前方に放り出されて、馬の首にぶら下がった状態になります。騎坐の原因には、馬とのバランスの悪さ、激しく揺れる馬の上でバランスを崩すこと、騎手が疲労していることなどが挙げられます。騎坐は騎手にとっても馬にとっても危険であり、重傷につながる可能性があります。そのため、騎手は十分な練習と準備を行い、騎坐を防ぐように努めています。
競馬

知っておきたい競馬用語:調整ルーム

調整ルームとは、競走馬がレースに向けて仕上げの調整を行う場所で、レースの前日に馬が滞在するスペースのことです。この部屋では、獣医師や調教師が馬の健康状態の最終確認や、レースに向けての最終的なケアを行います。馬房が設けられ、馬がリラックスして過ごすことができるようになっています。レースの前日には、馬に適した飼料が与えられ、入念な調教が受けられます。調整ルームは、馬がレースに向けて万全のコンディションで臨むことができる重要な場所となっています。
競馬

競馬用語「騎手」の変遷と養成システム

戦前の騎手養成は、主に二つの方法で行われていた。一つは、馬喰や馬子など馬に関わる職業の人々が、子どもの頃から馬に親しみ、自然に騎手の素養を身につける方法である。この方式では、長年馬と親しむことで、馬の特性や扱いを十分に理解することができた。もう一つは、成績優秀な少年が競馬学校で騎乗術・調教技術・馬の知識などを学ぶ方法である。競馬学校は、帝国競馬協会が1924年に開設したものだが、当時は騎手不足を解消するための制度であった。
競馬

地方競馬とは?その歴史と開催形態を徹底解説

地方競馬の歴史は古く、平安時代初期にはすでに競馬が行われていたとされています。その後、江戸時代には庶民の間で騎馬による競走が盛んに行われるようになり、地方各地で「流鏑馬(やぶさめ)」などの祭礼として競馬が開催されていました。明治時代になると西洋から競馬が導入され、近代的な地方競馬の開催が始まりました。1930年(昭和5年)には地方競馬法が制定され、地方自治体による競馬の開催が認められました。その後、1954年(昭和29年)に日本中央競馬会(JRA)が設立され、地方競馬と中央競馬が分業体制を築きました。
競馬

競馬用語「手がわり」とは?

競馬用語の「手がわり」とは、馬の調子や状態の変化を表す言葉です。具体的には、馬の走法、気性、食欲、健康状態など、馬の全体的な様子が通常とは異なることを指します。たとえば、普段よりも走りがぎこちなくなったり、気性が荒くなったり、食欲が落ちたりする場合に、「手がわっている」と表現します。
競馬

ウマの世界の隠語「テキ」とは?

-テキの語源と由来- ウマの世界で用いられる隠語「テキ」の起源と由来は諸説あります。有力な説の一つは、古くは馬に「停気」という漢字が当てられていたことに由来するというものです。この「停気」が転じて「テキ」と呼ばれるようになったと考えられています。 別の説では、馬が小便をする時に「テー」という音を出すことが由来だと言われています。これが転じて「テキ」となったというものです。また、馬の体毛が「テカっている」様子を表す言葉が語源になったという説もあります。 これらの説以外にも、馬の走っている音が「テキテキ」と聞こえることから、「テキ」と呼ばれるようになったという説もあります。どの説が正しいかは定かではありませんが、いずれもウマの生態や特徴に関連していることから、由来が納得できるものと言えます。
競馬

競馬の用語『屋根』とは?

競馬の用語「屋根」とは、馬券を買う際の決まり事を指します。馬券の種類ごとに異なるルールがあり、的中する条件が定められています。例えば、単勝馬券では選んだ馬が1着にならなければ的中せず、複勝馬券では選んだ馬が1着~3着以内に入れば的中します。また、馬連馬券では選んだ2頭の馬が1着、2着に入る必要があるなど、さまざまな種類があります。
競馬

