指数の使い方間違ってません?

コンピ指数の「アレ」に注目すると激走する穴馬がわかるの知ってました?

詳しく見る

競艇の枠主張とは?

競艇の枠主張とは?

ギャンブル初心者

先生、「枠主張」って何ですか?

ギャンブル研究家

「枠主張」というのは、競艇で待機行動を取る時に、自分の枠番通りのコースを守り続けることを言います。

ギャンブル初心者

つまり、例えば1枠だったら1コースで走って、他の艇が前に出ないようにするってことですか?

ギャンブル研究家

その通りです。そうすることで、有利なコース位置を確保し、レース展開を有利に進めることができます。

枠主張とは。

競艇における「枠主張」とは、スタート前に他の艇の前付けを許さず、1枠なら1コース、2枠なら2コースといった具合に、自分の枠番通りのコースを守る戦術のことです。

枠主張の意味と目的

枠主張の意味と目的

-枠主張の意味と目的-

競艇の「枠主張」とは、複数の選手が同じ枠から出走する場合にあらかじめスタート位置やレース展開について取り決めることを指します。この取り決めは、レースを安全に実施するためだけでなく、各選手が公平な競争環境を得ることにも役立ちます。

主な目的として、スタート時の艇間隔の確保と、レース中の競合の回避があります。枠主張を行うことで、選手たちはスタート時に危険な接触が起きないようにし、またレース中はそれぞれが自分のラインを確保して競争することができます。これにより、フェアで安全な競艇が実現されます。

枠主張のメリットとデメリット

枠主張のメリットとデメリット

-枠主張のメリットとデメリット-

枠主張とは、競艇において枠番やコースに関する予想や作戦を指します。枠主張には、メリットとデメリットがあります。

-メリット-
* -的中率の向上- 枠番やコースを考慮することで、的中率を向上させることができます。内枠有利なレースでは、内枠の選手が上位に入賞する確率が高くなります。
* -配当の向上- 枠番を絞って狙うことで、高配当が期待できます。人気のない枠番や選手が勝利した場合、高い配当が得られます。
* -競走の分析- 枠主張を行うことで、競走の展開や選手の動きを分析できます。これにより、より精度の高い予想が可能になります。

-デメリット-
* -的中率の低下- 枠番を絞りすぎると、的中率が低下する可能性があります。舟券には1着から6着まで順位を当てる必要がありますが、枠番を絞ると順位を当てることが難しくなります。
* -配当の下落- 枠番を絞った場合、人気を集めて配当が下がる可能性があります。人気枠番や選手が勝利した場合、配当は低くなります。
* -情報による制約- 枠主張を行うには、枠番やコースに関する情報が必要です。しかし、これらの情報は提供されないため、予想の accuracyが制限される場合があります。

枠主張をするタイミングと判断基準

枠主張をするタイミングと判断基準

競艇の枠主張をするタイミングでは、主にスタート直後の動きによって判断します。例えば、インコースの選手が好スタートを切った場合は、そのまま枠主張を続ける場合があります。逆に、出遅れたり競艇場の壁にぶつけられたりした場合は、枠主張を諦めて外側に膨らむことがあります。

枠主張の判断基準としては、まず自分の艇速と他の選手の艇速を比較します。自分の艇速の方が優れていると確信があれば、枠主張を続けることができます。また、スタート時の周囲の状況も重要です。インコースを固めてくる選手が多い場合は、枠主張を諦めた方が無難です。逆に、周りとの距離に余裕があれば、枠主張を強硬に続けることができます。

枠主張を破られたときの対処法

枠主張を破られたときの対処法

-枠主張を破られたときの対処法-

競艇レースでは、枠主張と呼ばれる作戦で、強豪選手が有利な内側枠を確保することが多々あります。しかし、他の選手が巧妙にインコースを奪うことも珍しくありません。枠主張が破られた場合、選手は次のような対処法を講じることが考えられます。

