指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競馬場外発売所の愛称『WINS』の由来

競馬場外発売所の愛称『WINS』の由来

ギャンブル初心者

場外勝馬投票券発売所を親しみやすくするための愛称はなんですか?

ギャンブル研究家

WINSです。

ギャンブル初心者

WINSはどのような意味から名付けられたのですか?

ギャンブル研究家

WINingSpotとWeekendINSpotの2つの意味を組み合わせて、呼びやすく、覚えやすい名をと命名されました。

WINSとは。

競馬の用語である「WINS」とは、1987年から呼ばれている愛称のことです。従来の場外勝馬投票券発売所を、より親しみやすくするために名付けられました。

「WINS」という名前は、「WINning Spot(勝利の場所)」と「WEEkend IN Spot(週末の場所)」という2つの意味から取られています。この愛称は、呼びやすく記憶に残るように工夫されています。

例:「WINS錦糸町」は、場外勝馬投票券発売所を指します。

『WINS』とは?

『WINS』とは?

『WINS』とは?

競馬場外発売所の愛称として親しまれている『WINS』は、場外発売制度が施行された1966年に制定されました。この制度は、競馬場に行かなくても限定された施設で競馬の馬券を購入できるようにするもので、利便性の向上を図る目的で創設されました。

『WINS』という名称は、競馬場外発売所を表す「Waging Information Network System」の頭文字を取ったものです。この頭文字は、馬券の購入やレース情報の提供を行う、競馬場と発売所を結ぶネットワークシステムを表しています。

場外発売所は、当初「競馬場外発売所」という名称で呼ばれていましたが、1985年には「ウインズ」という愛称が正式に制定されました。この愛称は、競馬の勝利(WIN)を連想させるポジティブなイメージが込められており、広く浸透して親しまれています。

『WINS』の由来

『WINS』の由来

競馬場外発売所の愛称「WINS」は、1966年の競馬法改正によって、競馬場以外でも馬券の発売を許可された歴史からきています。それまで競馬場での馬券発売は「場内発売」と呼ばれていましたが、場外発売では別の呼称が必要となりました。

そこで当時の日本中央競馬会(現・日本中央競馬会)が検討した結果、「WINNER’S」(勝者の)という英語の頭文字から「WINS」という愛称が誕生したのです。つまり、場外発売所で馬券を購入する人たちは、皆「勝者」として扱われ、「WINNER’S」の精神で果敢に馬券を購入していたということになります。この愛称は、現在でも全国の競馬場外発売所で親しまれています。

『WINS』の特徴

『WINS』の特徴

WINSの特徴

WINSは、競馬場外発売所としての独特の特徴を備えています。まず、レースのリアルタイム中継が提供されているため、競馬場の臨場感を自宅や職場から味わえます。さらに、大画面表示が設置されており、レースの展開をより見やすくしています。また、WINSでは、専門のスタッフによる馬券購入サポートが提供されており、初心者でも安心して購入できます。

『WINS』の今後

『WINS』の今後

「WINS」の今後

現在、全国に開設されているWINSは、時代の変化やニーズに応じて進化を続けています。2019年には、キャッシュレス化の促進を目的に、全店舗でクレジットカードや電子マネーによる購入に対応しました。また、レース映像の配信や投票券のオンライン購入など、利便性を向上させるサービスも導入されています。

さらに、近年ではWINSの活用方法も多様化しています。競馬観戦の場として利用されるだけでなく、地域住民が集うコミュニティスペースや、テレワークや会議の場としても活用されています。今後もWINSは、競馬ファンのニーズや社会情勢の変化に合わせて、進化を続けるでしょう。

『WINS』と競馬場の違い

『WINS』と競馬場の違い

競馬場外発売所の愛称「WINS」と競馬場の違いについてご紹介します。競馬場外発売所は、競馬場とは別に設置された施設で、人が集まって競馬の馬券を購入したり、レース中継を観戦したりする場所です。一方、競馬場は実際の競馬が行われる施設であり、馬が走ったり、騎手が乗ったりする場所です。

競馬場外発売所は主に都市部や地方都市にあり、競馬場が遠い場所でも馬券を購入して競馬を楽しむことができます。また、競馬場外発売所の中には、飲食店やショップなどの施設が充実しているところもあり、レース観戦だけでなく、レクリエーションとしても楽しむことができます。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競馬
タイトルとURLをコピーしました