競馬の勝負服:鮮やかなカラーと歴史

競馬の勝負服は、単なる装飾ではありません。それには重要な意味があり、長年の歴史があります。 勝負服の役割は、騎手を視認しやすくし、各馬を他の馬と区別することです。また、馬主や調教師のアイデンティティを表し、チーム精神を醸成します。さらに、勝負服は安全面でも役立ちます。鮮やかな色は、騎手や馬が群衆の中で迷子になったり、衝突したりするのを防ぎます。 勝負服の起源は、18世紀初頭の英国にまで遡ります。当時は、騎手が馬の毛色に合わせて服を着ており、混乱を招いていました。この問題を解決するために、レースを主催する運営団体が、各参加者に独自の勝負服を割り当てることを義務付けました。この慣習は急速に広まり、現在では世界中の競馬で採用されています。
競馬

競馬のヘルメット:落馬時の頭部保護装備

競馬のヘルメットは、落馬による頭部の重大な損傷から騎手を守る重要な保護具です。馬術の競技では、落下や接触などの事故が多く発生し、騎手の安全確保が不可欠です。そのため、適切なヘルメットを着用することは、騎手の命を守り、重篤な後遺症を予防するために不可欠です。
競馬

競馬サークルとは?その意味と構成員

競馬サークルとは、ギャンブルの一種である競馬に参加する人々が集まるコミュニティのことです。そのメンバーは、馬主、調教師、騎手、厩務員、そしてもちろん馬が含まれます。競馬場で出会った競馬ファン同士が、馬やレースについて意見を交換したり、予想を立てたり、賭けをしたりして、絆を深めています。
競馬

競馬用語『馬銜』:馬の口に装着する道具

馬銜の構造と役割 馬銜は、馬の口に装着する道具で、主に騎手による制御に使われます。その構造は一般的に、馬の口の中に置く銜鉄と、銜鉄を頭部に固定するための頬革から成ります。銜鉄は、馬の歯茎に優しい柔らかい素材または硬い金属で作られ、その形は平らなものから輪っか状のものまで様々です。頬革は、銜鉄を馬の頬骨に取り付ける革製のバンドで、長さを調整することで銜鉄の位置と角度を調節できます。
競馬

競馬の用語『口向き』とは?重要性と調教方法

競馬における「口向き」とは、馬がどのように頭と口を制御しているかを表します。これは、馬の乗り心地、パフォーマンス、調教の容易さに大きく影響します。馬が柔らかく柔軟な口向きをしていれば、より快適に騎乗でき、ライダーの指示に機敏に応答します。一方、硬い口向きや反抗的な口向きの馬は、制御が難しくなり、トレーニングにも時間がかかります。
競馬

運営審議会とは?競馬界を支える組織

-運営審議会の役割と機能- 運営審議会は、競馬の運営に関する重要事項を審議し、助言を行う組織です。この使命を果たすために、以下の役割を担っています。 * 競馬開催のスケジュールやレース体系の検討 * 調教師や騎手の免許・資格に関する基準の設定・見直し * 競馬場の施設や設備の改善に関する提言 * 競馬における不正行為や処分に関する調査・審議 * 競馬産業の振興と発展に関する企画・立案 運営審議会は、競馬界の健全な発展とファン保護のために、重要な機能を果たしています。
競馬

競馬用語『仕掛ける』とは?意味と使い方

競馬用語『仕掛ける』とは?意味と使い方 その中でも特に重要なのが、「『仕掛ける』の意味」です。この言葉は、騎手が馬にむちを入れて加速させること、つまり「促す」という意味で使われます。つまり、騎手が馬に「仕掛ける」ことで、馬はそのスピードを上げて走ります。
競馬

競馬の用語『戒告』とは?

戒告とは、競馬において、騎手に与えられるペナルティの一つです。騎手がレース中に禁止行為を行った場合に適用され、騎乗停止などの処分が下されます。禁止行為には、鞭の使用に関する違反、意図的な妨害、馬の健康を損なう騎乗などが含まれます。戒告は、騎手の安全確保と、公正なレース運営を目的として設けられています。騎手が戒告を受けると、その違反行為が記録され、累積するとさらに重い処分となる場合があります。
競馬