まず、艇を一気に外側に展開してコース取りを変更することがあります。これにより、他の選手との接触を避け、レースラインを確保することができます。また、番手から追い抜きを図ることも可能です。先頭選手のスリップストリームを利用して加速し、インコースを奪還するという作戦です。

さらに、後続の選手と連携して、インコースを複数艇で封鎖する作戦もあります。これは、他の選手との共闘が必要ですが、成功すればインコースを独占し、レースを有利に進めることができます。ただし、過度の妨害行為にならないよう注意する必要があります。

枠主張が破られたときは、冷静かつ柔軟に対応することが重要です。適切な対処法を選択することで、不利な状況を覆し、レースを制することができる可能性があります。

枠主張の成功例と失敗例

枠主張の成功例と失敗例

枠主張、つまり同じレース内の複数の艇が連携して走る戦略は、竞艇における重要な戦術の一つです。この戦略には、成功と失敗の両方の例があります。

成功例としては、2022年のSG「グランプリシリーズ」での出来事が挙げられます。このレースでは、5号艇の峰竜太と3号艇の菊地孝平が枠主張を仕掛けました。2艇はスタートから連携して他艇を寄せ付けず、見事1着と2着を独占しました。

一方、失敗例としては、2023年のSG「ボートレースクラシック」での出来事が挙げられます。このレースでは、3号艇の茅原悠紀と6号艇の井口佳典が枠主張を仕掛けました。しかし、スタートでうまく連携が取れず、他の艇に攻め込まれてしまい、結果的に両艇とも入着できませんでした。

 


【注意】裏ワザにつき、競馬に勝ちたい人以外は読まないでください

ほとんどの追い上げ方式は購入金額が指数関数的に増えてしまうので勝てません。購入金額の増加が緩やかであるモンテカルロ方式が競馬で最も有効です。

しかし、モンテカルロ法のデメリットとして「一度の的中では損失を回収できない可能性がある」ことから、高い的中率で当てる必要があります。

つまり『「どのように買うか?」の戦略としてのモンテカルロ方式』とは別に『「何を買うか?」の戦略』が別に必要になるということです。この2つを組み合わせることで最強の必勝馬券法が誕生するということです

「どのように買うか?」の戦略としての「モンテカルロ方式」

モンテカルロ理論は上述のとおり、計算が少しめんどうなところがあります。手動で計算するのは大変ですので、モンテカルロ方式の馬券購入額計算をしてくれるソフトを活用することを推奨いたします。

「何を買うか?」の戦略としての「的中率70%競馬ソフト」

モンテカルロ方式を有効に運用するには高い的中率を誇る馬券法が必須です。株式会社エターナルが提供する安定の的中率70% 競馬ソフトを使用することが推奨されます。

ソフトの購入費用という初期コストはかかりますが、長く運用すれば容易に回収できる価格帯なのではないかと思います。

原資が足りない or ちまちま稼ぐのは性に合わない場合は?

しかし、上述の戦略は手堅い馬券術と地道な継続が必要になるため、「競馬がつまらない」「大穴高配当を狙うスリルが無い」というのは事実です。競馬で手堅くお小遣いを稼いでも競馬をつまらなく感じてしまう方はいるでしょう。

また、少額資金で投資競馬をやっても、たいして利益が出ないので、最初の手持ち資金が少ない方は大穴高配当を狙った方が良い場合もあります。まずは原資を作ってから手堅い投資競馬を始めるということですね。

プラチナム★ダークホースであれば、的中率は高くありませんが穴馬激走時の配当が凄まじいので、度肝を抜かす穴馬券の快感を得つつ、投資競馬の原資を作るチャンスも得ることが出来ます。

ただし、大穴高配当の馬券戦略を取る場合は、モンテカルロ方式などの追い上げ資金配分戦術は取らずに、毎回同じ金額で馬券を買うようにしましょう。

 

競艇
タイトルとURLをコピーしました