競馬の用語『検量』とその重要性

検量の目的と種類 競馬における検量は、騎手の体重を測定することにより公平性を保つための重要なプロセスです。騎手と馬の組み合わせによる重量差が、レースの結果に影響を与えないようにするために行われます。検量には、以下の2種類があります。 1. -計量- レース前に、騎手が馬装した状態で体重を測定します。この測定値を基準体重として記録します。 2. -騎乗体重- レース後に、騎手が鞍を外した状態で体重を測定します。この測定値は、計量時の基準体重から減算され、実際の騎乗重量が算出されます。
競馬

競馬の駆け引き「息を入れる」の重要性

「競馬の駆け引き「息を入れる」の重要性」 「息を入れるとは何か?」 競馬において「息を入れる」とは、レース中に馬に休息を与える技術のことです。騎手は、急なペースを緩めたり、後続の馬を前に出したりすることで、馬に体力を回復させます。この技術は、特に長距離レースで重要で、馬が後半に余力を残して最後の直線に向かうことができるよう助けます。息を入れることで、馬はペースを上げたり、他の馬に追いついたりすることができます。また、息を入れることで馬の呼吸が安定し、ペースを保つのに役立つため、怪我の防止にもつながります。
競馬

競馬用語「調騎分離」とは?

「調騎分離」とは、競走馬の調教師と騎手が異なる人物であることを指します。従来、調教師は騎手も兼ねていましたが、1995年に分業を目的として施行された制度です。この制度により、調教師は馬の育成や健康管理に専念でき、騎手は騎乗技術の向上に集中することができます。調騎分離により、競馬の専門化が進み、競走馬の能力を最大限に引き出す体制が整備されました。
競馬

競馬用語『免許』

競馬において「免許」とは、騎手が騎乗するために必要な資格のことです。騎手候補生は、地方競馬教養センターや日本中央競馬会競馬学校で一定期間のトレーニングを受け、試験に合格すると免許を取得できます。免許には、障害競走の騎乗が許可される「障害騎手免許」と、平地競走のみの騎乗が許可される「平地騎手免許」の2種類があります。また、騎手の年齢に応じて、18歳以上で取得できる「新人騎手免許」と、50歳以上の騎手が取得できる「短期騎手免許」があります。免許を取得した騎手は、開催ごとに発走申請をして出場することができます。
競馬

中央競馬とは?用語の意味を徹底解説

中央競馬は、日本における競馬の最高峰のレースとして位置づけられています。国が主催する日本中央競馬会(JRA)が管理・運営しており、全国各地に競馬場を有しています。中央競馬の最高峰レースは「GI競走」と呼ばれ、その中でも「ダービー」や「天皇賞」、「有馬記念」などが特に有名です。中央競馬は、高額の賞金や豪華な施設を備え、国内外のトップクラスの騎手や競走馬が集う一大イベントとなっています。
競馬

競馬用語『手馬』の秘密

競馬の世界には、初心者を戸惑わせる独特な用語が数多くあります。その中でもよく耳にするのが「手馬」という言葉です。手馬とは、騎手が自身の責任で管理し、レースに出走させる馬のことです。騎手は調教師から手馬を任され、調教や維持管理を行います。手馬は騎手の腕次第で成績が左右されるため、騎手にとって非常に重要な存在です。
競馬

競馬のゴーグル:騎手の視界を守る重要なアイテム

-ゴーグルの役割と種類- 競馬のゴーグルは、騎手の視界を保護するための重要な装備です。ホースレースの激しさの中で、塵や泥、破片が飛んできて騎手の目を傷つける危険性があります。ゴーグルはこれらの危険から目を守るための必須アイテムです。 ゴーグルにはさまざまな種類があり、それぞれ独自の利点があります。一般的なタイプとしては、次のものがあります。 * -オープンゴーグル-レンズの下部にフレームがなく、より広い視野を確保できます。 * -クローズドゴーグル-レンズを完全に囲むフレームがあり、より優れた保護を提供します。 * -平らなレンズゴーグル-歪みの少ない視野を実現します。 * -湾曲レンズゴーグル-視野の歪みを最小限に抑え、より広い視野を提供します。 ゴーグルの素材も騎手のニーズに合わせてさまざまです。アクリルレンズは耐久性に優れ、ポリカーボネートレンズは軽量で衝撃に強いです。また、ゴーグルには、曇り防止機能や紫外線保護などの追加機能を備えたものもあります。